2019/4/5

ニュージーランド  ニュージーランド

クリックすると元のサイズで表示します

娘がニュージーランドに引っ越して1週間が過ぎた。

飛行機に乗せる前もバタバタだったが、引っ越したら心に穴が開いてぼーっとするんだろうか???という予想は外れて相変わらずバタバタしています。

ニュージーランドって、オーストラリアの子分みたいに隣にくっついてる国、

というイメージがありませんか?

ところが地図で改めて見ると、意外に離れていて、オーストラリアにはむしろパフア・ニューギニアなどポリネシア諸国の方が接近しており、

つまり、ニュージーランドは世界中のどこからも遠いのです。

しかも、日本の真南というイメージすら私は抱いていたのですが、

どうしてどうしてかなり東寄り。

ですので時間も日本より4時間も早く、新年が主要国で1番早く明ける国、というのも納得なのです。

さてそのような遠いところになぜ娘が高校半ばにして転校するかというと、

夫側の親戚、知人が多く、国籍も取れるから、という理由です。

夫の母は北アイルランド生まれで、10歳の時に親に連れられニュージーランドに船で渡りました。

そのせいでニュージーランドで生まれた私の夫は、ニュージーランドと共にイギリス、アイルランドの国籍を持っています。そしてそれがその子にも有効なのです。

私の娘はイギリスで生まれ5歳まではイギリス国籍で向こうに暮らしていましたが、日本に引っ越すのを機に、日本のパスポートを作り入国しました。

どこの国でも一番暮らしやすいのはその国の国籍です。

娘はニュージーランドで高校に入るにはその学区に住んでいれば良いだけ(のバズ)です。

ちょうど今日は学校へ祖父母とその友人と見学に行ってきて、入学のための面接は改めて来週することになっています。それで入学が決まれば一安心。

しかしうちの義理両親は、1年の半分をイタリアで過ごすので今月末には孫娘を置いて飛行機に乗って行ってしまいます。

そこで義母の親友の出番で、娘は祖父母の家の近所の、友人の家にホームステイさせてもらいます。その家には私もかつて娘と泊まったこともあり、家族ぐるみのおつきあいで、1年前にイタリアに行った時にもちょうどそのご夫婦も来ていたのでわざわざフィレンツェまで挨拶に行ったこともあります。

ニュージーランドのオークランドには母の兄2人も住んでいて、その子供達=つまり夫の従兄弟も住んでいるというのに、他人の方がお互いよく知っているというのも不思議な話ですが。

とにかく入学が決まればかなり安心です。

万が一ダメでもあとはおばあちゃんとその友人に任せちゃえ、

という私もかなりテキトーな母親だという自覚はあります。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ