このブログは、私が作った作品を載せています。
下書き無しで、ハサミで形を切り抜き、それを折ったり貼ったりして形にした立体作品が中心ですが、貼り絵や切り絵の様な作品や、いわゆる紙切りを含む平面的な作品も作っています。
全ての作品に共通しているのは「下書き無しでハサミで切る」なので、長いこと「立体紙きり」という呼称を使ってきましたが、「切り紙クラフト」と言った方が解り易いでしょうか。

子どもの頃から、生き物が好きで、冬に昆虫が採れなくなる寂しさを紛らわすために、幼稚園入園前から我流で始めたものです。
その「自分の一部として授かり、この世に生まれてきた痕跡」を残しておこうかな〜、って感じで、はじめたブログです。よろしくお願いします。
*タイトルをクリックすると、トップページに移動します
*画像をクリックすると全体像や画像一覧が見られます。…運営側のサービス停止により画像一覧は見られなくなりました。
*機能上、拍手コメントへの返信が出来ませんのでご了承ください。

2012/7/11

シロタスキウミウシ リターンズ  水物系

ようやく体調も復調した感じです。薬が効いてるだけかもしれませんが(^^ゞ

作る気力は無いながらも、ウミウシの図鑑を眺めて、次は久々にウミウシがいいな〜、と思ってました(^^)
で、次に作るならぜひ試したい事が有ったので、とりあえず、出来てるもので実験をしてみました♪

とりあえず、シロタスキウミウシで。
クリックすると元のサイズで表示します
背景的なモノを作ったのも変化ですけど、他にもあります。

クリックすると元のサイズで表示します
本体だけを取り出してみるとこんな感じ。

で、元々のはどうなっていたかと言うと、こんな感じでした。
クリックすると元のサイズで表示します
今回撮った画像が良くないので、判りにくいかな〜。

クリックすると元のサイズで表示します
これなら判るでしょうか?
外套膜の縁を波打たせてます(^^)
この、「外套膜を波打たせる」っての、案外、難しいんです。

クリックすると元のサイズで表示します
特にこの作品の様にトレーシングペーパーだと、このサイズで曲線を描くのは、かなり難しい。

そんなわけで、今回、はじめてニスを使ってみました(^^)
紙の色が変わったり、ツヤが出てしまう(当たり前・笑)のは、ちょっとイヤなんですが、ウミウシなら、許容できるかな、と。
でもなぁ、水中で見る水生動物は、ツヤ出てないからな〜。
まぁ、仕方ないですかね。

あれ、艶消しニスを使えばいいのか?(笑)






お知らせ
虫愛ずる1日 2012、ありがとうございました!
次は、デザインフェスタVol.36です。二日間出展しますので、よろしくお願いします♪


お知らせ葛西臨海公園駅 駅中展示
JR葛西臨海公園駅にて、現在も作品(ジオラマ風)を展示中です!
クリックすると元のサイズで表示します

なべさん我流切紙人さんとの共同制作です
1



2012/7/11  23:38

投稿者:しざーはんず

ある程度、変色を織り込んで作るのは使えそうだな、と思ってました(^^)
色々試して使い分けていきたいと思ってます♪

http://angel.ap.teacup.com/scissorhands/3.html

2012/7/11  23:18

投稿者:がりゅうきりがみにん

ニスも慣れると面白いですよ〜
特に紙の色が変わってしまうことを
私はむしろ好意的に使っております!

はまると結構可能性を広げてくれますので・笑

http://t-kdayo.cocolog-nifty.com/kirigami/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ