2022/1/24

生と死が  

生と死が在る限り、立て分けは必要です。

男と女、光と闇、空と海などブロック分けを行なわないと現状世界の維持は困難に成ります。

神話の古事記では、生と死はイザナギ・イザナミのヨモツヒラ坂の話で理解出来ます。

イザナミが死んだ後、イザナギはイザナミを訪ねて黄泉の国(死の世界)に行きますが、あまりにも汚れてフィールドが異なる事に決断し、黄泉の国と現世を立て分ける為にヨモツヒラ坂に大岩(塞の神)で遮断します。

これにより黄泉の国(死の世界)はイザナミ、ウツシヨ(現世)はイザナギの担当と成ったのです。この後、イザナギは禊祓いを行ない、三貴神のアマテラス・ツキヨミ・スサノオを産みます。


クリックすると元のサイズで表示します
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ