尼将軍:貞子 爆誕!!!?? ブログ「貞子ちゃんの連れ連れ日記」が、有料まぐプレ「資産形成・マクロ経済 de あそぼ♪」の創刊とともに、リニューアル・オープン! 2009年4月末、大不況の入口で、ついに、貞子の進化系モンスター「尼将軍:貞子」爆誕!!!! 「自分だけ貧乏?」「自分たちの世代だけが貧乏くじを引いた??」「明日は今日より貧乏になる???」と感じたとき、悔しさや怒りを覚えるのは、心理学の見地から見ても、「正当」かつ「健全」な感情です。 わたし達や私たちの子供達は、将来も物心ともに豊かに暮らし続けたいと願う「正当な権利」を持っています。 このブログは、15歳の我が娘が大人になる10年20年後の日本経済を見据えて書き綴る日記です。 「持続可能な豊かさを維持してゆくことへの希望」を決して捨てません。 中長期的視野に立った金融・経済・福祉・心理学中心の「戦う母親ライター日記」です。

2009/12/9

前代未聞の大手欧米金融機関の大型合併、TARP、 ヘリコプターマネー、時価会計ルールの緩和  

「2009年を振り返って〜前代未聞の大手欧米金融機関の大型合併、TARP、 FRBのヘリコプターマネー、そして「時価会計」ルールの緩和〜」

前代未聞の2009年を振り返って。

2008年末からこの1年間で起きたことは、前代未聞の世界同時金融危機の中で、

欧米金融機関の大型合併劇やら、TARPによる公的資本注入劇、さらには、1兆ドル規模のFRBのヘリコプターマネー大作戦、そして、とどめは、「国際会計基準のルール変更」。

本当に、この1年余り、世界金融の舞台では、ドラマに次ぐドラマでした。

ということで、貞子メールマガジン12月8日号は、さきほど(午後3時10分)配信手続きを完了しました。


題名と目次は、新貞子ブログ
         ↓
      http://blog.livedoor.jp/sadakoblog/

にて、ご紹介しております。

(お急ぎの方は、第三章と第四章だけをお読みください。)




人は、生きてゆく上では、誠に好都合な「忘却」という「特技」を持っています。

けれども、不快な記憶をすべてを忘れてしまうということは、「学習能力がない」ということと、イコールでもあります。

2009年も残り20日余りになりました、
年の瀬も押し迫ってきておりますが、

貞子まぐプレ12月8日号では、今回の未曽有のグローバル規模での金融危機において、改めて、「金融危機が峠を越えたように見えても、私達が最低限決して忘れてはいけないこと」、およそ四つほどを、ざっくりと網羅してみました。

(残りは、来週号になります。)


最初の一か月は、無料購読できます。
今、購読予約されますと、12月分のバックナンバーが、すでて送られてきます。
m( )m


メルマガ登録・解除




0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ