2020/2/11

神話は古事記で考える  

界では神様の神話は古事記を基に考える事にしています。

神話には色々な物が在りますが、全て古事記に集約されますので、古事記の神様の名前で考えれば良いと思います。

サラスバ的には太陽はアマテラス、月はツキヨミ、地球はスサノオですので、スサノオ神系の神統が基に成っている事を理解して戴きたいと思います。

アーテンノーはハレー彗星で地球に入殖しましたが、天界から地界へと降ろされる型とシンクロします。

天(神界)から心の世界(霊界)へと波動を結んだのがアメノトコタチノカミで、心と人間界を結んだのがクニトコタチノカミと成ります。クニトコタチノミコトはスサノオノミコトとシンクロします。

クリックすると元のサイズで表示します
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ