2020/12/3

トム・ムーア監督「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」  映画

アイルランドの神話をベースに、妖精の母と人間の父の間に誕生した兄妹が繰り広げる冒険を描くアニメーション。ケルト3部作2作目トム・ムーア監督「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」Amazonプライムで見ました。






クリックすると元のサイズで表示します





小さなベンは、いつもいろいろなおとぎ話や歌を教えてくれる心優しい母親ブロナーと、父親コナーと共に海沿いにある灯台の家で暮らしていた。赤ちゃんの誕生を心待ちにしていた彼は、ある晩、母に海の歌が聞こえる貝の笛をプレゼントされ、大喜びして笛を抱きしめたまま眠りに落ちる。翌日彼が起きると、妹のシアーシャを残したまま、母の姿はなく……。





映画館で見逃してしまったことを後悔しました。素晴らしい。アイルランドに伝わるアザラシの妖精セルキーの伝説をもとに製作された作品は、「ウルフウォーカー」に勝るとも劣らない絵画のような映像に魅せられ、耳に残り、心が揺れる音楽に身体を委ねながら、小さな兄と妹が母を失った悲しみや日常の苦しみに向かいあい、不思議な世界の大冒険を通して置かれた環境を受け入れるということの大切さを学び、家族の再生を描いたアニメーション映画の傑作でした。最初は、父親の愛が妹にしか向かないことで意地悪をするか話せない兄が、いつしか妹を守る姿に心が震えましたね。



☆☆☆☆1/2




2020/12/3

八津弘幸脚本X杉咲花主演「おちょやん」第1週「うちは、かわいそやない」第4話  テレビ

2020年度後期放送のNHK「連続テレビ小説」第103作は、上方女優の浪花千栄子を題材に、戦前から戦後の大阪で貧しく生まれた少女が女優を目指す生涯をフィクションで描く作品。八津弘幸脚本X杉咲花主演「おちょやん」第1週「うちは、かわいそやない」第4話見ました。




クリックすると元のサイズで表示します




社長の厚意から鶏を売ることができたテルヲ(トータス松本)と千代(毎田暖乃)。意気揚々と家に帰ると栗子(宮澤エマ)が独り。ヨシヲの姿が見当たらない。翌朝から村中でヨシヲの捜索が始まった。居ても立っても居られない千代は懇願し、大人に混じって一緒に探すことに。どうしてヨシヲは一人でこんな山奥に立ち入ったのか。考え込む千代の目に飛び込んできたのは、崖上に転がるヨシヲの草履だった。気付くと千代も行方不明に…






弟思いの姉、新しい母とのバトルや豚の餌を食べるくだりです笑いを取りながらラストなぜ山に入ったか、新しい母を心配する弟の小さい胸の感情に胸熱になりましたね。しかし、ミュージカルスター宮澤エマがこんなヒール役よく受けたなぁ(笑)ほんま憎たらしいな。今回も新しい方言知りました。だんないって大事ないかでしたね。弟思いの姉、新しい母への思いを知った姉はどうするか…明日待ち遠しい。




☆☆☆1/2






2020/12/2

水谷豊×反町隆史主演「相棒season19」 第8話「一夜の夢」  テレビ

ドラマ誕生から20周年、19シーズン目に突入!6年目の水谷豊×反町隆史主演「相棒season19」 第8話「一夜の夢」見ました。





クリックすると元のサイズで表示します






もめる男女を見掛けた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は翌朝、その女性が国会議員を父親に持つ奈穂美(上野なつひ)と知る。さらに奈穂美の婚約者で家具店社長の光一(田中佑弥)が殺され、右京らは奈穂美に結婚を迫りもめていた健介(柏原収史)の元へ。キャバクラの客引きの健介は携帯電話を拾った縁で彼女と知り合った。右京は健介の確固たるアリバイに疑念を抱く。





今回は犯人がわかった上での動機探しとアリバイ崩し。久しぶりにも杉下右京の探偵簿みたいになっていましたが、28年前の恨みはわかったけど、弱味を握るために尾行して運良くその彼女が裏カジノ・・・・。そんな偶然はない。スマホにロックかけずにそんな写真保存するなんてあり得ないし、で結婚までってどうよ。強引すぎる結末をあんな形で終わらせるのは警察の大失態ではないでしょうか。時々スカがあるな相棒…



☆☆☆






2020/12/2

お家パスタは、キャベツとベーコンのペペロンチーノ  グルメ・クッキング

今夜のお家パスタは、キャベツとベーコンのペペロンチーノ作りました。




クリックすると元のサイズで表示します


ズームイン❗


クリックすると元のサイズで表示します



塩と胡椒の塩梅良かったな。


2020/12/2

トム・ムーア監督「ブレンダンとケルズの書」  映画

「ウルフウォーカー」を気に入ったのでケルト3部作の第1弾、アイルランドのケルト装飾写本「ケルズの書」をめぐる少年修道士の冒険を描き、第82回アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされたファンタジーアニメ、トム・ムーア監督「ブレンダンとケルズの書」Amazonプライムで見ました。








クリックすると元のサイズで表示します




9世紀のアイルランド。バイキングの襲来にそなえ、ケルズ修道院を囲む塀を作る大規模な工事が続く中、バイキングに襲われたスコットランドのアイオナ島から、高名な修道士エイダンが、一冊の「聖なる書」を携え逃れて来る。その本には隠された知恵と力が秘められていた。本を完成させるためブレンダンは、インクの原料である、ある植物の実を探しに、危険を冒して、不思議な生き物が隠れ住む魔法の森へ出かける。森でオオカミの妖精アシュリンの助けを得てブレンダンは、無事に実を持ち帰るが、バイキングの襲来がケルズにも迫っていた。ブレンダンは本の力によって、迫りくる闇を打ち砕き、世界に光を取り戻すことができるのか?





お話はやや荒い感じですが美しく気品があり、「ウルフウォーカー」につながるダイヤの原石のような作品でしたね。本作がモチーフにするのは、世界一美しい本と言われる「ケルズの書」。華麗なケルト文様の装飾が施された、福音書(聖書)の写本。その「ケルズの書」から文様が抜け出し、踊るように動き始めるページの素晴らしさ。作り手たちの思いが詰まったラストに心震えましたね。





☆☆☆1/2





2020/12/2

飯豊まりえ主演「そのご縁、お届けします―メルカリであったほんとの話―」第5話「親子編」  テレビ

毎日放送・TBS・ドラマイズム 飯豊まりえ主演「そのご縁、お届けします―メルカリであったほんとの話―」第5話「親子編」見ました。







クリックすると元のサイズで表示します




重岡優子(高橋メアリージュン)は、父の死後空き家になっていた田舎の実家に、夫の重岡俊樹(柳俊太郎)と引っ越してきた。田舎嫌いで実家を出た優子だったが、俊樹は田舎暮らしに憧れがあったようで、優子から畑の存在を聞くと農作業に興味を持ち始める。俊樹は早速近所のおばちゃん・寺尾光江(ふせえり)に畑に連れて行ってもらうと、そこで優子の生き別れた母・川村典子(美保純)の“ある事実”を聞く。その後、俊樹は畑に生えていた花をフリマアプリで売り始めるが、そのことをきっかけに、時が止まっていた親子の運命が動き出す――。





田舎暮らしをしたかった優しくてかなりお節介な夫が、母親に捨てられたことを恨み、意地を張っている妻と、娘を捨てて家を出なくてはならなかった妻の母親の話は、親子丼をベースにメルカリが縁を結びましたね。実に良い話で実話にしては出来すぎかと思ったくらい。孫を囲んでの家族4人で畑を耕すシーンに心のダム決壊しました。



☆☆☆3/4








2020/12/2

お家パスタはしっかり煮込んだスパゲティミートソース  グルメ・クッキング

今日のお家パスタは、挽肉を炒めトマトソースですじっくり煮込んだミートソース。


クリックすると元のサイズで表示します


香辛料がいくつも入っていてなかなか、香りも良い。

ズームイン❗


クリックすると元のサイズで表示します


パルメザンチーズをかけて準備万端です。



クリックすると元のサイズで表示します


うんメェ…

自画自賛(笑)



2020/12/2

トム・ムーアXロス・スチュワート監督「ウルフウォーカー」  映画

アイルランド・キルケニーに中世から伝わる伝説を基に描くカートゥーン・サルーンが、「ブレンダンとケルズの秘密」「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」に続くケルト3部作の完結編として製作された。トム・ムーアXロス・スチュワート監督「ウルフウォーカー」見ました。





クリックすると元のサイズで表示します





中世アイルランドの町キルケニーでは、人々が森に住むウルフウォーカーについてひそかにささやき合っていた。少女ロビンは、オオカミ退治のためイングランドからハンターの父と共に、キルケニーにやって来る。ある日、父の後を追いかけて森に入った彼女は、人間とオオカミが一つの体に共存し、魔力で傷を癒やすヒーラーでもあるウルフウォーカーのメーヴと出会い、仲良くなる。






眠ると魂が抜け出しオオカミに変身するウルフウォーカーと、ハンターの父を持つ少女の友情を映し出すこの映画。映像が絵画のように美しく、瞬きするのも惜しい。まるで上質な絵本を見てるようでにっこり。オオカミを自然に比喩し、人間を自然の破壊者とし、いかに世界が自然破壊されているを描きながら、ウルフウォーカーが人間と自然を共生させる存在とし、我々に警鐘を与え、同時に主人公ロビンとメーヴに女性の自立と解放を、さらに古い価値観や規範からも自由になった社会の在り方を描いた傑作。




☆☆☆☆1/2





2020/12/2

音楽ドキュメンタリーダニエル・ロアー監督「ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった」  映画

多くのミュージシャンに影響を与えたロックバンド、ザ・バンドの歴史をメンバーのロビー・ロバートソンの自伝を基にひもとく音楽ドキュメンタリーダニエル・ロアー監督「ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった」見ました。





クリックすると元のサイズで表示します




ボブ・ディランなど数々のミュージシャンに支持されるロックバンド、ザ・バンド。デビューアルバムのタイトルにもなった「ビッグ・ピンク」と呼ばれた場所でのセッションなどで、メンバーは友情を深める一方、軋轢(あつれき)も生まれていった。そして1976年11月25日、のちに伝説となった解散ライブ「ラスト・ワルツ」がサンフランシスコのウィンターランド・ボールルームで開催される。






2年前に40年ぶりに映画館で見た「ザ・ラストワルツ」1968年「ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク」からのファンですが、ゲストにはボブ・ディラン、エリック・クラプトン、ニール・ヤング、ジョニ・ミッチェルなどといったロック史を彩るキラ星のような顔触れが勢ぞろい。オープニングから出演者全員が「アイ・シャル・ビー・リリースト」を大合唱するフィナーレまで、身体に電流が走りまくりの傑作ライブ。今は亡き、リック・ダンコ、リチャード・マニュエル、レヴォン・ヘルムがスクリーンに出て、歌声を聴くだけで涙が止まリませんでした。彼らを描いたドキュメンタリーをようやく映画館で見れました。ソロになったメンバーのライブは、ロビーロバートソン以外は見ていたのですが、やはりザ・バンドとして全盛期に見たかったですね。彼らの軌跡と別れをロビーのサイドからだけ語られたのがやや不満ですが(笑)彼らを好きな人、ロック好き、バンド好きには映画館でザ・バンドの音楽を体感出来るだけで幸せな気分になれますね。



☆☆☆3/4



2020/12/2

八津弘幸脚本X杉咲花主演「おちょやん」第1週「うちは、かわいそやない」第3話  テレビ

2020年度後期放送のNHK「連続テレビ小説」第103作は、上方女優の浪花千栄子を題材に、戦前から戦後の大阪で貧しく生まれた少女が女優を目指す生涯をフィクションで描く作品。八津弘幸脚本X杉咲花主演「おちょやん」第1週「うちは、かわいそやない」第3話見ました。




クリックすると元のサイズで表示します




栗子(宮澤エマ)を引き留めるため、一獲千金を狙い、飼っていた鶏・流星丸を売る決断をするテルヲ(トータス松本)。そこで、千代(毎田暖乃)を連れ、観賞用の鶏の品評会が開かれるガラス工場の社長の屋敷を訪れる。周りの他の売り手たちが、千代が見たこともない立派な鶏を次々と差し出すものの、鋭い眼光の峰岸社長(佐川満男)は、いっこうに首を縦に振らない。緊張が張り詰める中、ついに千代たちの流星丸の番が巡ってくる…





あれ?昨日とは全く異なった雰囲気になりましたね。千代の周りで味方は、死んだ母親と弟だけかと思ったら、ガラス工場の社長峰岸が味方につきましたね。社長の前で「うっとこ 貧乏やさけ まともに餌やられやぃんねん。せやさけ この子は いつも おなかが減って大声で鳴いとんねん。この子の鳴き声は 生きるための鳴き声さけ。せやのにな 見た目だけで判断するやて」とまくしたて、社長のこと気を引いた後のビー玉エピソードには不覚にも涙。何の縁があるかわかりませんね。



☆☆☆3/4







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ