2020/8/7

五箇山は  

五箇山は合掌造り集落も在りますが、神が降り立った天柱石も存在します。

富山県滑川市の天神人祖一神宮でミドの神様が出神され、天柱石に招かれましたが、此処でエホバ神と対面しました。

オアスペの書によると7万8千年前が創世記と成っていますので、此処でアスやイヒン・ドルークなどが創られた事に成ります。第3ガルドの間に縄文人種として現代のイフアンが形成されたのでしょう。

日本列島は1万2千年前に形成され、縄文飛騨人が日抱神事を行なっている時にムー大陸の神官が天降って来たので、これが人祖のイヒンに当たるのかも知れません。

聖書ではアスがアダムで、イヒンはアベル、ドルークがカインとされています。現代人のイフアンはアブラハム以降と成るのでしょうか?


クリックすると元のサイズで表示します
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ