尼将軍:貞子 爆誕!!!?? ブログ「貞子ちゃんの連れ連れ日記」が、有料まぐプレ「資産形成・マクロ経済 de あそぼ♪」の創刊とともに、リニューアル・オープン! 2009年4月末、大不況の入口で、ついに、貞子の進化系モンスター「尼将軍:貞子」爆誕!!!! 「自分だけ貧乏?」「自分たちの世代だけが貧乏くじを引いた??」「明日は今日より貧乏になる???」と感じたとき、悔しさや怒りを覚えるのは、心理学の見地から見ても、「正当」かつ「健全」な感情です。 わたし達や私たちの子供達は、将来も物心ともに豊かに暮らし続けたいと願う「正当な権利」を持っています。 このブログは、15歳の我が娘が大人になる10年20年後の日本経済を見据えて書き綴る日記です。 「持続可能な豊かさを維持してゆくことへの希望」を決して捨てません。 中長期的視野に立った金融・経済・福祉・心理学中心の「戦う母親ライター日記」です。

2009/6/16

祝!鳩山邦夫氏辞任&鳩山邸写真公開&郵政から流れる特殊法人への無駄金の現実。  

鳩山邦夫が総務大臣を辞任してくれた。
(T T)遅ればせながら、うれし泣き〜。
日本の政治は、「最悪の選択」だけは選びとらなかった・・・。
「日本はまだまだ捨てたものじゃない」と、かなりほっとした♪

あとは、鳩山邦夫氏が政界から完全に引退してくださるのを待つだけだ・・・。

さらに、後は、兄の鳩山由紀生氏が民主党代表を辞任してくれるのを待つだけだ。

この二人は政界から完全に引退して、「天然系お笑い芸人」として再出発するか、あるいは、鳩山家の私有地である「鳩●林」という名の広大な雑木林で、二人仲良くお手手つないで、毎日お散歩して暮らすか、そのどちらかの再出発をしていただきたいものです。

兄の由紀夫氏がいかに「ノンワーキングリッチ」たちの味方をして、日本経済の活力をそいでいるかを、説明しているブログ記事をご紹介します。

池田信夫Blogの
   ↓
「派遣切りという弱者を生んだもの」
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/b8745dc4fc13eabed793f6f5cf21bfb1

参考にならないかも知れませんが、ご参考までに、この鳩山兄弟が生まれ育った文京区音羽の旧鳩山邸の写真を張っておきます。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、この写真の邸宅は、鳩山兄弟の御父母君が亡くなられたときの相続時に、物納されて、いまでは「鳩山会館」と名前が変わっていいます。

けれども、こんな桁違いのご邸宅で育った兄弟が、兄はノンワーキングリッチの味方になったり、弟が国粋主義者になることは、すこぶるうなづけてしまうのである。
けれども、この兄弟が、今の経済が混迷している日本で、国内の政治改革ができるとは、とてもじゃないけど考えられない。
そんな私は、ひねくれものだろうか・・・・???


愛読者の方から、
「一つだけいいですか、あなたの言われることでわからないことがあるのです。それは、鳩山大臣が辞任してよかったということです。私はマクロ経済の何たるかも理解してない素人ですが、新聞やネット情報、本はよく読んでいます。やはり今回の問題、片一方で改革推進、規制緩和の旗を振りながら、片方で売りに出された国民の財産を安く買う。これはどう考えてもインサイダー取引みたいなもんだなと思いますよ。もっと郵政会社は高く売るべきなのではないでしょうか。国民でそう思っている人は多いようで、麻生内閣の支持率は早速下がったし、西川さんは辞めるべきと思っている人も、圧倒的に多いと思います」

とのご質問をいただいたので、お答えします。

以下の図表をじっくり眺めてみて下さい。(図表をクリックすると、大きくなります。)

この図表は、平成16年(2004年)の「郵政民営化改革」を境に、それまでの国家の超膨大な無駄使い(お金)の流れを、平成12年(2000年)と比べると、どのように変わるのかをざっくり示したものです。

図表の真中の「財務省の財政投融資資金」を中心にして、何百兆円単位の超膨大な無駄使いの金の流れを変えようとした「郵政民営化改革」の中身が、一目で分かる図表になっているのが、下の図なのです。

ちなみに、2004年とは「郵政民営化選挙」のあった年の前後だったと記憶・・。
(間違っていたらコメント欄で教えて下さい)

霞が関の湯水のような超膨大な無駄使いのお金の入口部分には、国民からの集金マシーンが存在しています。
その集金マシーンとは、「郵貯」と「簡保」と「公的年金」という三つの公的機関です!
この、「郵貯」と「簡保」と「公的年金」という三つの大きなお財布(集金マシーン)から、一旦は、財務省の「税制投融資資金部」に超膨大なお金がかき集められて、そこ(財政投融資)から、さまざまなところへと、超膨大な無駄金が流れて行っているのです。



『「郵貯・簡保・公的年金」のお財布から湯水のように大量に霞が関や特殊法人や公益法人へとお金が流れてゆく様子(図表)』(図表をクリックすると図表は大きくなります。)
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します


上の図は、少し見にくいかも知れませんが、

「赤い色の矢印」のお金の流れは、「流れるお金の量を増やそうとする箇所」です。
「濃い灰色の矢印」のお金の流れは、「流れるお金の量を減らそうとする箇所」です。
「白い矢印」と「透明な矢印」のお金の流れは、「これからどうしたらよいものやら・・・自然減少になるのでしょうね〜箇所」です。


この図からご理解いただけるように、「かんぽの宿」を国民の財産とする「偽情報」を流す人々がいますが、それは偽情報です。デマゴーグです。

「かんぽの宿」は、国有財産です。
詳しく言えば、図表の一番右側の上から三番目の「公的非金融法人事業」です。

もっと分かりやすく言えば、「カンポの宿」は、特殊法人に限りなく近い「公益法人」です。
そして、多くの人々がかんぽの宿に実際に天下って私物化しています。

私はかんぽの宿にも泊まったことがあります。
食べ物はまずくて高かったですし、サービスも悪かったですし、泊り客はほとんどいませんでした。温泉を利用していたのは我が家だけ。

もちろん、かんぽの宿は、今や既に、毎年膨大な赤字を垂れ流す「不良債権」と化しています。
かんぽの宿を買ってあげるといって下さる奇特な企業が現れたなら、すぐ売るべきでした。
ほっておくと、かんぽの宿の不良債権化は、どんどんどんどん深刻化してゆきます。



「郵政民営化」の目的とは、財務省が自由に使える郵貯(日本郵政)の超膨大なお金が、財務省「財政投融資金・資金部」を経由して、中央政府や地方自治体や星のごとく存在する特殊法人・公益法人などへ流れるメカニズムを断つことにあったのです。
郵政から各種特殊法人や公益法人への「何百兆円単位の超膨大な無駄使いのお金の流れ」を完全に断つことにあったのです。
霞が関や特殊法人や公益法人の無駄使いを無くそうとする「改革」の大きな柱の一つが「郵政民営化」だったのです。

そして、今の日本郵政は、財務省が100%株式を保有しています。
ですから、今の日本郵政は、正確には国有です。
もっと正確には、財務省が保有しています。
ですから、今の日本郵政の人事権(西川社長を更迭するか否かを決める権利)は、財務省が保有している権限なのです。

ですから、今の日本郵政の人事に口出しできるのは、財務省だけです。

総務大臣が日本郵政の人事権に口出しするのは、越権行為であり、権力の乱用なのです。
ですから、この権力の乱用をしつこく続けた前総務大臣:鳩山邦夫氏が、総務大臣を辞任するには、当然のことなのです。


エコノミストや経済評論家の一部の方々が、「天下り撲滅!、特殊法人廃止!、郵政民営化反対!」と言っているようですが、彼らの理論は支離滅裂なのです。

以上の正確な図表を使った「お金の流れ」を眺めれば、
こういった「郵政民営化だけは反対!」の人々が、いかに、「アンポンタン」か、「特殊法人あるいは霞が関の出先機関になり下がった人たち」であるか、その両方か、そのどちらかであるのは、即座にご理解いただけると思います。


そして、将来、日本郵政が民営化されるようなこと(上場するようなこと)が起きれば、↓

いまや急速に不良債権化している公益法人:「かんぽの宿」は、たとえ安値でも、買ってくれるという奇特な企業には、即座にたたき売っておかなければ、上場時の日本郵政の株価は、とても安くなってしまうのです。

上場時の日本郵政の株価が安かったら、国庫に入ってくる財源も少なくなって、再び、国民への減税の余地が無くなるどころか、わたしたち国民の将来の増税への布石にダイレクトにつながってしまうのです。

日本郵政を私たち国民の財産とするなら、(現実は、日本郵政は財務省の財産ですけどね!)、日本郵政を将来少しでも高く売りたいなら、↓

まずは、かんぽの宿をたたき売りして、日本郵政の中の不良債権(=かんぽの宿)を少しでも減らしてから、日本郵政を出来る範囲でスリム化してからでないと、たとえ上場しても、日本郵政の株は、高く売れないのです!!!


ちなみに、鳩山邦夫氏が総務大臣を辞任した先週の金曜日から日曜日にかけてのわずか三日間だけで、私のブログ記事の中でも、2,000アクセスを超える大量のアクセスがあったブログ記事を、今日のブログでも、ご参考までに、貼り付けておきます!
   ↓
『「かんぽの宿のバルクセールのプロセスがおかしい」という平和ボケのジャーナリストたちへ。 』

http://angel.ap.teacup.com/newsadakoblog/1252.html

愛読者の方々には、なにとぞご熟読いただきたく、よろしくお願いします。

なお、
 
図表中央下部分の政府系金融機関については(日本政策投資銀行などなど)、今回は触れません。(長文になりますから・・・)



メルマガ登録・解除


 


ところで、政治が迷走すれば、誰が得をするのか?

政治が迷走して一番得をするのは、多くの利権と天下り策を保有している「霞が関の長老たち」が、得をするのです。
政治が迷走して、訳の分からない無駄な「行き過ぎた規制」ばかりが増えれば、霞が関の長老たちの天下り策がどんどん増えて増殖してゆきます。

大不況の中で沈没し始めた日本経済「タイタニック」の中で、霞ヶ関の長老たちだけが、りっぱに逃げ切れる(りっぱな救命ボートに乗れる)のです。



こういったタイタニック状況の中で、
私たちは、「今の日本の政治はけしからん!!!!」「今の霞が関はけしからん!!!」などと、怒ってばかりいても、生き延びられないのです。

もちろん、怒ることも必要ですが・・・・・。

私たちは私たち自身の手で、今からでも遅くないから、自分たちの手で「りっぱじゃないかもしれないけど、なんとか生き延びられる、なんとか豊かさを維持できるような『手造り救命ボート』」を造りましょう!!♪



そこで、

「ミニバブル多発型物価下落という長期大不況の時代にあっても、地道なマネーゲームで副収入をゲットしてゆこう♪(資産形成でBuy&Fogetして Buy&Give Upしないために)」と題して、貞子メルマガ・ブログの愛読者さま向けのセミナー&親睦会の開催のお知らせです!!!♪

貞子ブログの愛読者の方々におかれましては、ぜひとも、出席の検討のほど、よろしくお願いします!
m( )m

下記の申込用紙の部分をメールにコピペして、記入項目にチェックを入れて、出席予約のメールをMMNFujii@aol.comまで、送付ください!!♪



以下は、今朝、貞子まぐプレの臨時増刊号(6月25日号)として、貞子まぐプレの愛読者さま向けにお送りしたメールマガジンを、全文、コピペして貼りつけたものです。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

資産形成・マクロ経済 de あそぼ♪〜貞子ちゃんの連れ連れ日記

〜ゆっくりじっくりお金持ちになろう〜 

臨時増刊号 第7号 (6月25日号)

藤井 まり子

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
臨時増刊号 第7号 (6月25日号)

題名
  貞子まぐプレ・貞子ブログ愛読者さま向けの
  「資産形成セミナーと親睦会(オフ会)のお知らせ」

〜ミニバブル多発型物価下落という長期不況の時代にあっても
    地道なマネーゲームで副収入をゲットしてゆこう〜

 (Buy&Fogetして 
        Buy&Give Upしないために)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

貞子まぐプレ「資産形成・マクロ経済 de あそぼ♪〜ゆっくり
じっくりお金もちになろう〜」は、尼将軍:貞子ブログ「貞子ちゃ
んの連れ連れ日記」と連携しております。

貞子まぐプレおよび貞子ブログは、「許す・受け入れる・育む・事
足りる・楽しむ」といった女性特有のフィロソフィーを生かした経
済・金融・福祉・心理学に特化したインテリジェンス情報の提供を
しております。

尼将軍:貞子ブログ「貞子ちゃんの連れ連れ日記」のアドレスは
http://angel.ap.teacup.com/newsadakoblog/
です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  貞子まぐプレ・貞子ブログ愛読者さま向けの
  「資産形成セミナーと親睦会(オフ会)のお知らせ」

〜ミニバブル多発型物価下落という長期不況の時代にあっても
    地道なマネーゲームで副収入をゲットしてゆこう〜
 
  (Buy&Fogetして 
        Buy&Give Upしないために)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
愛読者さま各位
                        
第一回 貞子まぐプレ・貞子ブログ愛読者さま向けの
「資産形成セミナーと親睦会(オフ会)のお知らせ」

日ごろ、貞子まぐプレ「資産形成・マクロ経済 de あそぼ♪
〜ゆっくりじっくりお金持ちになろう〜」、貞子ブログ「貞子
ちゃんの連れ連れ日記」をご愛読いただきまして、誠にありが
とうございます。

おかげさまで、貞子まぐプレも5月12日創刊から、早一か月
半が経過し、貞子ブログのほうは2004年秋の立ち上げから、
早5年近くが経過しております。

そこで、愛読者の皆様への日ごろのご愛顧への感謝を込めて、
7月11日(土)14時から「第一回:貞子まぐプレ・貞子ブロ
グ愛読者さま向けのセミナーと懇親会(オフ会)」を開催させて
いただきます。

貞子まぐプレや貞子ブログでの一方的な文字情報伝達だけでは、
なにかと起こりがちな「行き違い」、なかなか上手く伝わらない
「行間の微妙なニュアンス」などなどを、今回のセミナーと親睦
会で少しでも埋めてゆければと思っております。

愛読者さまがメルマガやブログを読み進めてゆく上で、どうして
も残ってしまう「素朴な疑問」「漠然とした疑問」なども、愛読
者さまから直接お会いしてお伺いすることで、そういった「素朴
な質問・疑問」を少しでも解消させていただけたら、私もとても
嬉しいですし、経済・金融・福祉に特化したブロガーとしての私
自身の成長にもとても役立つと思っております。

下記のような、サンダル履きの気楽なセミナーと親睦会を目指して
おりますので、みなさま、是非ともふるってご参加くださいませ♪

お飲み物(コーヒーやウーロン茶などのソフトドリンクなら飲み放
題)や軽食(サンドイッチやケーキ)も用意しております。ご希望
の方には、15:30からは、ワインも用意しております。

なお、大変申し訳ありませんが、定員は40名です、先着順で締め
切らせていただきますので、よろしくお願いします。

      ―――――――― 記 ―――――――――

題名:これからの地道な資産形成とは?
「ミニバブル多発型物価下落という長期不況の時代にあっても
    地道なマネーゲームで副収入をゲットしてゆこう♪
  〜Buy&Fogetして 
    Buy&Give Upしないために〜  」
    (貞子まぐプレの対面での補足など)

日時:7月11日 14:00〜17:00

場所:フィナンシャルクラブ・九段下サロン
(千代田区飯田橋1−3−7九段下フィナンシャルビル8F) 
    (TEL:03−3239−7114)

料金:5,000円

セミナー:14:00〜15:30

懇親会:15:30〜17:00
地道な資産形成についての成功談や失敗談などについての気楽な
情報交換を主に、貞子まぐプレの愛読者の皆様の親睦を深めたい
と思います。
お飲み物や軽食(サンドイッチやケーキ)も用意しております。
ご希望の方には、15:30からは、ワインも用意しております。

      ―――――――――――――――――

参加こ希望の方は、下記の申込用紙に記入の上、その申込用紙をフ
ァクシミリか、あるいはメールにてコピペして、下記のあて先まで
送ってください。

メールアドレス:MMNFujii@aol.com


・・・・・・申し込み用紙(切り取り)・・・・・・・・・・・・

7月11日(土)の「貞子まぐプレ・ブログのセミナー&親睦会」で、

セミナーと懇親会両方のご出席(14:00〜17:00)
セミナーのみのご出席(14:00〜15:30)
懇親会のみのご出席(15:30〜17:00)

(上の三つのうち、必ず、どれかに○を付けてください)

を、希望します。


お名前                            

お職業(ざっくりでもOKです♪)                 

ご住所(ざっくりでもOK♪)                   

メールアドレス・お電話番号(ご希望者のみでOK♪)        


・・・・・・・・・・・・・切り取り・・・・・・・・・・・・・・・・

【セミナー&親睦会会場の地図のご紹介】
貞子ブログ「貞子ちゃんの連れ連れ日記」にて、詳しい地図の図面
をご紹介しております。
http://angel.ap.teacup.com/newsadakoblog/1351.html

住所:千代田区飯田橋1−3−7九段下フィナンシャルビル8F 
TEL:03−3239−7114
最寄駅:九段下駅より徒歩4分・飯田橋駅より徒歩10分

東西線九段下駅よりお越しの方は、東西線7番出口を出てそのまま
ホテルグランドパレスへと直進、グランドパレスを通り越した最初
の小さな交差点を超えた三軒目のビルとなっております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行者:ウーマン・ソフィー経済研究所準備室代表
          藤井 まり子

主催ブログ:「貞子ちゃんの連れ連れ日記」
     http://angel.ap.teacup.com/newsadakoblog

★☆★ウーマン・ソフィー経済研究所では、「許す・受け入れる・
育む・事足りる・楽しむ」といった女性特有のフィロソフィーを生
かした経済研究所の創設を目指しています。

物心ともに豊さを維持するための「資産形成についての電話および
対面での具体的な助言」を中心に、「資産形成カウンセリング」を
常時受け付けて
おります。
サンダル履き感覚で、ぜひとも気軽にご相談ください。

ただし、要予約。
予約の連絡先は、メールアドレス:MMNFujii@aol.com
        電話番号:03−5706−0348

個人情報は必ず守秘します。
ちなみに、本名・ざっくりの住所・ざっくり職業を名乗らない方の
資産形成カウンセリングは一切受け付けておりません。★☆★☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



なお、【セミナー&親睦会の会場となる地図】は、下図の通りです。

クリックすると元のサイズで表示します


【追記】貞子まぐプレ「〜de あそぼ♪」では、まだ財政投融資資金の流れの具体的な詳細については、まだ記しておりませんので、今回のご質問はブログにてお答えいたしました。

けれども、貞子まぐプレ「〜de あそぼ♪」では、既に、特別会計および財政投融資資金についても、ぼちぼち「分かりやすい表現」を使っての説明を始めております。

ブログだけの愛読者様からのご質問で、既に配信している「貞子まぐプレ」の内容と重複しているご質問に関しては、コメント欄でもメールでも、ご返答しない場合がありますので、なにとぞご理解ください。
m( )m
当方、鍵消炎の持病がございます。申し訳ありませんが、よろしくお願いします!

【追記2】一夜明けて読みやすいように、誤字脱字、文章の一部を加筆訂正しました(つもり・・・)。

【追記3】コメント欄で、愛読者の方から、大変明快なコメントを頂いておりますので、皆様、ぜひともこのコメントもご覧ください♪
22



2009/7/1  6:38

投稿者:せせらぎ

毎年50億の損失については、減価償却費の操作で
赤字にみせかけている可能性が高く、カンポの宿のバルクセール
の最初の大前提に私は、疑問を持っています。

郵政民営化に私は大賛成ですが
官僚(悪)から、市場経済への還流(善)であることが大前提で
官僚(悪)から悪(悪い方法で誰かに利益がいくこと)には反対です。

国民は注視すべきだと思います。

以下経済コラムマガジンからの抜粋です。


事業の採算を誤魔化すための常套手段が減価償却費である。儲かっていないように見せかけるために償却年数を縮めるのである。03/10/20(第318号)「道路公団、財務諸表の怪」では、償却年数を70年から40年にしていた。ものすごく儲かっているはずの道路公団を、「赤字の垂れ流し」の経営と嘘をつくための道具として、減価償却費を使ったのである。また道路公団の採算計算に使われた長期金利は年4%というとんでもない数字であった。

今日、高速道路会社がものすごく儲かっていることがようやく知られるようになって、「高速料金1,000円政策」まで実施されている。民主党は高速料金の無料化まで検討している。しかし数年前まで、「赤字の垂れ流し」だからさっさと売り払えと言った声が大きかったのである。世界一高い高速料金で、あれだけ混雑しているのに、高速道路が儲かっていないはずがない。



http://www.adpweb.com/eco/eco573.html

2009/6/28  15:46

投稿者:貞子

i114-185-108-64.s42.a013.ap.plala.or.jp さん
いたずらは、ほどほどにしましょうね。
こういういたずら、週末にたまにある現象ですが、あなたのリモートホストはバレバレになっていますよ。(ほぼ中年男性に多い現象なのですが・・・。)
今は、コメントを残した瞬間、すべてリモートホストが記録されますし、さらに、あなたが何時何分どこの記事を何秒間見て、その後、どこのブログ記事へ移動したか、すべて足跡が記録されていには、ご存知ですか?
悪いことは言いません。悪ふざけは止めた方が良いです。
当方は通報しませんから、今からでも諦めてくださいね。
他のブログでもしないほうがよいですよ。
通報すると即座に警察が動く時代んですよ。今は治安が良くなっているので、警察もけっこう暇なんです。




http

2009/6/23  17:46

投稿者:貞子

さつまあげさん はじめまして!(^^

調査しなくても、もう分かり切っていることです。
ブログ界では、

http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/56ee249a328203389229cf44e67f7349
などで紹介されております。

つまり、戦後は自民党の岸信介を中心にした人々には、アメリカCIAから巨額な資金が流れていましたし、この岸さんたち政治家たちや電力の正力さんや読売(日本テレビ)の渡恒さんたちの一派の中に、当然、鳩山家も入っているわけで、・・・・

だから、鳩ポッポは、パパと同じように、今まで通り、ドル国債を購入し続けたいという「アメリカの奴隷」習慣があるので、(彼には、遠い将来、ドルが暴落すると判断する頭がないですから・・・)、ドル国債を買い支え続けるための郵政の大量のお金が鳩ポッポは欲しいわけで、郵政民営化されたら、アメリカの奴隷(売国奴)にはなれなくなるので、鳩ポッポは困るでしょうね。

それだったら、戦後の日本の共産系や社会党はりっぱだったかというと、これもって、まったく「立派じゃない」のです(^^+

日本の共産党や社会党や朝日新聞(テレビ朝日)には、ソ連KGBから、アメリカCIAに負けず劣らぬような大量のお金が流れていたわけで、1970年代初頭の(銀の匙で大きくなったと揶揄されていた)美濃部都政なんかも、この流れをくんでおります・・・・。

傍流から出てきた田中角英がアメリカロッキードからもらった裏金なんて、彼らがアメリカCIAから「反共の砦」としてもらってい大量の裏金に比べたら、むちゃ少ない金額です。

東西の冷戦が終結するまでは、国内の政治家なんてものは、この程度のものだったわけです。

http

2009/6/23  14:52

投稿者:さつまあげ

鳩山一郎は蓄財して立派な御殿を建てた。
どのような手段で蓄財をしたのか、調査をお願いします。
NHKドラマになった白洲次郎は次のような農家を買って住んでいました。
http://www.buaiso.com/
武相荘と名づけた白洲邸には、親密感を持つが、鳩山邸には不快感と嫌悪感を覚える。

2009/6/17  10:37

投稿者:貞子

ez47rigk5さん、簡潔明快なコメント、ありがとうございます!(^^

私のブログでも、ご指摘の点は繰り返し読者にお伝えしてきたのですが、そして、かんぽの宿に関係する他のブログ記事は、私のブログの中でも、アクセスは多いですが、
ez47rigk5さまほどの、単純明快な文章は、なかなか書けませんでした!
脱帽します!
m( )m

私の文章って、どうしても、長文になってしまうんですよね・・。(−−;

今後とも末永くよろしくお願いします!
(^^




http

2009/6/16  15:22

投稿者:ez47rigk5

おそらくこの記事を読んで

「だから、西川さんは辞めなくていいんだ」

と分かる人いないですよ^^;
上記で分かるくらいなら、何で西川さんが辞めなくていいのか
そもそも聞いてこないと思います。

庶民に説明する時はもっと直球がいいのです。
郵政民営化しないと官僚様の無駄遣いが減らないのはその通りですが
それと西川問題は別と思われてしまうからです。
(感情的に理解しにくいのです)

かんぽの宿の売却に関して

・訂正な手続きで進められたと第三者委員会で認められた。
・そもそも総務省はこの売却を承認していた。

ので、そもそも何も問題はなかった。
そして

・毎年赤字を垂れ流す資産?を買ってくれる奇特な人が現れた。

ので、もしも売却していれば

・結果として毎年50億の損失を回避し、さらに100億円稼げた

という経緯を説明する必要があると思います。

さらに
1万円で購入した物が数千万円で転売されたことに関して

・確かにそういった案件もあるが、逆に査定額以下でしか
 買取手が現れないしょうもない物件もたくさんあった。

・よーするに、腐った福袋のようなものでいいものも多少はあるが
 悪い物件が多いものを一括売却することで
 本当は買取してもらえないものも買い取ってもらえた。

という流れを伝える必要があると感じました。

この辺りやはり政治家は庶民をだますのがうまいので
説明する方は大変でしょうね。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ