2020/5/25

ノアの箱船  

「ノアの箱船」に付いては名前ぐらいは聴いた事のある人が多いと思います。

年月が流れ、堕落した人々が多い中で、ノアの家族だけは主に対して敬虔な信仰を持っていました。

ある時、神はノアに顕れました。「堕落した人々を滅ぼすので、おまえと家族は船を創り、四十日四十夜の災厄から逃れよ。」

細かい設計の寸法などを神はノアに伝えましたが、町の人々は船を創るノアの家族を笑いました。そして災厄の一週間前にあらゆる動物のツガイがノアの箱船の所に集まって来ました。

全ての動物のツガイを船に乗せるのに一週間が経ちましたが、ノアと家族は箱船に乗り、入口を閉じました。

やがて雨が降り始め、次第に豪雨と成り、四十日四十夜降り続け、町と人々は全て沈んでしまったのです。四十日四十夜を過ぎ、海原に浮かぶ箱船の戸を開け、ノアは鳩を飛ばします。

何日か経ち、鳩はオリーブの枝を加えて戻って来ました。近くに生活出来る島が在るのです。そしてノアの箱船はそこへ到着しました。


クリックすると元のサイズで表示します
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ