このブログは、私が作った作品を載せています。
下書き無しで、ハサミで形を切り抜き、それを折ったり貼ったりして形にした立体作品が中心ですが、貼り絵や切り絵の様な作品や、いわゆる紙切りを含む平面的な作品も作っています。
全ての作品に共通しているのは「下書き無しでハサミで切る」なので、長いこと「立体紙きり」という呼称を使ってきましたが、「切り紙クラフト」と言った方が解り易いでしょうか。

子どもの頃から、生き物が好きで、冬に昆虫が採れなくなる寂しさを紛らわすために、幼稚園入園前から我流で始めたものです。
その「自分の一部として授かり、この世に生まれてきた痕跡」を残しておこうかな〜、って感じで、はじめたブログです。よろしくお願いします。
*タイトルをクリックすると、トップページに移動します
*画像をクリックすると全体像や画像一覧が見られます。…運営側のサービス停止により画像一覧は見られなくなりました。
*機能上、拍手コメントへの返信が出来ませんのでご了承ください。

2010/7/29

ラフレシア  花・草

葛西の展示会も、とうとう明日が最後となりました。
まだご覧になっていない方で、お時間のある方は、是非!

さて、今日は、マンモスフラワーラフレシアです。

これも”これ作ってみよう”なんですが、その理由は、まず画像を見ていただいてから。
多ピース・糊付けありです。
クリックすると元のサイズで表示します

この赤い紙、「GAしずく」という紙です。
何色か購入していて、他の作品では、アカエイクサフグをこの紙で作っています。

さて、なんでラフレシアかと言うと、花弁の模様を見てください。
こういう模様がついた紙なんです。
で、この少しくすんだような赤。

この紙を購入して開封した時、「あ〜、ラフレシアを作れと?」瞬間にそう思いました(笑)

紙と出会って、作る作品を決めるっていうのは時々あります。
逆に、紙に出会えず、作らずにいる作品もあります。
色はもちろん、模様、手触り、厚さ、e.t.c.今日も、紙を探しています。

紙は、大げさにいえば、私にとっての夢への扉。
新しい紙と出会うのって、ホント楽しいです♪

お知らせ
葛西臨海水族園で、展示会開催中。

平成22年7月23日(金)〜30日(金)
本館2階レクチャールームで、期間中終日展示しています。
是非、お立ち寄りください。

2



2010/7/30  8:36

投稿者:Scissorhands

なべさん
意表をつきましたか(^^)

とても扱いやすいので、私も8割はタントです。
特に確実に仕上げたいときに。
タントも厚み、模様で何種類もあるので、それらは使い分けてはいます。

まだまだ使っていない紙が沢山あるので、これからも新しい紙を使っていこうと思ってます(^^)

2010/7/30  6:16

投稿者:Scissorhands

我流切紙人さん
以前は、手に入る紙が限られていたので、同じような傾向でした。

具体的には「折り紙タント」でしたが、この紙のサイズと種類を探すうち、名前も知らない紙があることに気づいて、それからです。

実演なら、紙を選ばずにやりますが、作品は紙に左右されるのでねぇ。

2010/7/30  6:11

投稿者:Scissorhands

とみたやさん
作りながらスマトラオオコンニャクも脳裏をかすめました(笑)
が、花自体はこんにゃくと同じだし、実物大を作ったら置く場所ないので(^^ゞ
熱帯植物園から依頼が来ないですかね(笑)

2010/7/29  22:28

投稿者:なべさん

ラフレシアとは・・・
またも意表を突かれた感があります(笑)
紙については私はタントばかりなので違う紙もどんどん使わなければと思っています
実は先日つかえそうなトレーシングペーパーを見つけたので、工夫してみようと思っています

http://ameblo.jp/b-mebius/

2010/7/29  22:24

投稿者:我流切紙人

確かに紙との出会いによって開かれる扉も御座いますね。
今までの私はひたすら同じ紙(画用紙)を使うことで、その紙の可能性を引き出す方向性を模索してきましたが、少し疲れましたので気分転換に新たなる紙の模索でもしたい気持ちになって参りました。

http://t-kdayo.cocolog-nifty.com/kirigami/

2010/7/29  22:22

投稿者:とみたや

スマトラオオコンニャクに次ぐ世界最大の花のひとつでございますね〜。
紙の模様が存分に生かされておりますね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ