2016/1/27

魔術師マーリン  コリン・モーガン

クリックすると元のサイズで表示します

GYAO!が無料で配信してくれている「魔術師マーリン」にすっかり癒されています。
マーリンはドラゴン使いでもあるのでドラゴンが出るのも嬉しい。
1月31日までシリーズ4が全話公開されています!
この勢いですと最終シリーズ5もスグかと思われますよ。

マーリンとはアーサー王に仕えたという魔法使い。
イギリス文化をうろうろしているとアーサーもマーリンも名前をよく目にします。
キャビン・プレッシャー0103でも「湖の乙女で有名な女優」というのが登場してました。
その女優に名前を聞かれて答えたアーサーの可笑しさも「湖の乙女」がアーサー王の話だと知らないとわかりませんよねえ。
しかしアーサー王伝説って伝説だけあって諸説あり、どこから手を付けていいのかわからないので、これには触れるまい!と決めておりました。

去年の8月に見た映画「キングスマン」のスパイのコードネームがアーサー王伝説の登場人物からとられていたと気づき、ああ、ここにまで・・・といよいよ原典も知りたいなあという気持ちがわき起こる一方で、どこから手を付けていいのかはわからないまま。

その後、BBCラジオが9月にThe Sword of the Kingという題で、ベン・ウィショーがアーサー王の少年時代を演じましたので、渡りに船とばかり、前半の少年アーサーのみ聞きました。やた!今となっては後半も頑張ればよかった・・・

そしてたしか同じころにGYAO!で「マーリン」の無料配信が始まったのでした。
シリーズ1と2は吹替えだったので、キャビン・プレッシャーでハークを演じたアンソニー・ヘッドがアーサーの父ウーサーを演じているというのにハークの声が聞けないという悲しいスタートでした。
が、3からはめでたしめでたし字幕になりました。(3以降は日本初放送なので吹替えがない。ラッキー!)

竜が出る以外に何がおもしろいかと言いますと、ストーリーがわかりやすい。BBCってNHK/Eテレの子供向け番組みたいなのでよく歴史の教育のため小芝居ドラマもやってるんですが、それが本格的ドラマになったような。チャンネルも子供向けのCBBCでも放送していたようです。

子供向けなので、アーサー(ブラッドリー・ジェイムズ)もマーリン(コリン・モーガン)もティーネイジャーでかわいい。マーリンはアーサーが王子時代に召使いとして仕え始めます。アーサーの父ウーサー時代に魔法は法律で禁止されたので、マーリンは魔法使いであることを隠してアーサーと王国を守るのですが、素直だけど気位の高いお坊ちゃんのアーサーはマーリンには常に上から目線発言なのだけど、心の底ではマーリン大好きだから、このふたりのバディな会話がおもしろいんですよ〜〜!

あと悪役はいつも女なのもおもしろいです。時には老婆の魔女だけど、最大の敵は美少女だったモルガーナ姫。このお嬢様の意地悪っぷりが見もの。

モルガーナ姫の侍女だったグエンは褐色の肌の気だてのいい女性。最初はマーリンといい感じだったのですが・・・
彼女には弟がいて、弟も褐色の肌のイケメンです。

この時代に、イングランドに人種の違う人もいたんでしょうか?それともカラー・ブラインド・キャスティングなのかな。

欲を言うと、グエンにもっと華のある褐色の女優さんをあてて欲しかったです。なんだか白人女性は美女でワガママ、有色人種の女性はルックスは地味だけど気だてがよくて賢い、みたいなステレオタイプを感じるのは考え過ぎでしょうか。

とマイナー愚痴はあるものの、「アーサー王には手を付けない」決意を変えた覚えもないうちにいつのまにかマーリン&アーサーコンビのコメディに笑う毎日。

王国キャメロットの紋章もドラゴン。この紋章入りのグッズが欲しいな〜

クリックすると元のサイズで表示します




まったくの余談ですけど、2013年の舞台MOJOへ行った方のお話によると
、コリン・モーガンには人が多すぎて近づけなかったそうです。2012年にマーリンがイギリスで終わったばかりでしたものね。ルパート・グランドとウィショーさんとダウントンのベイツさんことブレンダン・コイル・・・チケットがなかなかとれなかったのも頷けます。

クリックすると元のサイズで表示します
Photo: Alastair Muir The Telegraphより
5



2020/12/8  19:05

投稿者:colin's grandma

しましまさん

>オスカーとポジーだけが並んでるやつ

十分です〜!
なんならボジーだけでも・・・ってそれはないですね(笑)。
失礼しました!

2020/12/7  19:17

投稿者:しましま

colin's grandmaさん

>>DVDジャケと思われる画像

ほんとですね、タイトルの入り具合とか写真の配置とか。
どうせなら海外版のポスター、オスカーとポジーだけが並んでるやつでも
よかったんですけどね〜^^

2020/12/7  1:23

投稿者:colin's grandma

しましまさん

私もDVDジャケと思われる画像は何種類か見ていたので希望は持っていましたが
日本では配信のみだったのですね?残念です〜

2020/12/7  0:12

投稿者:しましま

colin's grandmaさん

もしかして日本語版DVDは私の勘違いかも・・・です。
今調べたら見当たらないですよね。
英語版DVDを持ってるんですが、日本語版配信が決まったニュースを見て
DVDも出ると早とちりしたかもしれません、すみませんでした。

>>演じているのがコリンだから目が曇って

私の方こそ純粋なキャラと同じくらい意地悪なキャラも好きなので
先入観があったかも。。。これはもう1度冷静に見なくてはっ!

2020/12/6  20:08

投稿者:colin's grandma

しましまさん

>ポジーもオスカーを手玉にとってた

私はボジーを好意的に見てしまっています。
演じているのがコリンだから目が曇っていると思います(笑)。
なにせコリンに恋したばかりの熱々の目で観ていましたから。

>日本語版DVD

出てたんですか?!それは知らなかった!後追いは辛い!
私は今AmazonPrimeしか契約しておらず「さすらいの人〜」は
レンタルして観ました。
手元においておきたいので配信を購入するしかないかと今考え中です。

2020/12/5  23:18

投稿者:しましま

colin's grandmaさん

>>マーリンが意識を取り戻したアーサーを見てニカーーーーッと笑顔に

本当に「ニカーーーーッ」としてました!^^
マーリンの演技ってアーサー相手にいつも魔法を隠しているせいで
「普通の召使いを演じてる」演技なのでわざとらしかったんだと今気づきました。

>>「さすらいの人〜」を観た後

ポジーもオスカーを手玉にとってたという意味で演じてた部分のあるキャラだったなと。

ところでHAPPY PRINCE、日本語版がアマプラにも来ていたと今わかりました。
日本語でまだ見てなかったです。日本語版DVDになったのは知ってましたけど
結構お高いな〜とスルーしてたんです。アマプラで見ようっと!ありがとうございます!

2020/12/5  17:46

投稿者:colin's grandma

しましまさん

>アーサーはあーさーの方が本質を捉えている

うまい!

気を失ったアーサーを心配で覗き込んでいたマーリンが
意識を取り戻したアーサーを見てニカーーーーッと笑顔になりますよね?

-----この時私は「ボジー・スマイルだ!」と思ってしまいます(笑)。
もちろん「さすらいの人〜」を観た後の何度目かの「マーリン」鑑賞でのとこ。
でも、輝くような笑顔は同じでもボジーの場合はもう少し大人でソフト。
オスカーを包み込むような笑顔でした-----

この無邪気で天使な笑顔も大人な笑顔も好きです〜!

この話はまた後で(笑)。

2020/12/5  12:03

投稿者:しましま

colin’s grandmaさん

アーサーはあーさーの方が本質を捉えている気がしますが・・・?!(笑)

>>これが重い暗いエピの時の救い

そうそう、実は物語は重く暗いですからね、しかもシリーズ進むとともにさらに暗く。

>>s3e8の「不死鳥の目」

ああ、塔の上に登った時、あれは印象的なエピでした。

>>アーサーの口まね顔まねが見事

この辺り(シリーズ3)あたりからこの王子と召使いは「お笑いコンビ」なんだと
私の中で認定されたような気がします。でももう1回見たくなりました。
今アマプラで配信してくれてるから直ぐに見返せて超便利!
また笑いに行ってきます〜

>>好きなシーンを挙げたらきりがありませんが
あえて1つ

私はラストシーンと、あと、ブログにもスクショで記録したドラゴンの最後の呼び出しかなあ。
あれ?結局ひとつにできませんでしたね(笑)

2020/12/4  22:39

投稿者:colin's grandma

しましまさん

またまたすみません。

>で、マーリンがあーさーに背を向けたまま聞きます。

背を向けてはいませんでした(汗)。
とっとと行ってしまうアーサーの背に向かって言った、という感じでした。

ついさっき見返したばかりなのになんてあやふやな記憶!
情けない・・・

2020/12/4  22:28

投稿者:colin's grandma

しましまさん

またやってしまいました。

アーサーがひらがなになっている所 笑ってやってくださいまし。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ