2021/6/4

金星の母船へ  

オーソン・ファーコン・ラミューと供にスカウトシップに乗り込んだアダムスキーは、1万2千メートル上空に滞空している金星の母船へと到着しました。

プラットホームから滑り込む様にドッキングすると自動的に格納庫へと向かい、着いた場所には作業員の人がスカウトシップをクランプで固定しました。

アダムスキーは母船を案内して貰いましたが、壁には若い創造主の肖像画が飾って在りました。スペースブラザーズは常にこの肖像画を観てバイブレーションを吸収し、歳を採らないそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ