2019/1/17

The Worldship Humility  コリン・モーガン

義理の両親が来ててすっかり忘れていたニール・ゲイマンの北欧神話もまだよく聞けたないのに(後10日間のうちにもう1度聞かなくては)、

枝龍さんのブログでまた別のオーディオブックがコリン・モーガンのナレーションで発売されることを教えてもらいました!コリン、働き者さん!!!

クリックすると元のサイズで表示します

これはアマゾン系列のオーディオブック屋さんであるaudibleで発売になるので、アマゾンのアカウントがあれば購入できます。初めての方はお試しで無料購入も可能です。ただしお試しというのは月々いくら、という申し込みをするので1ヶ月無料でその後はお金がかかります。

さて、内容は、SFで隕石に破壊された地球を逃げて生存している人類のお話です。予告編のような動画を見ると、その生存者のための教育ビデオの形をとっていて、コリンが中の人として親切なロボットのようなやけに愛想のいいナレーションが聞けます。それがアメリカン・アクセントなので、私にはゲームのナビゲーターのように聞こえるんですよ。または子供番組に出てくるお兄さん。「おかあさんといっしょ」に出てるコリン似合いそう・・・

動画では、現在の宇宙と地球の歴史、そして生存者は新たなる故郷を見つけるのが目標だと伝えています。この作品は3部作の1作目なので2と3も出るんですね。コリンかな、それとも別の俳優さんでしょうか。

これは1/31発売なので、よかった後しばらくはまず「北欧神話」だ。。。

著者のツイート;中の動画でコリンお兄さんと宇宙の旅!!




0



2021/6/15  10:08

投稿者:しましま

えむさん

>>そもそもstick figureの意味

私の脳内では、スティック状の物体からホログラムが登場するイメージでした。想像力乏しい〜〜

>>ビーキーちゃん

全然覚えてなくてElfor表紙を見に行ったらアマゾンでは表紙の写真が
あるべきスペースに「警告 アダルト商品」という文字が?!
ストロー刺さったコップちゃん?
いただいた話題に乗っかってすみませんが、私はあの「鼠」の文字が
ずっと気になって仕方ありませんでした。。。

2021/6/15  8:32

投稿者:えむ

しましまさん

> 謎のバレリーナ
私はそもそもstick figureの意味が分からなくて、サムが作った立体キャラクター的なものか?くらいでイメージが全くわきませんでした…

ところが「実物」のビーキーちゃんいました!The Elfor Drop の表紙の右上、この子が舞ってた♪

2021/6/14  13:41

投稿者:しましま

みなさん

枝龍さん、ご安心ください、私なんか本も持ってません。
ちゃんと理解しようという意思はどこかで失くしました。

colin's grandmaさん

>>難関はその他のナレーションの部分

はい、文語はいきなりハードルが上がります。知らない単語いっぱい。
おかげでスレインはしんどかったです。

Worldshipは典型的なディストピアスペースSifiなイメージを抱きましたが、
Elforはアジア文化が出てくるあたり21世紀でもぐっと最新の世界情勢を
感じるかと思ったら、謎のバレリーナの出現はもはやここにしかない世界、
と舞台は変われど人間的なドラマは昔と変わらず宇宙に出ても
人間は人間、ってあたりで昭和を感じました。

3部作ラストも楽しみとはいえ、やはり抜けがたくさんあるので
もう1回Elfor行って来ないと新境地には行けないかも。。。^^;
でも今Worldshipエピ16あたりなんですけど。


2021/6/14  11:03

投稿者:colin's grandma

みなさん

ありがとうございます。
少しだけ皆さんに追いついた気がします。

>ちゃんと本を読んで
私の場合、乏しい集中力と英語力を補うために本とメモは必須と覚悟しました。

>Elforでは、最後のほうにサムの長い独白シーンが
最後の方?おぉ、ニンジンが!ぜひとも頑張らねば。

>All My Sonsがわりと聞き取れた
英語・米語に限らず会話の部分はどちらかというとわかりやすくないですか?
やっぱり難関はその他のナレーションの部分ですよね。
特に緊迫した格闘シーンなどでは早口になる場合が多くて。

>サムの苗字、なんとかスキーで
サムのキャラに似合わない硬い苗字ですよね「ガブリンスキー」なんて。
ウラジオストクという船もありましたよね?そこに親戚がいたりして?

では私もこれから「Elfor」に進みますか…

2021/6/13  20:17

投稿者:枝龍

Folks!(しましまさん、皆さん)

どのキャラも全員コリンなのが、改めてスゴイですよね〜
そして、皆さんちゃんと本を読んで聴いているのが素晴らしいっ
私は聴くだけで、本読みがちっとも進んでません(汗)

しましまさん>
ジェニー(私のお気に入りキャラです)のアクセントは、アメリカ英語で間違いないかと。
私の耳にはそう聞こえます。
Elforではジェニーの出番が少なくて残念ですが、その代わりに新たなお気に入りキャラ、チーチーが出てきたので良しとします(笑)

colin's grandmaさん>
Elforでは、最後のほうにサムの長い独白シーンがあって、切ないシーンなのですが、サムはコリンの素のアクセントだからか、切ないけどその喋りがすごく可愛いんですよ。

第3弾が待ち遠しいですが、その前にElforをもっと聴き込んでおかないと〜

2021/6/13  18:09

投稿者:しましま

えむさん みなさん

>>全員コリン

こうして改めて見る贅沢キャストよ!

>>All My Sonsがわりと聞き取れたのは米語だったから

私にはつらかったです!日本語原作➡劇場➡英語原作
という順で、最後に英語脚本見たらこんな簡単な単語が並んでいるのに
聞き取れなかった!!とショックでした。でも英語読んでから
また劇見たらだんだんわかるようになって、リスインでした。

>>半年のリスニングの成果は?まだ見えません。

ドラマや映画が聞き取れるというのは英語学習の中でも1番高みにある
ゴールだと誰かに聞いてから、聞き取れなくても仕方ないと思う様になりました。

Elforではニューチャイナに行きチャンウーにスポットが当たりましたが
つぎはまたサムとヤスミンどこかに行くのでしょうかね。サムの苗字、
なんとかスキーでロシアか東欧系なのでそっち?

2021/6/13  14:08

投稿者:えむ

みなさん

colin’s grandma さん
Code Series 第一弾完走おめでとうございます!
どんどんキャラクター達を好きになって、たまに全員コリンなのを忘れそうになりますからすごいですよね。

しましまさん
今Elfor の聴き直し中ですが、ストーリーを知っているのに思ったほど聞き取れなくてしょんぼりです•••
All My Sonsがわりと聞き取れたのは米語だったからでした。。結局この半年のリスニングの成果は?まだ見えません。

ともあれ第二段は激動の展開とコミカルなやり取りの泣き笑い。無理そうな展開でもグイッと引っ張る筆力を感じます。
第3弾が待ち遠しいです。


2021/6/13  8:12

投稿者:しましま

colin's grandmaさん

>>ちゃんとメモを取りながら読み聴き

パチパチパチ!!!素晴らしい!
最近、仕事が暇な割にその時間を活かして何かしようと思っていたのに
ダラダラと過ごして落ち込んでいたので積極的な鑑賞が私にも必要です。
タイムリーな教えです、ありがとうございました。

ヤスミン、最近聞き直した時にやっと彼女の生い立ちが聞こえて
彼女のたくましさを理解しました。

ジェニーも可愛いキャラですよね!コリンも思い入れがあるのか
個性的なキャラにしていて。ジェニーのアクセントはなんなんだろう?

サムのボケキャラは、マーリンを思い出させます!
ブロンドのマーリン、ふふふ。
あ、今ふと頭に浮かびましたが「All My Sons」のクリスも近い!

Elforでまた展開がありますのでお楽しみに🎶

2021/6/12  22:51

投稿者:colin's grandma

しましまさん

ちゃんとメモを取りながら読み聴きする、と仕切り直したのが先月24日。
1日1章を目標にしていましたが時間が約30分〜10分というばらつきがあるので
途中から30分分を読み聴きして理解する、に切り替えて本日制覇しました。
(すみません。30分分……変ですがわかりますよね?)

あ〜長かった…

けど面白かった!

向こうっ気が強くてすぐに誰にでも突っかかっていくけど
必至でサムを守ろうとするヤズミンがいじらしくて。
あとはジェイニーがsuicide booth に駆け込んだときの顛末ですね。
ここは通過するたびに涙涙…でした。

サムのとぼけっぷりも可愛かった。
ヤズミンのお陰でとんでもないことに巻き込まれているのに
その状況を楽しんでいて
彼女が勝手に「私のboyfriend」と言うたびに「BFって言ったよ」と喜んだり
ちょっと腕を組んだりしたぐらいでヤズミンが僕の腕を…みたいに
いちいち喜んだりする姿が可愛かった。

泣いたり笑ったりハラハラしたりしながら英語と戦いました。楽しい戦いでした。

さて…「The Elfor 〜」はこれよりも5時間半も長いのね…
コリンのロキの声を先に確かめますか…

2021/3/2  8:20

投稿者:しましま

colin's grandmaさん

では速度とは関係なく、読了されることに価値があるということで。

最近時間ができると「何か見ておかなくてはいけないものなかったかな?」と思います。動画(ドラマなど)に追われる日常はちょっと嫌なので
私も本を読んでおちつこうと思います。(汗)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ