総監督のひとりごと

水戸エンジェルススポーツ少年団・総監督が、
日頃思っていることを、つれづれなるがままに、ひとりごとをつぶやきます。

 

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:angelhujita
さくらさん
コメント有難うございます。
さくらさんのおっしゃること、よく解ります。
私も、ガッツポーズは否定しません。
ただ、そのガッツポーズが相手に対してでなく、味方に対してなら良いことだと思います。
自分のベンチに向かって、俺はやったぞ! これなら、良いと思うのです。
相手の投手などに向けてやるというのは、あまり感心できません。
メジャーリーグの話しで申し訳ないのですが、ホームランなど打って、相手投手に対してガッツポーズなどすると、その投手は侮辱されたと思って、次の打順に必ず、ぶつけてきます。
それだけ、恐ろしいことなのです。
ですから、メジャーでは、あまりガッツポーズは見ませんね。.
自分のチームの士気をを鼓舞するガッツポーズなら、許せるのではないでしょうか?
正しい事かどうか解りませんが、高野連もガッツポーズに対しては、注意が来るそうです。
投稿者:さくら
そう思う気持ち…分からないわけではありませんが、努力に努力を重ねた結果に勝ったら「ヤッター」とガッツポーズする選手は相手を思う気持ちが欠けている…私はちょっと違う気がします。
それにプロ、アマは関係ないのではないですか?
誰だって勝ったら相手を思う前にやったぞ!!と無意識にガッツポーズしてしまうのでは?
それが子供ならなおさらやるでしょう。その姿を見て、次にガッツポーズするのは自分だぞ!とカツを入れられる…私はそんな子供に育ってほしい。
自分が負けても相手にお互いよくやったなと誉め合える…そんな子供になってほしいと思います。
応援している父母にも言いたい。
負けたからって文句を言うのはマナー違反!!
うちでは相手の良かったところを子供に話します。
それは、勝っても負けても同じです。
あいさつ、声の大きさ、声掛けのよさ…荷物や道具の置き方など…試合に関係ないことまで誉めますよ。
それに私は相手チームのママなどにも良いことは声を掛けて誉めてきます。
負けたら「今度は勝ちます」って手を振ってきます。
ガッツポーズされたからってどうってことありません!
次への糧にすればいいんです!
悔しかったら次、勝てばいいんです! 違いますか?
そんな風に思える子供を私達親は育てなくてはいけませんね…
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ