尼将軍:貞子 爆誕!!!?? ブログ「貞子ちゃんの連れ連れ日記」が、有料まぐプレ「資産形成・マクロ経済 de あそぼ♪」の創刊とともに、リニューアル・オープン! 2009年4月末、大不況の入口で、ついに、貞子の進化系モンスター「尼将軍:貞子」爆誕!!!! 「自分だけ貧乏?」「自分たちの世代だけが貧乏くじを引いた??」「明日は今日より貧乏になる???」と感じたとき、悔しさや怒りを覚えるのは、心理学の見地から見ても、「正当」かつ「健全」な感情です。 わたし達や私たちの子供達は、将来も物心ともに豊かに暮らし続けたいと願う「正当な権利」を持っています。 このブログは、15歳の我が娘が大人になる10年20年後の日本経済を見据えて書き綴る日記です。 「持続可能な豊かさを維持してゆくことへの希望」を決して捨てません。 中長期的視野に立った金融・経済・福祉・心理学中心の「戦う母親ライター日記」です。

2009/9/23

今の日本の政治の最高権力者は小沢一郎氏?  

シルバーウィークも終わりに近付きました♪

今日もよい天気ですね。


貞子は近場でわが夫と一緒に過ごしました。
砧(きぬた)公園あたりで、夫婦でぼんやりのんびり過ごしたり、家の中やベランダの大掃除をしたり・・・。

というか、家の中の大掃除は、年年歳歳、お掃除がへたくそになっている妻に見かねて、わが夫がかなり頑張ってくれました。(^^;

私はベランダ園芸に、けっこう夢中になりました。


世田谷のほうは、すこしだけ景気が良くなっています。
大通りに面しているお店には、人出が増えています。

100年に一度の危機などと報道されて、それなりにびっくりした消費者(いわゆる「いそぎんちゃく現象」)がお財布の口を絞めていたのですが、

時間経過とともに、「なんだぁ〜〜〜、自分たちには何も起きなかったね〜〜〜」みたいな感じで、サイズダウンした一部の消費者がふたたび街に繰り出しているような・・・・。
世田谷では、この夏の始めから、美容院もレストランも散髪屋さんにも、客足がそれなりに戻り始めているようにも見受けられます。

ということで、貞子まぐプレ臨時増刊9月23日号は、今日午後4時(16時)過ぎに配信します♪

題名は、「日本特有の政治リスク〜民主党政権になって、何が変わり、何が変わらないのか〜」です。


鳩山由紀生民主党政権が誕生しましたが、民主党政権の最高権力者
は、小沢一郎氏であるとのこと。

それでは、「鳩山由紀生とは、何者なのか?」ということになりま
すが、なんとなく、日本風に記せば、「民主党で院政(恐怖の帝政)
を引くことに成功した小沢氏が、鳩山由紀生氏の『清潔感』を巧み
に利用して、由紀生氏を民主党代表に祭り上げて、鳩山由紀生氏を
『小沢一郎の傀儡(かいらい)』として、巧妙に仕立て上げている」
ということになるでしょう。
今の小沢一郎氏が民主党の代表になっては、国民の支持率は下がりま
す。国民の支持を広く得るためには、鳩山由紀生氏の「クリーン」
なイメージはとても大切です。

けれども、その鳩山由紀生氏を後ろで巧みに操っているのは、「壊
し屋」の異名をとる小沢一郎氏ということになります。

ですから、「今の民主党政権は、鳩山由紀生政権ではなく、実は、
小沢民主党政権である」と、見れば、政局も理解しやすいと思います。

俵総一郎氏によれば、壊し屋とあだ名されている小沢氏は、本当に、「生ま
れ持っての壊し屋」なのだということだった。

今度の総選挙では、国民は政権交代を望んだが、その民主党の最高
権力者である小沢氏は、実は、政策には一切興味がなく、ただただ
民主党をもぶっ壊すことにしか、興味を抱いていない人なのだそうだ。



以下、貞子メルマガ9月23日の臨時増刊号の題名をと目次をコピペして貼っておきます♪


――――――――――――――――――――――――――――――

題名:日本特有の政治リスク

〜民主党政権になって、何が変わり、何が変わらないのか〜

――――――――――――――――――――――――――――――
【目次】

1、民主党の最高権力者は「壊し屋」の小沢一郎氏

2、小沢民主党政権は、毛沢東のような帝政にならないのか?

 〜高度成長が終わっても、民主主義が根付かなかった日本〜

3、成長と政策には全く興味がない民主党政権

4、子供手当以外は、あいまいに問題を先送り?

  〜天下り禁止・沖縄密約問題・高速道路無料化・ 
      群馬県ダム問題などなど〜

―――――――――――――――――――――――――――――


メルマガ登録・解除




1



2009/9/24  4:52

投稿者:takubo

いつも、怖い目次には驚かされてばっかしです、、、

これでは圧倒的な民意での選挙結果での新政権って、おれおれ詐欺じゃん。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ