2020/7/14

武塔天神は  

武塔天神はスサノオの化身で、北海から南海まで遊業しましたが、兄のコタンはすれなくしましたが、その時に恩を受けた蘇民将来の家族・親族に厄除けの茅の輪を授け南国へ向かいました。

南海の帰りに女房と子供8人を連れて同じ村を通りましたが、蘇民を除く兄とその他の村人達はすべて疫病に罹り死んでしまいました。

以降、蘇民将来子孫は茅の輪で身の穢れを祓う事で、疫病から逃れる神術を身に付けました。


クリックすると元のサイズで表示します
8



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ