2019/7/18

ENDEAVOUR 0102 fugueの謎  モース&ショーン・エヴァンズ

いつからだったか、若モースの推理にはついていけなくなり、もう理解できなくても謎は謎のまま追求することをやめていました。

実はENDEAVOURのシリーズ1エピ2からすでにその兆候があったんですが、初期のエピなので「私にはよくわからないモースの推理」として記憶に残ってたんです。

それが先日オックスフォードで参加したツアーで、ガイドさんがその謎について「歴史的知識がないと難しい」と触れたのをきっかけに俄然好奇心が湧き調べました。

その謎とは「誘拐された6歳の女の子デビーの居場所をモースがどう推理したか」というものです。

「歴史的知識がないと難しい」なら、調べればわかるんだ、と気付いたのです。


最初から理解できてた方々はすごい・・・私は日本語字幕で見ても英語字幕で見てもどうも今ひとつわかりませんでした。そこで英語字幕から一つ一つ見てみたら、オックスフォードの建物のニックネームや歴史がちりばめられていたのでした。



@女の子の赤い靴から出てきたメモ「リブラ・アイドルの近く」

→アナグラムで「ボドリアン図書館」のことだった。
 図書館に行ったモースは犯人にナイフで刺される。

A犯人の変装道具と持ち物が図書館近くで発見される
 「警官の一部は役に立たず 全員悪人だ」と書かれた楽譜が

→モースが病理心理学者に見せると「ボカルドの三段論法」だという返事
 「否定文、肯定文、次に『ゆえに〜〜である』と続く論法」

Bモースが「警官の一部は役に立たず 全員悪人だ」に続く文を考えながら
 殉教者の記念碑(Martyrs Memorial)を通りかかった時に閃く

→16世紀のプロテスタント迫害の時に改宗せず処刑された聖職者たちが
 処刑まで投獄されていたのがボカルド牢獄だった。
 その牢獄は聖マイケル教会の近くだったとされる。
 モースが向かって女の子を発見したのがその教会。

というわけでした!!ふうううう〜


やっとこの理屈が分かったことも嬉しかったけれど、
なんとこの聖マイケル教会が、私が泊まった寮の隣の教会だったんです!

この写真の右端の木の陰に近代的なガラス窓が見えますよね。

クリックすると元のサイズで表示します

そのガラス窓越しに撮った写真がこれだったんです!

クリックすると元のサイズで表示します

もっとも、教会の外観は、ドラマでは別の教会を使っていると思います。あんなに広い外庭はなかったですもん。

でもその教会の説明をモースがサーズデーにした時にサーズデーが、

「タワー教会にドアが展示されてる牢獄のことか?」

って確認してるんですけど、

そのTower Churchとは聖メアリー教会のことで、高い塔があって上まで登ることができ、私は上から写真を撮るために入場料払って細い階段を上がったんですが、その途中でサーズデーが言及したドアを確かに見てるんですよ!きゃー、その時は、何か昔の人に由縁のある扉らしいな、としか思わなかったですけど〜

そして殉教者の記念碑(Martyrs Memorial)、ツアーの集合場所でもありました。そうでなければ行かなかったと思います。

そうそう、女の子を母親に引き渡した後、ストレンジがモースにコーヒーをくれる場所、あれはペリカン・マンが子供達に救われたクイーンズ・レーンでした。


ガイドさんが言ってましたが、最近はもう人が増えたためオックスフォードでの撮影が年々難しくなってるとのこと。私もその原因の一人ではありますが、このENDEAVOUR初期には本当にオックスフォードでの撮影がほとんどで感動です。


1

2019/7/17

POLDARK 0501  POLDARK



ポルダーク、シリーズ5、最終シリーズですよ!

ずっとBBCに拒否られて心の黒い雲が晴れなかったんですが、やっと繋がることができました!

ポルダーク見るときってなぜだかすごいドキドキするんです。

きっとロスが何をやらかすか不安なせいでしょうか(笑

シリーズ4の最終回のブログはいつ書いたか見てみたら、去年の7月でしたので調度1年ぶりなのですね。

1話でもちゃんと「これまでのお話」をまとめてくれていて記憶が悪い私にもやさしい。

エリザベスが早産を促した薬のせいで亡くなったしまった、ここが4の終わりです。もっとも死因はエニス医師しか知りません。

5はいきなり1781年アメリカ独立戦争でロスが重体を負った時に引き戻されてます。命の恩人を出すためでした。ロスの顔の傷はその時の名誉の傷だったのね。

そして1800年に戻って、エリザベスの死で長男ジェフリー・チャールズがロンドンから成長して戻ってきました。

ポスダーク1から約20年の年月が経ってるのですが、登場人物ほとんど変わってないのでジェフリー・チャールズの成長ぶりだけが時の経過を告げております。

ジェフリー・チャールズの父親はロスの従兄弟フランシスでまだ彼が小さい時に亡くなっているのでこれで両親を亡くしてしまって・・・

その生家に戻って、ロスとデメルザ兄弟とモワナ、エニス夫妻でエリザベスに乾杯。ここではもしやこの家がジェフリー・チャールズに譲られたのかな?と思ったのですが、

いやいや、ジョージはそんなに甘くなかった、悪党中の悪党、ジェフリー・チャールズがハロー卒業後は軍に入るので支援を頼みにロスと一緒に尋ねても、仮にも義理の父親のくせに「一銭も出さん」と追い返しましたよ。

ジョージの辛さには同情し掛かるも、あの子供達への憎悪剥き出しはヴィラン中のヴィランですね。

ヴァレンタインが不憫でならないけど、これも元はと言えばロスのせいなんですよねー。こんな育ち方したら性格ヒネちゃうでしょー、チャールズ皇太子みたいになっちゃうよ〜

しかしロスにはそんな自覚はなく、デメルザに「自分の人生は君なしでは意味がない」とか言ってるんですけど、う〜ん、そうなのか、デメルザが好き勝手にやらせてくれるから?

ところでBBCが見れても、どういうわけか字幕が出せないので台詞がわからなくて話の詳細がわかってません。

とにかくジョージの意地悪でロスの鉱山の賃金が半分になってしまい労働者の反感マックスになっています。

しかしロスはアメリカ時代の命の恩人に助けを求められロンドンへと出発。

コーンウォールに残ったデメルザに何者かが嫌がらせを仕掛け、

ロンドンではロスが劇場で王の暗殺者を追ったところ逆に権力者に呼び出しを食う

2箇所でのスリリングな展開が同時進行してました。

私的には一番の見せ場は犬のギャリックが番犬として大活躍したことです。いいぞ、ギャリック!!演技うまいぞ!

あと受けたのは、黒人にお茶を差し出すプルーディーの目つき。

そしてジョージがマッド・ジョージになってエリザベスとの世界へと逃避してしまったこと・・・・!悪魔だけどこれは痛い!そしてこの状態で嫌がらせをしたらどんなことが起きるのか?!





0

2019/7/16




去年、ベン・ウィショーの「ジュリアス・シーザー」などで話題になったロンドンの新しい劇場ブリッジシアターにて、サミュエル・ベネット君が出ているお年寄りのミュージカルぽい「アレルヤ!」という舞台をやっているとツイッターで知った時から見たかったのをついに、東京でナショナルシアター・ライブで見れました。

老人ホームが舞台なんだなと思い込んでいたら、まんまと罠にかかっていて、実はホームではなく病院なのに、行く所がないため退院できない老人病棟の話でした。

日本でお年寄りというと茶色とか灰色のイメージなんですが、イギリスの老人たちってカラフルなのでそれでミュージカルと思ったくらいです。

しかも元気。特に数少ない男子はガンコジジイで、これはハイトナーの願望もあるのでしょうか。イギリスは老女の方が無敵に強いイメージがあったのですが。

しかしカラフルで元気な病棟の話だけれど、捻りは来るだろうとは思ってたけど、
ダークなストーリーとは予想以上でした。

サミュエル君といえばどうしても「ヒストリー・ボーイズの〜」と言いたくなりますが(「ダーク・ジェントリー」も忘れてないけど!)、そのヒストリー・ボーイズからもう一人のキャストがいたんです。

インド人の医師役サシャ・ダワン。

この二人の語りが増える終盤近く、「ああ、これは老人たちの『ヒストリー・ボーイズ』だったか」と独り言が出てしまいました。

それぞれの登場人物の事情がわかってくるとそれぞれに感情移入してしまう。

特にインド人医師、不法滞在がバレて国外退去になるんですね。その時に彼はイギリスの国としてのダメな部分やイギリス白人の根拠なき優越感を嫌という程知っているのに、「それでも僕はイギリスに帰化したいのか」と自問自答するんです。ここに、同じ外国人として切ないほど共感します。

私もイギリスいいところばかりじゃないのを知っているけど、なぜか日本よりも精度が整っているんじゃないか、と夢を見てしまうのですね。現に、この劇の老人たちは自宅を子供にとられても病院には無料で住んでいるわけですから。

でもインド人医師、良心的で決して医師として無免許でもなんでもなく資格があるのに、なぜ病院で謎の老衰が多発したのか見抜けないのだけは疑問に思ったけど、さすがに80歳以上で寝てるうちに死んでたらやはり老衰となるのがどこの病院でも普通なのかな。

と重い話ながら、重く見せずにメッセージだけが伝わるのはイギリス的なユーモアと、歌と踊りと、それからサミュエル君たちキャストのせいでしょうね!みんな頼りなさげな人物を演じてるのに台詞がうまい。

サミュエル君って、いるだけで、見てるだけで幸せな気持ちになるんです、私。

ところでパンフレットにはリハーサルの写真が出ていて、老人役の人たちもジーンズにTシャツにスニーカーで全然若々しいんです。あのお芝居の衣装は入院患者だからというのもあるけど、お年寄りらしいお年寄りの衣装として考え抜かれたのかな。
0

2019/7/13

ランドルフ・ホテルのモース・バー  モース&ショーン・エヴァンズ

ひとつ前の記事にてレポしました「モース・ルイス・エンデヴァー・ツアー」はオックスフォードで一夜を明かした日の11:30amが集合というスケジュールでした。

そのツアーの前に、できればモース関係のパブで早いランチできないかと欲張った私は、集合場所のすぐ近くの「The Eagle and Child」へ行ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

結果、まだ開いてなかった失恋

今落ち着いてウェブサイトを見てみたら、11:00オープンとあるのでわずかに早すぎた!

ガックリ気を落として、気持ちを持ち直すためにすぐ近くの高級ホテル「ランドルフ」のゴージャスなカフェでコーヒーでも飲もうと思い立ち、高い敷居を乗り越えてみましたら、

クリックすると元のサイズで表示します

カフェはランチタイムの準備に取り掛かるからバーならいいですよ、とのことでした。

そこでカフェの隣、というか玄関のすぐ横のバーに入りましたら、

クリックすると元のサイズで表示します

バーーン!

そこがその名も「モース・バー」だったのです。

クリックすると元のサイズで表示します

気持ち、すっかり上向き修正入りました。The Eagle and Child入りたかったけれど、こんな偶然もあるのか世の中捨てたものじゃなかった〜

モース原作者の故コリン・デクスターも。

クリックすると元のサイズで表示します

このホテルは元々「主任刑事モース」ではアメリカ人観光客がツアーで押し寄せるエピがありました。

私が一人で感慨に耽りながらコーヒーを飲んでいた時も、声のでかいアメリカ〜ンな英語のアメリカ人金持ち客がやってきまして、ドラマの世界に入り込んだみたいでした。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/7/11

モース・ルイス・エンデヴァー・ツアー  モース&ショーン・エヴァンズ

このタイトルからして心が弾むオックスフォード・ウォーキング・ツアーはこちらから申し込みができます。 → 徒歩

クリックすると元のサイズで表示します

レヴューでも評価が高い通り、オックスフォードにもモースシリーズにも大変お詳しいガイドさんでした。

ちなみに2015年に参加したツアーとはまた別です。

集合場所はMartyrs Memorialで、ルートを赤ペンで地図に書き込みましたのでご参照ください^^クリックで拡大します。

クリックすると元のサイズで表示します

またまた写真多めですので、文字は控えめにしますね^^;

ツアーのいいところは、一般開放なしのコレッジにも入れることで入場料(コレッジによりますが個人で入ったところは7ポンドでした)もツアー料金(約\2800 )に含まれています。今回は2つ入場したのでかなりお得でした。

⚫️ベリオール・コレッジ 「ルイス」パイロット版に登場

ツアー皆の衆。ワイン色のコートの人がガイドのハイジさん。
クリックすると元のサイズで表示します

ホールではちょうどスタッフの方々のお食事タイムでした。

クリックすると元のサイズで表示します

メニューと料金表が入り口に。

クリックすると元のサイズで表示します

入り口を内側から。

クリックすると元のサイズで表示します

⚫️元カフェ・バタリー/土産屋

「ルイス」に出てきたカフェの今の姿。外のテーブル席は駐輪場になってた(涙)しかし「バタリー」はホテルのみ残っていて、その裏が私の泊まった寮の裏に隣接、wifiが入る距離でした。忍びこめるんじゃないかとさえ思った。
クリックすると元のサイズで表示します

⚫️ENDEAVOURシリーズ5に出てきた家が私の宿の並びだった。

クリックすると元のサイズで表示します

⚫️下ふたつの店はTurl Stで並びあっていて店舗として頻出、ENDEAVOURシリーズ6ではモースがフラットを探す不動産屋にも。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

⚫️ラドクリフ・カメラの横の道、ここもロケによく出る。車に人が降ってきたとか。

車が停まっているところはちょっと広くなっていて、ENDEAVOURで選挙運動してた所

クリックすると元のサイズで表示します

ラドクリフ・カメラの周りを歩くと、隣は

⚫️ボドレアン図書館 こちらもモースシリーズにはおなじみ。

クリックすると元のサイズで表示します

図書館の庭を東に出ると目の前には「溜息の橋」があり、その先の狭い脇道に入ると、

⚫️ENDEAVOURパイロット版の新聞社の入り口になった階段

クリックすると元のサイズで表示します

⚫️パブ「ターフ・タバーン」は階段のすぐ向かい

クリックすると元のサイズで表示します

⚫️ワダム・コレッジ 

前日「ブライズヘッド再訪」のロケにも使われたと知り入りたかったのに閉まっていて、今日もClosed ?!エーーーー
クリックすると元のサイズで表示します

と思ったら、ガイドさんと一緒だと入れてもらえました!!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

しかしここでガイドさんに「ブライズヘッド」のこと話したら、彼女が言うにはここじゃなくて「ハートフォード・コレッジ」が原作者のイヴリン・ウォーの出身校だからそっちのはずだって・・・バスのアナウンスガイドでは「ワダムでほとんど撮影した」ってことだったんですけど・・・!くそう、将来ハートフォードにも行きたい。ENDEAVOUR 0601でも使われてるし。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなお茶目な観光地っぽいものまであるのにいつもCLOSEDってなんなの笑

クリックすると元のサイズで表示します

⚫️トリニティ・コレッジ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここですね

クリックすると元のサイズで表示します

⚫️お向かいにはハサウェイがサンドイッチを買ったお店

私はここでランチにしました。お店の人いい人だし2階のイートインスペースこじんまりして居心地良かったです。
クリックすると元のサイズで表示します

2時間のウォーキング・ツアーですが、コレッジ内のホールやチャペルではツアー客は椅子に座って解説を聞いてたのでそれほど疲れません。

ガイドのハイジさんはコリン・デクスターが亡くなった時、追悼でローレンス・フォックスさんなど関係者の方々と出席されたそうです。

ゆっくり話してくれますし、各ロケ場所のドラマのシーンの写真を見せてくれました。また、実際には足を踏み入れなくても近くの場所のドラマにまつわる話も教えてくれます。彼女自身は、3つのシリーズの中で「ルイス」が1番お好きだそうです。

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ