尼将軍:貞子 爆誕!!!?? ブログ「貞子ちゃんの連れ連れ日記」が、有料まぐプレ「資産形成・マクロ経済 de あそぼ♪」の創刊とともに、リニューアル・オープン! 2009年4月末、大不況の入口で、ついに、貞子の進化系モンスター「尼将軍:貞子」爆誕!!!! 「自分だけ貧乏?」「自分たちの世代だけが貧乏くじを引いた??」「明日は今日より貧乏になる???」と感じたとき、悔しさや怒りを覚えるのは、心理学の見地から見ても、「正当」かつ「健全」な感情です。 わたし達や私たちの子供達は、将来も物心ともに豊かに暮らし続けたいと願う「正当な権利」を持っています。 このブログは、15歳の我が娘が大人になる10年20年後の日本経済を見据えて書き綴る日記です。 「持続可能な豊かさを維持してゆくことへの希望」を決して捨てません。 中長期的視野に立った金融・経済・福祉・心理学中心の「戦う母親ライター日記」です。

2009/6/26

アメリカ失業率上昇と第三次世界大戦への伏線。(貞子セミナーへのお誘い)  

アメリカ国内で、海外からの留学生を受け入れる家庭は、アメリカ国内では地方都市の経済困窮家庭が多いことを、みなさん御存じだろうか。
これはイギリスとて同じ。

実際、わが娘の友人の中に、一人だけ、アメリカでの1年間の留学を志している女の子がいる。
この女の子のアメリカでのホームステー先が、今年の夏から海外へと旅立つ子供たちの中で、いち早く、決まった。

ところがなんと、そのホームステー先は、まだ小さな子供が二人いるシングルマザー家庭で、日本から受け入れる留学生が決まったや否や、そのご家庭のお母さんは即座に軍隊入隊(子供を残しての軍隊への単身不妊、もとい単身赴任)を決断してしまった。

今は、そのご家庭のお母さんは、自分の留守中に自分のおさない二人の子供たちの日頃の面倒を見てくれる日本留学生が早くアメリカに到着してくれることを、心待ちにしているという。


アメリカの失業者の速報(先週の速報)が、予想以上に悪化していましたね!
アメリカ国内の失業率が10.0%を超えるのは、まじかでしょう。
そして、この失業者のほとんどが、女性か黒人。


こういった統計上の失業率や失業者以外にも、冒頭で述べたように、軍隊へ志願することで、なんとか失業者として統計に組み込まれない人々も、実際には存在しているのです。


今回のアメリカの失業率上昇(先週の速報)の直接の原因は、さまざまな州政府の発行する地方債の金利が上昇しらり、さまざまな州政府が財政難に陥り始めて、今までなんとか雇用者数を増やしていた州政府が、教育部門などの雇用者を解雇せざるを得なかったことが大きな原因となったのようです。


アメリカの長期金利の上げ下げに対して、内外のマーケットがかなり敏感に動いております。

まさしく「アメリカの長期金利に内外のマーケットが一喜一憂している」かのように、見受けられます。

オバマ新政権は、2009年は、「景気浮揚策」と称して、年間に2.0兆ドル(日本円にして、およそ200兆円!!!)もの「前代未聞」の超大量のアメリカ国債を新規に発行することによって、大規模財政出動をして、引き続きアメリカ国内の景気を浮揚し続けるつもりです。

果たしてバーナンキFRB議長は、この超膨大なアメリカ国債を買い支え続けられるのでしょうか?

ところで、保守党出身のバーナンキ議長は、オバマ民主党政権下でも、FRBの議長の座に座り続けられるのでしょうか?

バーナンキFRB議長の任期は、来年2010年1月末に切れます。

FRBは、物価と失業率においては、大変重要な責任を担っている中央銀行です。

保守党出身のバーナンキが金融のカジ取りを間違えなかったとしても、アメリカ国内の失業率が上昇し始めたら、バーナンキはオバマ民主党政権からFRB議長の座を追われるかも知れません。

既に、アメリカ国内では、次の(来期2010年2月1日からの)FRB議長に、民主党出身のサマーズ(ルービンと仲良しで、ルービンの後にアメリカ財務長官を務めた人物)を推す声が上がって来ています。



ところで、イランも今はきな臭いですね!!!

イランはウラン濃縮を北朝鮮などのアンチ・アメリカ経済圏へ輸出している国であり、かたや北朝鮮はイランへミサイルを輸出しております。

北朝鮮がミサイル実験に「国家の威信」をかけているのは、ミサイル実験に成功したならば(結局、この実験は成功してしまいましたが・・・)、イランをはじめとするアンチ・アメリカ経済圏へと、ミサイルを輸出できて、北朝鮮は外貨を稼げるからなのです。

あのベトナム戦争を始めたのは、「国家!国家!!!」といつも「国家」を口にしていた民主党政権の、アイリッシュ出身(アメリカ国内では珍しくWASPでなかった人)の国粋主義者:ケネディーだったことを、私達は決して忘れてはいけません。

アメリカ国内でも、不況時に傍流から頂点にまで上り詰められる人は、「国家に忠誠を誓う国粋主義者である」といった、必要最低限の「条件」を満たさないといけないのです。

【追記】池田信夫Blogでも、不況期こそ、多くの有権者は間違った政策する人を政治家として選んでしまうといった内容のブログがアップされていたので、リンクを張ってご紹介。なにとぞ実際に飛んで行って、ご熟読ください。
   ↓
「選挙の経済学 投票者はなぜ愚策を選ぶのか」
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/37f1302747b360122d3b7b0ca86c0efe



こういった状況を、来週6月30日配信の貞子まぐプレ「資産形成・マクロ経済 de あそぼ♪〜ゆっきりじっくりお金持ちになろう〜」では、詳しく説明しております。

メルマガ登録・解除


 


結論だけ言えば、私たち日本国内の地道な資産形成者は、混迷を極める「ポスト・サブプライム危機」時代においては、非常に短いサイクルで、猫の目のように眼まぐしく変わるマーケットには、いちいち「一喜一憂」していてはいけません。あまり敏感に反応していてはいけないのです。

もっと広い視野に立った、深い洞察力で、長期のスタンスをも見据えながら、バブル多発型物価下落の時代を逆手に取りながら、地道に資産形成してゆきましょう♪



そこでふたたび、しつこく、7月11(土)の「貞子まぐプレ・ブログのセミナー&親睦会のお知らせ」です♪

かつて、バリバリのプロの方のセミナーを応援していたころも、今回と同じような「出だし(反応の遅さ)」だったのですが、

自分のセミナーとなると、同じような「出だし(反応の遅さ)」だと、わたし、初めての経験だけあって、初めてのセミナー企画体験だけあって、処女みたいにかなり焦っちゃって、今、かなりハラハラ・ドキドキ、ションボリしております。(T T)

人間ってやっぱり、人のことになると焦らないのに、自分のことになると焦ってしまうんですね。(貞。貞);アセ汗〜〜〜。

「貞子まぐプレ・ブログのセミナー&親睦会」の参加者数には、定員40名まで、まだまだ余裕があります。

セミナー企画・処女の貞子に、愛読者の皆様の「愛の手」をお待ちしています♪(T T)

【追記】大変うれしいことに、ハワイ・ホノルルから、あるいは東北や北陸から、などなどの遠隔地からのセミナー参加者が大変多いです。
遠隔地からの参加者さまには、この場を借りて深く深くお礼申し上げます!!!【追記終わり】



「ミニバブル多発型物価下落という長期大不況の時代にあっても、地道なマネーゲームで副収入をゲットしてゆこう♪(資産形成でBuy&Forgetして Buy&Give Upしないために)」セミナーは7月11日(土)の午後2時からです!!♪

貞子メルマガ・ブログの愛読者の方々におかれましては、ぜひとも、出席の検討のほど、よろしくお願いします!
m( )mぺこ〜〜〜。

下記の申込用紙の部分をメールにコピペして、記入項目にチェックを入れて、出席予約のメールをMMNFujii@aol.comまで、送付ください!!♪




・・・・・・申し込み用紙(切り取り)・・・・・・・・・・・・

7月11日(土)の「貞子まぐプレ・ブログのセミナー&親睦会」で、

セミナーと懇親会両方のご出席(14:00〜17:00)
セミナーのみのご出席(14:00〜15:30)
懇親会のみのご出席(15:30〜17:00)

(上の三つのうち、必ず、どれかに○を付けてください)

を、希望します。


お名前                            

お職業(ざっくりでもOKです♪)                 

ご住所(ざっくりでもOK♪)                   

メールアドレス・お電話番号(ご希望者のみでOK♪)        


・・・・・・・・・切り取り・・・・・・・・・



【セミナー&親睦会の会場の地図】は、下図の通りです。

クリックすると元のサイズで表示します




3




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ