2019/3/19

Benjamin 感想少し  コリン・モーガン

ネタバレなしでいきますよ〜

イギリスで劇場公開が15日に始まった「Benjamin」。

同時に密林やiTunesなどの配信も始まりました。もはや「配信サイトが映画を作る」ことの逆もさもありなんの時代を感じます。

とはいえ密林などは支払いにイギリス国内発行のカードしか受け付けないので、iTunesの英国カードを買って見るか・・・と思っていたら、

日本のクレカでも支払えるサイトがありました!ビックリした勢いでレンタルしました・・・CHILI

よくわかりませんが、登録ページ電話番号には日本の国番号も選べるようになっているので世界中どこからでもアクセス可なのかと思いきや、IPアドレスを英国にしておくのが確実のようです。つまり例のサービスを使用の上、登録するのです。

予定外にレンタルできましたが、英語字幕は出ません。

レンタル期間は見だしたら48時間ですので、とりあえずザザっと2回見ました。セリフが全部理解できればもっとおもしろいのでしょうけれど、できなくても

・・・可愛かったです!!!!!

恋が恋しい。そしてロンドンもとっても恋しい。

かわいいキャラや素敵なロンドンもそうですが、いつも目に飛び込んでくるのは食生活。

仕事でテンション極まったベンジャミン、他人事とは思えない。
これはバナナにピーナツバターか?はちみつか?

クリックすると元のサイズで表示します

アイスとオレオを買ってきて、

クリックすると元のサイズで表示します

すごい食べ物作ってました・・・

追い詰められると、クレイジーなものが食べたくなるのわかります。

クリックすると元のサイズで表示します

ロンドンの街が、夜の街がすっごい懐かしくて。。。
オシャレなホクストン、喧騒のソーホー。

クリックすると元のサイズで表示します

コリンの表情が素晴らしい映画です。

クリックすると元のサイズで表示します

この角度がお気に入りです。

クリックすると元のサイズで表示します

アップももちろん多いですが、まあコリンの顔を、腕の血管を、体毛を、肩の骨を、かわいい仕草を眺めて楽しむだけでもこの映画の価値はあります。これすなわち監督の視線ですよね?きっと監督がカメラマンに指示出してるよね?

ノア=フェニックスくんの歌もいいです。ちょっと90年代ブリットポップにフレンチポップのスパイスがかかったような。

そしていつもイギリス映画/ドラマを見てて好きなのは、マイノリティーを当然の存在として描くこと。

「マイノリティーとは」「マイノリティーの苦悩」みたいなアメリカや日本の映画/ドラマに見られがちなマジョリティーへの理解の指針みたいなものはすっ飛ばして、普通にロマコメの主役がゲイでした、ってところです。
1



2019/3/21  22:03

投稿者:しましま

枝龍さん

よかったよかったよかったですね〜〜〜!!
ハリーくん、予告では全然イケメンと思えなかったけど、スーツ決まってましたね。
実はかっこよかった(こに身ではない)それで発言もこの子笑えるっっw

>>ナヨっとしたキャラのベンジャミンの乙女なしぐさも絶妙

はいはい!ナチュラルでしたよねー全然セクシーじゃないナヨナヨで。
乙女族という枠でしょうか。表情と仕草大賞!
童顔なノアの方がセクシーなんですよね。
でもそういう微妙な差はあるけれど、こういう似たカップルが私にはとても新鮮です!

実は私も3回(途中で飛ばしたところもあるけど)見ました。
また円盤が出たら買えばいいのにwww

>>アイスとオレオのコラボ

あれ、適量なら美味しいと思うんですけど、おっきいカップほぼ2つ開けてましたので
量の問題で吐いてたとおもいます^^;





2019/3/21  13:51

投稿者:枝龍

しましまさん
観ました!観れました〜〜〜〜〜
コリン可愛い可愛い可愛い〜〜〜〜〜♡♡♡
可愛いって言葉以上に可愛いを表す言葉が欲しい〜〜〜〜

コリンと絡むノアくん、ハリーくんも可愛かったけど、やっぱりコリンが断トツかわいいっ!
コリンはどんな角度で撮っても可愛いけど、それにしてもいい感じで撮ってくれてますね!
そして、ナヨっとしたキャラのベンジャミンの乙女なしぐさも絶妙で!

舞台のロケーションもいいですよね〜。
ぜひロケ地巡りしたいです。

ノアくんの歌、この作品の書下ろしなんですよね。
ノアくんの声が好きですね〜。
挿入歌では、ハンソンの「Weird」という曲をこの作品で初めて聴いて、気に入りました。

案の定リピが止まらず、制限時間まで目いっぱいリピり倒します(笑)。
そう、アイスとオレオのコラボスウィーツ、見るからにマズそうでしたが、後で吐いてましたね(笑)。

http://tsulongchatime.blog10.fc2.com/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ