2004/8/28

対決!〜俺vs親方〜  

親方と俺の対立化が一気に表面化した。
ヤツは語らないが、聞いても「いいから手元の仕事をやれ」と言い、親方がここぞというときだけガーッと一気に重要なことをまくし立て、さらに私がつっこんで聞くと、また「いいから」の連発。手元を止めて聞くと怒る。しかし商品の重要なことで、これ以上続けたら支障が出るかと思って手元を止めて聞いてるのに「いいから」はないだろう。
そういった小さなことがいくつも積み重なり私は爆発寸前だった。
爆発しなかったのは午後から他の作業場のヘルプの女の子が来たからだ。
何回もきているらしく着実にそしてスピーディに仕事をこなす姿に私も影響を受け、うまいやり方など伝授されたりして割となごやかにすごした。
次の日、鼻で笑われた。
お昼になって、私がまだ作業をしてたらお昼は?と聞かれて○○さんは?と聞き返したら、はんっと鼻で笑われ二人同時じゃまずいでしょ?といわれた。え?そうなんですか?と聞き返したらふんっとまた鼻で笑われた。
なんなんだ!?一緒に食堂にいたこともあったろう?!?
あとで考えてみるとラインが止まるからダメだという意味かな、と思ったけど、いや、私はヤツが食堂でラーメンを食べてるのを見たことがあるので同時にお昼をとったこともあるのだ。たぶんそのときはパートさんが代わりに入って作業をしてくれていたのだと思う。だけどそんなこと言われてみなきゃわからないのだ。それをさもそれが常識みたいな言い方で人を見下す。ヤツはやばい、私のなかで最低ランキングに名前が載った。
よく師匠の技は教えられて覚えるのではなく、盗めという話を聞くが、どこの話だ!?歌舞伎か?私もそれを今この職場でしなくてはならないのか??それについてはすごい疑問だ…。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ