2018/7/27

POLDARK 0407  POLDARK

とってもわかりやすいradio timesの凝縮エピ動画がありました

 
シリーズ4もエピソード7で佳境を迎え、主要キャラがロンドンにどっと移動して繰り広げられたコーンウォールの泥沼感とも。

初めての大都会ロンドンで新婚旅行のようにラブラブだったデメルザ&ロス、前のエピでカロラインにもくっついて来てたアドリーがデメルザを口説きにまとわりついてきたことで大変なことに・・・!

デメルザとしては、ロンドンの流儀がわからないので、流れに任せた受け身の態度になったのが災いなのはロスにも明らかではないのか・・・

考えてみると、ずっと上流社会にいてロンドンと地方を往復する暮らしをしていたカロラインや、ロンドンの社交界に実家の知り合いもいるエリザベスと比べたらデメルザは労働者階級出身ってことで二重によそ者なわけです。地方のサラリーマン家庭出身の私が東京の山の手グループの中に放り込まれたようなものです、粗相がないよう振る舞うだけで精一杯です。

ロスはデメルザを責めてはいないけど、アドリーの蛮行に感情的になって決闘まで受けるとは〜〜〜〜

主役だからシリーズ途中で死なないのはわかってたけど、親友のアドバイスも聞かずに。あの時代はすでに決闘は違法になっていたんですね、まあロスにとって法は従うものではないでしょうけど、自分の名誉のために死んだら妻子はどうなるのとか考えないのがヒーローなのかなあ。この展開は納得いかないなあ。

結果はアドリーが死にロスは腕にケガ。

血が熱いポルダークとはいえ、ひよっこのジェフリー・チャールズにまで「不良ポルダークは僕1人じゃなかったね!」と笑われる始末ですよ。

そのひよっこポルダークの無邪気な「なんで気づかなかったのかなあ!ヴァレンタインってロスおじさんに生き写しじゃない?!」に凍りつくジョージとエリザベス夫妻・・・いよいよ来たか。ついにジョージのエリザベスへの不貞疑惑は確信へと。

そしてエニス先生もロンドンはもう十分とカロラインを残してコーンウォールに帰帰ります・・・どうして?今あのふたりは別れない方がいいと思うのに。彼にとってはデメルザみたいにロンドン限界ってことはないと思ってたのに。

デメルザも、今、ジョージがロスを陥れようとしてる時に(いつもだけど)ロスを残して帰っちゃいます。置き手紙に書かれた「あなたの家に、あなたの子供たちのところに、あなたの銅鉱に帰ります」って文章が「あなたの場所はコーンウォールです」って言ってますね。

もう一組気の毒なのはモワナちゃんとドレイク。なんとモワナちゃんは、あの変態牧師のせいで「人に触れられない病」=立派な心の病にかかっているではないですか、あの時代に精神病に理解があったとは思えないし、一応いい家の牧師だったから、虐待があったとモワナちゃんが訴えるところもなく・・・なんて気の毒な結婚をしてしまったの?!でもドレイクに説明できてよかったです。なんとか新しい治療に詳しいエニス先生のお力で治してもらえることを祈ります。

来週はシリーズ4最終回、エリザベスのお産もあるようで、いったい誰がどう転がるのかさっぱりわからない展開となってきました。


7/28追記
BBCサイトのエピ8のクリップを見たら、エリザベスが早産を画策して偽名でお医者を尋ねるシーンでした。1、2ヶ月も早く産みたい理由って、ジョージと子供を作ろうとした時期からの計算としか思えない、だけどエリザベスって最近浮気してた覚えがないんですが・・・?!やっぱりまたロスとあったのですか、例の教会で?!私は何か大事なところを見逃したのでしょうか・・・(汗)
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ