2020/1/7

指針は  

指針はアダムスキー全集の第1巻「第二惑星からの地球訪問者」です。

この本には1952年11月20日にジョージ・アダムスキーがカルフォルニア州のデザートセンターで金星人オーソンと会見した顛末が書かれています。

このコンタクトは他に同行した6人も遠くから目撃して、金星人オーソンが砂地に付けた足跡の鋳型も取っています。翌日には新聞社に投稿して宣誓書も提出しています。

この最初のコンタクトを信じなければ以降のコンタクトも空想に終わってしまうでしょう。スペースブラザーズは私達と同じ肉体と血液を持った異星人で、創造主を敬い宇宙を旅して学習をしているのです。私もアンドロメダから来てUFO母船スーサから地球に降り立ちましたので、このコンタクトを完全に信じる事が出来るのです。

クリックすると元のサイズで表示します
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ