2022/5/20

日本でも  

日本でもUFOタブーは存在しますが、2020年8月にグァム準州アンダーセン空軍基地においてマーク・エスパー国防長官と河野太郎防衛大臣との間でUFOについてアメリカ国防総省と連携して対応する事に合意しました。

アメリカでは未確認空中現象タスクフォース(UAPTF)の活動が2020年8月17日から実質的に始まっていましたが、日本ではグアムの合意に基づいて、9月8日に河野防衛相が自衛隊機がUFOと遭遇した場合の対処方針を間もなく決定すると発表しました。

その後、9月14日にUFOを含めた識別不能の空中物体の目撃を記録し、報告する様に自衛隊に指示を出しています。


クリックすると元のサイズで表示します
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ