2013/9/17  23:06

旅行 1 出発から竹田城  

9月15日日曜日 朝6時

台風が近づいている中、自宅を出発

岐阜羽島からこだまにて新大阪へ

岐阜は雨模様だったけど大阪に着く頃には晴れ間が!

クリックすると元のサイズで表示します


気を良くした私たちはすかさずアルコール

クリックすると元のサイズで表示します

電車の旅はお気楽です。

隣で夫が旅のスケジュール確認
クリックすると元のサイズで表示します

こういうことはマメな人です。

JRで乗り継いで福知山から和田山へ
だんだん天気が怪しくなってきました。

和田山駅から見える廃屋?
クリックすると元のサイズで表示します

レンガの感じが良かったので撮影してみました。


駅前でボランティアガイドのNさんと合流
Nさんの車で本日のメイン
日本のマチュピチュと言われる竹田城(虎臥城)跡へ

この時から雨が降りだしました。

眼鏡橋と言われる陸橋をくぐり
クリックすると元のサイズで表示します


竹田城の駐車場で車から降りる頃には
雨も本格的になってきました。

雨でぬかるんだ山道を
転ばないように細心の注意を払いながら登っていくと
城跡の石積みが


クリックすると元のサイズで表示します


お城の形は無いけれど
強固に積まれた石だけが
幾度もの天災や戦乱に崩されることなく残っています

上から見下ろすと本当にマチュピチュに似ています
クリックすると元のサイズで表示します


秋から冬にかけての明け方には
雲海の中に浮かび上がり、まるでラピュタのように見えるみたいです

クリックすると元のサイズで表示します

<Webサイト参照>

一生に一度は見てみたい風景です

ガイドのNさんの名調子に
雨の中でも素晴らしい観光ができました。

Nさん、ありがとうございました


そして・・・
こんな山の上にも(山の上だから必要なのかも)AEDが
登っている時にチェックしましたよ
クリックすると元のサイズで表示します

医療従事者としてはやはり見逃すことのできないものです

それから・・・
ほとんどの方が靴で登っていましたが、
サンダルやクロックス、中にはピンヒールを履いた強者も・・・
そんなに高い山ではないけれど、怪我なく下山できたのか疑問です
場所に相応した服装、履物を考えましょうね〜

竹田駅に着く頃には雨も激しくなっていました
今夜の宿まで電車で移動します。
0
タグ: 竹田城



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ