このブログは、私が作った作品を載せています。
下書き無しで、ハサミで形を切り抜き、それを折ったり貼ったりして形にした立体作品が中心ですが、貼り絵や切り絵の様な作品や、いわゆる紙切りを含む平面的な作品も作っています。
全ての作品に共通しているのは「下書き無しでハサミで切る」なので、長いこと「立体紙きり」という呼称を使ってきましたが、「切り紙クラフト」と言った方が解り易いでしょうか。

子どもの頃から、生き物が好きで、冬に昆虫が採れなくなる寂しさを紛らわすために、幼稚園入園前から我流で始めたものです。
その「自分の一部として授かり、この世に生まれてきた痕跡」を残しておこうかな〜、って感じで、はじめたブログです。よろしくお願いします。
*タイトルをクリックすると、トップページに移動します
*画像をクリックすると全体像や画像一覧が見られます。…運営側のサービス停止により画像一覧は見られなくなりました。
*機能上、拍手コメントへの返信が出来ませんのでご了承ください。

2012/3/16

明日はレッドブルボックスカートレースが葛西臨海公園であるんだよ。  

明日、葛西臨海公園で、Red Bull Box Cart Raceてのが開催されます。
先月作ってた魚の宿題は、これ用の飾りを頼まれて作ったんです(^^)

Red Bull Box Cart Raceは、全身4m以下、全幅1.5m以下、全高2m以下の自作カートで、様々な障害物が設置された全長約250mの坂道コースを一気に駆け抜けるってもので、自転車ベースみたいなのに、いろいろな飾りをつけ、パフォーマンスしながら走るってものです。
2012年3月17日(土)12:00〜17:00(予定)で、観戦無料。

MCに
ジョージ・ウィリアムズ 優木まおみ

審査員
ミッツ・マングローブ、南明奈、河北麻友子、井出有治、佐藤英吾
だそうで。
生アッキーナは見てみたいかも。

実況は、波田陽区とチャンカワイだって。
惚れてまうのか、残念なのか、なんか落ちが見える気もするんだが(笑)

公式サイトに出場リストが出てますけど、これの55番目、水族園の仲間たち・葛西臨海水族園スタッフのカートの飾りを私となべさん我流切紙人さんの3人で作りました(^^)

でもなんで、葛西チームが茨城?あそこは茨城なの?
千葉なのに東京と名乗ってるところの隣だから?
侮りがたし、レッドブル。

私の担当はこの7作品です(^^)
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

心配なのは天気だねぇ。
中止にならなければ見に行くつもりなんだけど。

もしも雨でお出かけ出来ないのなら、出かけた気分で、「ぶらり途中下車の旅」でも見るといいかも知れないぞ。
明日は京葉線だからな(笑)







2012年2月26日で上野動物園 両生爬虫類館での作品展終了しました。
ご覧になっていただいた皆様、ありがとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します

お知らせ
デザインフェスタ Vol.35に出展します!
2011年5月、ビッグサイトで会いましょう!


お知らせ葛西臨海公園駅 駅中展示
JR葛西臨海公園駅にて、現在も作品(ジオラマ風)を展示中です!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

なべさん我流切紙人さんとの共同制作です!
4



2012/3/17  22:59

投稿者:しざーはんず

Mさん
ご無沙汰してます。
いつも見ていただいてありがとうございます
<(_ _)>

TV見られたんですね。
見苦しいモノを公共の電波に乗せてしまって、恥ずかしいかぎりです(^^ゞ

やっぱり緊張してしまって、テングダイなんか、もうボロボロで、大きなミスが2か所もあったりして。
もっと修行して、またの機会が有る様だったら、その時は、皆さんに凄いと言ってもらえるものを切りたいと思います(^^)

2012/3/17  14:48

投稿者:M

こんにちは〜! お久しぶりです。
ご活躍、すごいですね^^*

今朝、ぶらり途中下車の旅(旅人:太川陽介さん)を見ました♪ 
葛西臨海公園駅の展示作品もばっちり映っていましたね。 そして何より、ご本人(素敵な紳士)のハサミさばきを、テレビで見られるなんて・・・感動でした。
しざーはんずさんの作品は、本物(生き物)を知る人が見ても納得な上に、そこから引き出される美しさを表現したアート。やっぱ素晴らしいな〜と改めて。益々のご活躍を^^/




http://homepage2.nifty.com/striped-cattail/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ