2021/1/18

レイモンド・パーマーは  

レイモンド・パーマーと言う人物は、地球外生命体が地球を訪れているという意見を既に公表していた「アメージング・ストリーズ」誌の編集者です。

パーマーは1946年7月に、「もしあなたが各国政府の担当部局が地球に宇宙船が地球を訪れているという事実に気づいていないとお考えなら、われわれはあなたとは違った考えを持っている」と述べましたが、これはそれ以降のUFO現象を説明しようとする人々に共通する考え方でした。

「アメージング・ストリーズ」の1947年10月号で、パーマーはアーノルドの目撃体験について、「事実を総合すると、これらの飛行物体は現在ある地上のいかなる文明にも属していないし、その可能性もないことは明らかだ」と書いています。

クリックすると元のサイズで表示します
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ