2007/6/30

マット&デビッド  ドラマ

祝、「リトルブリテン」シーズン2放送決定(WOWOW)。

下品で差別的、キャンプでシニカルでアブノーマルなこのコメディ、去年のロンドン行きの飛行機(ヴァージン・アトランティック)で見たのが初めてだから、そろそろ1年になる。その間にWOWOWでシーズン1放送、DVDの日本語字幕版も発売され、マット・ルーカス&デビッド・ウォリアムズも来日して、いいともに出た。

もちろん最初にマット&デビッドを見たのは、PSBの「I'm with stupid」(’06,5月)PVである。

クリックすると元のサイズで表示します

全然似ていないブサイク2人がナゼ、エレガント&クールな2人を演じているのだ!と、ちょっとカチンときた。
が、どんどんハマって行くうち、マット&デビッドはニール&クリスに・・・外見だけでなく内面も・・・激似であることに気がつく。もともと2組は10年来の友人仲間で、特にデビッドは英国内のイベントならたいてい見に行くほどのPSBファン。2人とも変装の名人なので、似せようと思ったらいくらでもできるハズ。

クリックすると元のサイズで表示します

ほら、そっくり。
「I'm with stupid」PVでは、わざと似ていないように演じていたのだ。

マット&デビッドは、「リトルブリテン」で国民的コメディアンになる前、「Rock profile」(‘00〜01)という番組をやっている。これは、マット&デビッドがあらゆるミュージシャンに扮し、めちゃくちゃなインタビューに答える番組なのだが、ファンが見たら激怒ものの、かなりミュージシャンをおちょくった内容だ。だから彼らが大好きなPSBは演じていない。多分好きすぎておちょくれなかったんだろう。だけど上の写真は、その「Rock profile」のコーナー( Vox Pops /天の声として、PVに茶々入れる)で彼らが扮したPSB。ワタシは「Rock profile」のDVDを持っているけど、そのコーナーは本物のPVを使用しているゆえの権利問題かなにかでDVDには収録されていなくて残念ながら見る事ができないのだけど、ちょこっと出て来て文句を言うだけのようだ。でも似てる、1990年くらいの2人に。これが「I'm with stupid」のPVの元になっているのは言うまでもない・・・。

改めて、PSBのぞっこんファンだからこそ演じられるPVをどうぞ。
「僕、クリス・ロウ」
「僕、もう片方のほう」
こんな皮肉な台詞、ファンでなきゃ出てきません!



0



2010/10/9  16:38

投稿者:margaret

Hello, Chris.

I'm sorry I do not have the Rock Profile's video.
The part of "Vox Pops" has been deleted though I have DVD.

BTW, Are you realy Chris Lowe?

2010/10/9  7:12

投稿者:Chris

Please could you upload the PSB Rock Profile on to youtube? I'd really appreciate it because we don't have it and can't find it anywhere. Thank you

Chris

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ