2019/4/11

マイ・ブックショップ  その他の映画・ドラマ・舞台

この映画を好きな人はざっくり2種類あると思う。

本好きな人。

イギリス好きな人。

(両方って場合もありましょう)

私は二つ目の方にピタリと収まって、私の大好きなイギリスの詰め合わせのようでした。

クリックすると元のサイズで表示します

というか、日常のちょっと昔のいいもの、と思うようなものは1950年代後半のものだったのか?!と知りました。

この本屋さんの看板のような緑色のペンキ。

本屋さんのグレーがかった焦げ茶色で幅の広い床板。

本屋さんの中の鉄製の丸い柱。

手書きの本棚の表記カード。

クリックすると元のサイズで表示します

この少女クリスティーンの衣装ぜーんぶ!
手編みのザクザクしたカーディガン。
素朴な花柄やチェックのドレス。
糸の太いレース編みのタイツ。
紐靴。

この子のワードローブはヴィンテージ屋とかアンティークマーケットでよく見る匂いがして、「実際に着るとこうなるのかあ!」と膝を打ちました!

クリックすると元のサイズで表示します

ところでこの子、「シャーロック」の最終章に出てきた飛行機で電話してた女の子なんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

主人公フローレンスの本屋は町の有力夫人の反対にあいさんざんな目に会うのですが、その彼女と心が通じて味方になる孤独な老人にビル・ナイ。

どうも彼が演じるというだけでその人が一癖も二癖もあるような気がしてしまう。

よく言えば人物像に深みが出てますが、見てる私はいらないところまで深読みしてしまってよくない。

その彼が気に入った新しい作家のブラッドベリの本を再現した、シネスイッチ銀座の手作りディスプレイ。すごくその精神がこの映画そのもの。

クリックすると元のサイズで表示します

ものだけでなく、この映画の会話が、見事に遠回しに遠回しに意地悪を言ったり、断ったり、人間関係の微妙な距離、上下、愛情を表現していて泣けてきます。

冒頭には女声の語りがあり「この人は一体誰・・・・?」と頭をかすめながらもいったん忘れてしまうんですが、ラスト近くにそれを思い出す仕組みにも泣かされます。

そう、宝物の詰まった重たい箱を開けて中身を見る楽しみだけでなく、不条理にやるせない想いにさせられ、最後には密かな達成感までついている、いい映画でした!

そうそう、エンドクレジットでロケが北アイルランドだとわかりました。どうりでイングランドにしては荒涼とした海辺だなあと・・・
2



2019/4/13  17:57

投稿者:しましま

hedgehogさん

>>まさに私!

私の頭の中にもhedgehogさんが浮かんでいました^^

>>「シャーロック」の女の子

実は私もこの子があまりにも可愛くて他の出演作を探したら出てきたんです。きっと2年くらい時差があるような?子供はすぐに変わる子もいますね。

>>ディスプレイを見逃すなんて

まだ上映中なので銀座にお出かけの際にはお立ち寄りくださいませ。
シネスイッチ銀座って良くも悪くもアナログなところが好きです。

2019/4/12  20:48

投稿者:hedgehog

しましまさん

>(両方って場合もありましょう)

はいはいはい、それは私、まさに私! 私の好きなものをてんこ盛りにしたような映画でございました。

>この子、「シャーロック」の最終章に出てきた飛行機で電話してた女の子なんですね。

なななんと、全然気付きませんでした!

>シネスイッチ銀座の手作りディスプレイ。すごくその精神がこの映画そのもの。

シネスイッチ銀座、すごい! 私は恵比寿ガーデンシネマで観たので、そんなことになっていたとは露知らず……こんなディスプレイを見逃すなんて、ちょっと残念だなあ。

http://ameblo.jp/hedgehog42/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ