尼将軍:貞子 爆誕!!!?? ブログ「貞子ちゃんの連れ連れ日記」が、有料まぐプレ「資産形成・マクロ経済 de あそぼ♪」の創刊とともに、リニューアル・オープン! 2009年4月末、大不況の入口で、ついに、貞子の進化系モンスター「尼将軍:貞子」爆誕!!!! 「自分だけ貧乏?」「自分たちの世代だけが貧乏くじを引いた??」「明日は今日より貧乏になる???」と感じたとき、悔しさや怒りを覚えるのは、心理学の見地から見ても、「正当」かつ「健全」な感情です。 わたし達や私たちの子供達は、将来も物心ともに豊かに暮らし続けたいと願う「正当な権利」を持っています。 このブログは、15歳の我が娘が大人になる10年20年後の日本経済を見据えて書き綴る日記です。 「持続可能な豊かさを維持してゆくことへの希望」を決して捨てません。 中長期的視野に立った金融・経済・福祉・心理学中心の「戦う母親ライター日記」です。

2009/12/14

資源コモディティー価格の高止まりと人口減少で縮む日本経済。どう生き延びるのか?  

資源コモディティ―価格の高止まりと人口減少の中で、今年も縮み行く日本経済。その中で、私たちは、どう生き延びるのか?

以下、明日12月15日午後3時(15時配信)の貞子メルマガの一部抜粋引用です。

(以下、一部抜粋引用、チラリズム始まり)


21世紀は、新興国群の人口爆発時代であり、資源コモディ ティー価格は、将来とも、高止まりする。こちらも、とてもとても 重要な視点です。

資源コモディティー価格が高止まれば、先進各国の中で一番疲弊するのは、 日本経済です。

1997年からこのから10年間以上、企業業績が上向いても上向 いても、勤労世帯の所得が上がらなかったのは、日本の経営者だけ が能力が低かったわけでも、日本の勤労者だけが怠け者だったわけ でも一切なく、資源コモディティー価格が上昇した分だけ、日本の 勤労世帯の所得に「しわ寄せ」が行ってしまったからなのです。不況にな ればなったで、資源コモディティー価格の高止まりの中で、企業の 業績が落ちると、経費としての「勤労世帯の所得」だけが削られて しまったからなのです。

この「貞子メルマガのチラリズム」の続きは
   ↓
新貞子ブログ、http://blog.livedoor.jp/sadakoblog/archives/1861311.html

にて、是非ともお読みください。
m( )m

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ