2006/2/25

変なモテ方  

最近、変なモテ方をしている。
モテかた?
モテているというわけじゃないのだけれど、男性が寄って来ることがちょっとある。
たぶん、私の無防備な態度が原因だと思う。

でも東京に来たころは男性が信じられず、極端に打ち解けられず随分おとなしい人物だと思われていた。今もだけど…。
でもここに来て、男性でも信頼できる人がいることがわかってきたので、飲みに行くときもだいぶ無防備になるようになった、どうもそれが原因っぽい。
確かに社会人として、31の女子としては節度がなく警戒心が薄いのかもしれない。
でもわたくしもう31よ!?
いくら無防備にしててもいまだに手を出してこようとする人がいるとは自分では信じがたいというかおかしいよ!もう。
でも別に手を出されたわけじゃない。
心配されただけかもしれないけど、私の気持ちになんか変な感じが少し残っただけ。
ひとりは出張のとき、べろんべろんに酔っ払った私をホテルの部屋まで送ってくれた。たまたま一緒のホテルを取った人に。
けれど部屋の中まで入ろうとしていたので押しとどめて「おやすみなさ〜い!」と言ってあわててドアを閉めた。
そのあと部屋の電話が鳴ったが私は風呂でまったり中だったので出れませんでした。出ようとしたがきれたんだけれど…。
フロントに電話したらすごく意味深な言い方で、私どもは取り次いでいません、一緒にホテルに帰られた方に聞いてみてください、と。
ホテル側では内線ならどんな経路で使われたか把握してるのだろう。
仕事にそういう面は困る。
いや、正確に言えば自分が望んでいないそういう面は困る。
確かに酔っ払って送り届けられるほどよろよろになってしまった私が悪い。けどなんか困る。困るんだ。

そして次は職場の夏祭りで夜店を出したメンバーで飲み会をしたときのこと。
一人の人に口説かれる、スキーに行こう、明日ね。いや明日はちょっと…、というとじゃあさってね。それがすごいテンポで続く…。
実は前からなんとなくそういう雰囲気だったことは気づいてた。
だけれど最近全然顔を合わせていないのでもう大丈夫かな、とは思っていたらやはりまだ健在であった。
彼は半年前婚約者に逃げられみんなに同情の目を向けられている人であった。
わかっちゃいるけど、さみしい心を持ち、人のさみしい心を欲している、それをきっかけに人と仲良くなろうとしている、私はそれがとても気に食わない。親切な人ではあるけれど。
コンビニに入ってもスキーの本を探しているのが、少しあぁ…、とか思う。
でもその人によってわたしの気になる人の隣の席の人を呼んでもらう。
そこで充分に気になる人の情報やお話を聞かせてもらえた。
とても幸せだった、ありがとうといいたい。
と、こんなふうに東京来てから色気のイの字も消して生活していたわたくしであるが、最近少しづつ取り戻しつつあるのか!?
ちょっとしたことで男性が親切にしてくれるのだ。
なんだか変な感じだ…。
私はその気持ちには絶対こたえられないのに…。



クリックすると元のサイズで表示します
0



2006/2/26  22:53

投稿者:satokibi

>SEITAさま

こりは東大の敷地内のなにげない風景です。ブログで使い切れなかった画像を少しづつ関係ないブログでですが公開してゆこうかと…。

2006/2/26  18:11

投稿者:SEITA

キレイな街並みの画像だね☆;:*.
どこの?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ