2022/1/24

アマチュア無線の  

アマチュア無線の7MHzSSBで電波障害が出たのは2018年9月の事です。

ノイズでほぼ通信不能な状態が半月以上続きましたが、原因は太陽コロナの異変によるものでした。大きな惑星UFOが太陽表面を横切り、多くのスカウトシップ群が多く飛び出している映像がフェイスブックなどに出ました。

この情報を抑える為に、各国の国立太陽観測所の緊急閉鎖を行なったのです。多くのUFO群の映像が出回るのを防ぐ為に、観測所職員などを全て建物の外に出して、太陽観測所を閉鎖しました。

この閉鎖にはFBIが立ち合い、市当局や太陽観測所の職員には何も知らされずに退去を命じられましたが、15日間もの長い間続きました。建物にはFBIが通信のアンテナを立てていました。

後にこの事件はテロが逃げ込んだ為と置き換えられ、太陽を横切る巨大な惑星UFOと多くの飛び出したスカウトシップ群の映像は公開されなかったのです。

後にこの太陽コロナから飛び出した多くのUFO群がサラスバと成り、世界的なパンデミックを起こす元と成るのです。


クリックすると元のサイズで表示します
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ