2020/1/17

映画「ダウントン・アビー」  その他の映画・ドラマ・舞台

大ヒットTVドラマ「ダウントン・アビー」が映画になりました。

実はこのドラマなくては今の私は存在しないほど人生の転機となった作品です。今このブログを読んでくださってる方ともお会いできてなかったでしょう!

ドラマは日本製も海外のもほとんど見ない人でしたので、イギリスに計7年くらい住んでいたのに、BBCもITVもテレビつければ普通に見られたのに見なかった。今のお金を払って円盤や配信を買うオタクな人生に導いたきっかけが「ダウントン」だったのです。

と言っても「ダウントン」にハマったわけではなく、まず夫がどこからかダウントンのDVDをもらってきて見るのを誘われ、「どうせ見ても英語わからないのに〜」と思いながらも見てたら「ドラマって面白いんだ?!」と自分の中に何かが開花したんですね。そこで当時(2011年ごろ)NHKで放送された「シャーロック」の評判が目に入り、在英の友人にDVDを頼んで買ってきてもらったのが運の尽き。

・・・そこからは数年ブログに書いてあるとおりでございます。


では日本版公式サイトの美麗ポスターをお借りして感想を。

クリックすると元のサイズで表示します

メアリーとマシューの息子が将来伯爵様になるんだから、メアリーが立派な大奥様になって家を仕切るというヴァイオレット様のラストのお言葉、ハッとしました!

クリックすると元のサイズで表示します

伯爵様、良いご家族に恵まれましたね。アメリカ人の奥様の、イギリスでのご苦労話はなかったのか、見たけど忘れたのか。1番の人格者でございました。

クリックすると元のサイズで表示します

マスオさんチームは常にイケメン。この物語に華を添えるヒロイン的な。

クリックすると元のサイズで表示します

次女イーディスは最後に高位の貴族に嫁いで幸せになりました。私は最初なんでイーディスがいつもメアリーに突っかかってくるのか理解できなかった。男子相続人のいない貴族の長女だとモテモテなのが羨ましいのかな。単に立場のせいでしょうが下から見ると羨ましいのかな。親からのプレッシャーもなく好きに出来て羨ましいと第1子の私には思えるのに。

クリックすると元のサイズで表示します

カールソンさんは本当に当たり役でした。以降、何を演じても俳優ジム・カーターでなくてカールソンさんが別の役を演じているような気がしちゃう。

クリックすると元のサイズで表示します

一般人としてつい応援しちゃう庶民出の職業婦人。旦那様もステキ。

クリックすると元のサイズで表示します

トーマスはせっかくドラマのラストで執事に大昇進したのに映画で残念なことになっちゃってフットマン枠のポスターに入れられちゃったのか。

クリックすると元のサイズで表示します

有能で賢いアンナに比べ、ベイツさんはいつも問題の元。アンナに唯一欠点があるとすれば男を見る目・・・

クリックすると元のサイズで表示します

モールズリーさん。残念な失敗することを「モールズリーする」という動詞で表現したくなる。

クリックすると元のサイズで表示します

デイジーって、なんだかんだでモテモテなんですよね〜?!下僕キラーなだけじゃなく最初の夫のお父さんにも気に入られていて、庶民の可愛いお嫁さんキャラなんですかね。私も彼女が可愛いと思います。


映画には出演ありませんが、ドラマ初期の白馬の王子マシューを最後に言及しおきたいです。本人はイケメンキャラで売りたくなかったらしく自ら降板しましたが、ドラマのヒットには彼の存在が大きかった。彼亡きあとは、メアリーと同じくもうこの世も終わりと思いました。

クリックすると元のサイズで表示します

この幸福が永遠のものでなくても、それでも人生は続くと教えてくれたのがダウントン。
1

2020/1/13

ひつじのショーンカフェin町田  近況

「ひつじのショーンビレッジ ショップ&カフェ」に行ってきました。町田市という我が家からは同じ東京都下でも反対側の遠いところですが、ショーンのためにドラマを4エピもスマホにDLして長距離電車に備えました!

(結果イアホンを忘れたため全くドラマは見られなかったのですが、)うちの最寄駅から田園都市線「南町田グランベリーパーク」までは1時間10〜30分、渋谷からは1本です。

「ひつじのショーンビレッジ」は、グッズショップ、カフェ、クレイ人形や写真の展示、カフェとは別の表側の軽食売店で構成されているようでした。

この「ようでした」という曖昧な表現は、3連休中日のせいなのかカフェの外側はあまりの人の多さで分からなかったのです!少子化ってなに?!な子連れファミリーの方々。

でも当日朝に整理券をもらえたおかげで(友人にとっておいてもらった感謝!)カフェの中に入るとそこは人口密度もググッと下がって一安心です。

クリックすると元のサイズで表示します

外側はちゃんと農場主のお家の壁になってますよ〜

インターホンがイギリスによくある白くて大きいやつ!リアル!

クリックすると元のサイズで表示します

玄関入ってすぐのお部屋は本当にちょっと古臭いイギリスのインテリアになってますが、多分こちらは予約すると案内されるのかも。

クリックすると元のサイズで表示します

私たちの席は奥のもっと大きいホールで、等身大ぽいショーンとビッツァーが。

クリックすると元のサイズで表示します

下は展示のクレイ人形でアニメ制作用のと同じサイズ。結構小さいのに細かいところまでよく作ってあるんですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

下2枚はパーティーセットという2段トレイと丸くて大きなポットに入ったティーが付いてくるセット。これで2名様分。上はハンバーガー、フィッシュ&チップス、マカロニチーズ、下はゼリーとケーキが2個ずつ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

アップルクランブル

クリックすると元のサイズで表示します

コテージパイとワッフル

クリックすると元のサイズで表示します

ビレッジ外の真ん中にあったフォトスポット

クリックすると元のサイズで表示します

その元になったと思われるクレイ人形も展示されてます。カフェスタッフのお姉さんたちもこのショーンと同じユニフォームを着て働いてました。

クリックすると元のサイズで表示します

メニューはしっかりブリティッシュを意識、この量で4人でお腹いっぱい!

クリックすると元のサイズで表示します

外には本物のひつじさんが・・・
ひつじさんもご勤務おつかれさまです。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2020/1/12

ケンジントン・マーケット  イギリス

「ボヘミアン・ラプソディ」や「ロケットマン」のおかげで70年代ロンドンの音楽とファッションが新鮮な21世紀です。

クイーンのフレディ・マーキュリーのガールフレンド、メアリーが働いていてフレディも足繁く通ったブティック「BIBA」は今も大きな本が何冊も出ていて私もちょっと購入して写真を眺めることができるのですが、

そのフレディ・マーキュリーと同じクイーンのロジャー・テイラーが店を出していた「ケンジントン・マーケット」となると写真もあまり見つかりません。

クリックすると元のサイズで表示します

かろうじて見つけた中で、私の頭の中のイメージに近いのがこの2枚。

クリックすると元のサイズで表示します

というのも、その名の通りマーケットですので、「ケンジントン・マーケット」という看板は表通りケンジントン・ハイ・ストリートに出ていますが、中はフリマのように区画が細かく区切られていて家賃を払えば多分誰でも出店できた形態なので、その実態は常に変わって全体をまとめて記録に残した人も団体もいないのでしょう。

wikiによれば1990年代後半まで存在。

私も80〜90年代には多分ロンドン行くたびに寄っていて、でも最後の頃はさすがの私でもマニアックすぎた感(時代遅れに見えた)があって行かなくなってしまった。

それで廃れてなくなったのではなくておそらく入っていた建物のリノベで再開発後に家賃が高騰したのじゃないでしょうか。今では綺麗なビルになっていますので。

でも今考えると、初めてのロンドンで1番ディープな夢見ていたロンドンを感じたお店がココでした。不思議の国ワンダーランドでした。古着屋、オリジナルを売るデザイナーさん、それよりもう少しちゃんと作ったりセレクトしているブティック、ヘアサロン、カフェなどがひしめき合ってました。

80年代にロックファンのためのガイドブック「ロンドンに行きたい」という本があって、そこに出ていた他のカムデン、コベント・ガーデン、キングス・ロードあたりの地域にももちろん行ってみましたが、ケンジントン・マーケットが1番ギュギュッと「トーキョーにはないロンドンらしさ」が詰まってました。

向かいに「ハイパー・ハイパー」という似たようなファッションアーケイドもできたのですが、そちらはもっと新しく小綺麗で、亡霊も住んでそうなケンジントン・マーケットのような迷路感もなく。

あの当時の様子を見るにはネットでは足りなくて、当時のi-Dなどのストリート系カルチャー誌の古本を集めないとならないのかな。誰かやってネットにアップしたら喜ぶ人は私だけじゃないと思うんですが。。。
2

2020/1/8

2020もれ「ザ・パーソナル・ヒストリー・オブ・デヴィッド・カッパーフィールド」  ベン・ウィショー



2020年に楽しみにしている映画ドラマにまたまた「モレ」が!

「ザ・パーソナル・ヒストリー・オブ・デヴィッド・カッパーフィールド」

という長いタイトルですけど、あの有名なチャールズ・ディケンズ原作「デヴィッド・カッパーフィールド」の映画化で、

キャスティングが面白いのでどんなにつまらなかろうがきっとオモシロイ、と予測される映画です。

日本ではギャガ配給で早春公開が決まってて助かった!!!

ピーター・カパルディにティルダ・スウィントン、ヒュー・ローリーが脇役で、主役はデーヴ・パテール =「スラムドッグ・ミリオネア」のインド系の人で、そしてベン・ウィショーも思いっきりエキセントリックに登場してる〜〜〜ぅ!!

ウィショーさんの役「ユーライア・ヒープ」って名前に聞き覚えがあると思ったら、70年代に人気だったロックバンドだったんですね、もちろんディケンズが先ですが。

これでまた世界の名作文学を楽しく鑑賞できるなんて、ありがたいな、英国映画、と思ったら英米合作でアメリカでの配給はディズニー系。へええ〜〜!配役から毒モリモリを期待してるんですけど。
3

2020/1/6

ゴールデングローブ賞2020  その他の映画・ドラマ・舞台

2年連続で手がけた映画が受賞したデクスター・フィッチャー監督が主演俳優にキスのサンドイッチ!!すごいな〜いきなり有名監督だね〜
クリックすると元のサイズで表示します

つい2〜3年前までは、有名な映画賞にそれほど興味がなかったのですが、去年くらいから知ってる/好きな俳優、映画やドラマが受賞するので自然にニュースに気をとられております。

つまりそれくらいアメリカの賞を英国俳優が受賞しているということでもあります。ゴールデングローブ賞に投票する会員は(アメリカの)外国人なので特に多様性に寛容なのかもしれませんが、この結果がすぐ後のアカデミー賞に影響するとあれば侮れません。

今年は

映画の部
ドラマ部門
■作品賞
『1917 命をかけた伝令』

■主演女優賞
オークワフィナ『フェアウェル』

■主演男優賞
タロン・エジャトン『ロケットマン』

■監督賞
サム・メンデス『1917 命をかけた伝令』

■歌曲賞
「I’m Gonna Love Me Again」(『ロケットマン』)


テレビの部
ドラマ部門
■主演女優賞
オリヴィア・コールマン「ザ・クラウン」

ミュージカル/コメディ部門
■作品賞
「Fleabag フリーバッグ」

■主演女優賞
フィービー・ウォーラー=ブリッジ「Fleabag フリーバッグ」


このへんが私の好きな作品、見たい作品から受賞しました!全体の結果は公式でどうぞ。

タロンくんの「ロケットマン」は去年のマイ・ナンバーワン映画ですよ〜!信じられない〜大きな映画賞受賞する作品は映画通に受けるものが多く、私が好きになる映画はだいたいマイナーで終わることが多いのに。。。私が映画通になったの?映画がマイノリティに追いついたの?

「フェアウェル」のオークワフィナは、同じ実在の人物を演じたタロンくんと1ヶ月くらい前に対談もしてまして、その時に「フェアウェル」という映画のことを知って見たいと思ったんですね。日本でも4月に公開とのこと、やったー

イギリスとは関係ないけれど、同じアジア文化圏の俳優と作品がこうして陽の目を浴びるのも、去年の「クレイジー・リッチ!」で弾みがついたせいもあるでしょう、嬉しいことです。

「1917」!!!戦争映画は歴史なので結果を知っているのに重くて辛いですが、英国映画ファンは避けては通れないのが常。


役でもプライベートでもおしゃれなルーシーちゃん、今日も決まってる。
クリックすると元のサイズで表示します

ドラマ部門主演女優賞のオリヴィア・コールマンと息子王子役のジョシュ・オコナー
クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ