2019/3/9

Benjamin トレイラー"geek"  コリン・モーガン




予告編の、自動字幕が間違っているとは思ったけど、自分の予測も間違っていて、実は

with geekだったことが監督のツイにて判明してました。

ベンジャミンの「君の好きなタイプって?」という質問に

ノア君が「結局はいつも君みたいなギークなんだ」

と答えたのですね!

監督のツイを見て喜びのあまり唸っちゃいました。

ニャルホロニャルホロ!

geek とは、日本語訳では「オタク」となるのですが、

nerd がモヤシ君みたいに挙動不審なオタクを意味するのに対し、

geek はITなどの専門知識に天才的に長けているが、いわゆるオシャレではなく運動能力などは疑わしく、社交性が無い。

うむ、これでもまだちょっと違いがわかりにくい。

でも得意分野の業界で成功するのは geek 。

nerdは社交自体が苦手なのに対し、geekは同じ興味を持つgeekとは
ガッツリ仲良くなり話がはずむ、とUrban Dictionaryにありました。

社会性に乏しくメインストリームの人気者では無いけれど、
オタク界で人気があり人も成功を認めるのはgeekなのですね!

ふんふん、ベンジャミンはGEEK♫
1



2019/3/10  22:10

投稿者:しましま

枝龍さん

ですよねー、そう言われて見返しても素直にgeekって聞こえない。
ノア君のフランス語アクセントの成果とも思っても、
それは結果的な理由でまあやっぱり現代映画はリアリティ追求で
はっきりとはセリフ喋らないから辛!

>>ベンジャミンみたいな魅力的すぎるオタクは現実世界にはいない

ええ、やっぱり例えばサイモン監督なんて下手するとナードにも見えて・・・
でも仕事で成功してるから彼もギークなんですけどね。

コリンって普通の人間役ってあまりやらないけど、
ギークもある意味天才で人間離れしていて

私の好みは?って誰も聞いてくれないけど、
私もノア君と同じでギーク好みなのかもしれないと気づきました!!

2019/3/10  17:49

投稿者:枝龍

しましまさん
私もこれを見て、改めてそのセリフの部分を何度も聞き直してみましたが、「with geek」と言っていると分かって聞いてもやっぱり聞き取りづらい!
あ〜〜〜〜〜、英語、ヒアリング、難しい…!

ギークとナードの違い、日本語だとどっちも「オタク」ですむので簡単ですね(笑)。
でも、ベンジャミンみたいな魅力的すぎるオタクは現実世界にはいないと思います〜

その後、小出しにベンジャミンのYoutubeが増えているのはご存知ですか?
https://youtu.be/2_OaYVL7hPo
とか
https://youtu.be/O5akxBrCglA
とか
もう〜〜〜コリンがいちいち可愛いくて、リピが止まりません〜!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ