2018/9/24

ビカクシダの板付けに挑戦  ビカクシダ
クリックすると元のサイズで表示します
バラの夏剪定を今頃行ない追肥も終わって、梅シロップの炭酸割りで一息。柿が色づいてますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
気分がのって来ましたので、三連休の最終日、午後3時からの挑戦。

クリックすると元のサイズで表示します
ハートの看板は、いつかRosepoint の文字をペイントしようと数年前に購入したもの。そこにドリルで穴を開けて、水にふやかしておいた水苔を丸く置き、

クリックすると元のサイズで表示します
根の部分の高さを半分くらいにしたビカクシダ君を被せ、園芸用の紐で押さえていきます。

クリックすると元のサイズで表示します
茶色い貯水葉の奥にある根が、水苔を通って板にくっついていけば、紐はいらないし、看板状に吊るす事も出来るようになりますよ。その頃にはきっと、新しい貯水葉が古い貯水葉や水苔を覆うように成長することでしょう。だといいけどね。初心者だからなー。乾燥しすぎダメ、水やり過ぎてもダメ、寒すぎてもダメ。そりゃ大変だぁ。乞うご期待!

しばらくは寝かせたままの状態で、2階の朝日があたる窓辺の外、ロイヤルサンセットが咲いている場所に置きました。
外気温15度を下回るころにはお部屋の中に入れようと思います。

3


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ