2020/2/15

飛蝶連総会は  

飛蝶連総会は2月15日(土)夜7時から浅乃橙で行なわれました。

明日のセミナーが有るので8時半位に先に退座させて戴きましたが、隣の男性が祭灯籠の絵を描く人だったので、少し話をさせて戴きました。

1880年には日本で新潟が一番人口が多かった事や、現在でも人口密度で白根が一番神社の数が多い事などを話させて戴きました。

日本列島が世界五大陸の縮図で在る事、新潟県が本州の縮図で創られている事なども話しました。高千穂に降りられた天孫ニニギノミコト様を迎えるのにサルタヒコノミコト様が働かれて、その神様が波動情報研究所のウブスナで大通神社に祭られている事も話しました。

白根は根の堅洲国で在りスサノオ様の神縁地ですが、諏訪神社のタケミナカタノミコト様が長野の諏訪神社に入られるまでの経過も話させて戴きました。

神様を祀るのが祭りで在り、太鼓は太古に通じ、笛は神様を勧請する音色なのだと言う事を若い人達に伝えて行って戴ければと思います。神様と一体に成る事が意乗りであり、祈りと成った事などを知って貰えれば神様も喜ばれると思います。

隣の男の人も高龍神社で眷属の2匹の蛇に迎えられたと言う奇跡を持たれていますので、神向きされれば神様も喜ばれる事でしょう。

抽選会は6番でしたが、朝のおかずセットが当たりました。良かったです。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
8



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ