« 鬱 | Main | GW »

2007/6/9

東京の人(未完)  

オダジョーは東京の人。
私にとってはそんな印象。

かしこく生きるのがかっこいいと思えなくなった。
かしこく、ずるがしこく生きるのがかっこいい、そしてかしこく振舞っている自分に身震いするような世界から逃げ出したかった。
だから東京に来た。
なのに、私は。


なのに、私は、かっこよく生きている人に、弱くて自分の弱さから逃げて、めんどくさいことから逃げて、ずるがしこく生きて、成功してて世間的にかっこよく生きているひとに惹かれた。

映画のカレはまさにそんな人。
軽い調子、かっこよく、先の先まで読むような会話。
それに惹かれる人。
そんな振る舞いにあこがれているひと。
そんなふうになりたい、そしてなりつつあるひと。

出演している映画を観るたび思う、ああ、東京の人だ、と。



地方のかっこよさは嫌いだ。
人のよさそうな、マリア様のような寛容さを見せつつ、知り合いをむやみに増やし、そのなかで利用できそうな人を徹底的に利用する、悪魔のようなずるがしこさ。
地方ではそんなふうに生きるのが当たり前だと思っていた。
知り合い増やしに日々没頭し、利用し、玉の輿をねらう。
遅れを取るのがイヤで、バカな競争にのめりこんだ時期もあったが、所詮そんなタイプではないし、性に合わないことは長くは続かない。
わたしには出来ない生き方をこなしている人たちの間から姿を消した。
そんな人たちからは東京に来てからほぼ連絡はない。
ごく少数の連絡内容はやはり私を利用し、知識やらなにかを得て自分が得する、という内容のものばかりだ。
抜け目ない人たちのあいだから私は去った。
今でもその片鱗を見せられると少し吐き気がする。
そういう人こそ、世界の終わりでもゴキブリ並みにたくましく生き延びるのだろう。








0



2007/6/23  11:49

投稿者:satokibi

>SEITAさま

コメントありがとう。
SEITAさんは本当にそういう人たちに嫌なこと言われたりされたりしてきたんだね。
実際利用とかされたりしたら、自分の中に信用できると思っていたのにとても裏切られたようななんだかむなしい気持ちが残るよね。
そういうときってその人たちはきっと、自分だけしか見えていないんだと思う。
自分だけがよければよいというようにそのとき、無意識に思っているのかもしれないね。
それは本当に友達になりたい、信頼しあえる仲になりたい、もしかしたらなれるんじゃないか淡い期待と共に相手を大事に思っていた私達にはとても無情に思えてくるよね。
人って自分の目的とかに向かって前を向いて生きていくものだと思うけど、ときどき振り返ったり、横を向いて一緒にいる人が心配そうに見てることも確認して欲しい、わたしはそう思ったよ。



2007/6/15  7:10

投稿者:SEITA

人を利用する…玉の輿を狙う奴ら…
そんなヤツ等はゴロゴロいるね。
出会いたくない・本当には仲良くなれない連中。

あまり働かなくて低所得なのに、自分より
給料高い人と仲良くなりたがり、人の財布を狙う奴ら。
低所得を理由に奢って貰う・何か買って貰おうとするのが当たり前な感覚で
人に負担を掛させる、礼節をわきまえていない下劣な連中。

そんな奴らを好むセレブも金持ちもいないと思う。
セレブじゃなくたってウンザリさせられる。
相手にしないに限る。相手は子供だ。甘ちゃんだ。
そういう奴らはしつこい。人の財布やモノ狙いの最低な奴ら。
自分から去らなくても、難癖つけて去っていく。
何かを引き合いに、負担を掛させ様と企む人も嫌い。

そんな嫌な経験させられてしまう事は、今でもあるよ。
友達見る目がないなぁと思うけど、
礼節守って仲良くなれないなら、近づくなー!!って言いたい。

以上、友達ってそんなんじゃないと考えてる人の愚痴でしたぁ。


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ