2007/6/22

マーガレット通信Vol.53  Pet Shop Boys

margaret

↑マ通信53号は「CUBISM」レビュー。まだ3回くらいしか見ていないのですが、とりあえずDVDの概要と率直な感想です。
以下、書き切れなかったもっと素直な感想。

DVDはコメンタリーつきで何度かローテーションして、見ています。
でも、何故かワクワク楽しいというより、軽い寂寥感を味わっています。いったいナゼなんだろう。
もはやワタシはPSBを愛しすぎて、頭がおかしくなってしまったんだろうか、歪んだ感情しか抱けなくなってしまったんだろうか。うう、そんなの悲しい。ピュアにファンでありたい。

このFundamentalライブは、セットリストが違うとはいえ、4度も見たライブ。でも、確かに実際のライブではアドレナリン出まくっているし、冷静に舞台構成がどうとか見ることはできなかった。それゆえ、DVDは“冷静に見る、初めてのFundamentalライブ”。しかもDVDはカメラワークなどがプロの監督による構成だ。ある意味「ここではこれを見ろ」との強制でもある(実際にライブでは、どんなに舞台中央でパフォーマンスがされていても、ワタシだけが微動だにしないクリスをガン見していても自由なのだ)。それゆえ観戦のテンションが違ってて当然なのかもしれないが、なんだかショックなほどに冷めているのは自分でも解せない。

今回のコメンタリー、収録時に2人は忙しい最中だったのかもしれない。あまりとっちらかった楽しいコメントが少ないし、それになんだかちと辛口だ。まあ、いつも過去の自分たちには厳しいんだけど、それにしてもいつもの“余裕”が感じられない。「Popart」「Performance」のDVDコメンタリーようにクリスの笑い声があまり聞こえない。特に否定的なことを言っているわけではないし、いつものようにニールの頭脳明晰かつ客観的な分析っぷり&クリスの天然ちゃん発言は健在なのだが、2人の仲良しはしゃぎ具合があまり感じられない、残念ながら。

でも、恐らくこんなこと感じるのはごく僅かだろうし。このツアーを初めて見る人にとっては新鮮で楽しいものだし、プロ・パフォーマーとしてのニールも熟してますますカッコイイ。実際のライブではそんなに見る余裕のなかったダンサーも、あらためて素晴らしい。クリスはあまり映っていないが(←小難しいこと考えているが、まさか原因はこれだけだったりして)。

先月から聞いているルーファス・ウェインライトのおニューCDにはまってしまって、DVD→ルーファス→DVD、のローテーション地獄。でも、これもニールが絡んでいるからこそよ。ワタシったら、ホント、見返りなど何もないってわかっているのに貢いで身を滅ぼすタイプよね…。

↓そのDVDより、「Suburbia」。後半ニールの「アハハ〜ン」って合いの手に一票。


0



2007/6/23  22:02

投稿者:margaret

こんばんは。
始業前に「Suburbia」が流れるなんて、なんてステキな学校!朝から大興奮ですね!

ニールのリリックはステキなんですが、もしこの、文藝チック&シニカルな政治的&時に演歌的なリリックに陰鬱な曲がついていたら、PSBはThe Smithに匹敵するくらい、むつかし〜バンドになっていたと思います。
アハハ〜ンと合いの手を入れてしまうほど耳なじみのよろしい美メロがあってこそ、PSBはここまでやって来れたんだと思います。リリックが内包している奥深さも、先ず曲を聞いてもらわないと始まりませんからね。すっごい奇跡的なバランスですよ。

それにしてもクリスは近頃ますます目立ってわがまますぎぃ。天才だからいいのか。

2007/6/23  20:17

投稿者:りょうた

Suburbia大好きです。なぜかというと僕の高校では毎朝始業前にSuburbiaのインストバージョンがかかってたから(笑)。徹底的に刷り込まれました。
放送部に趣味のいいヤツがいたわけですが、「さわやかな覚醒ソング」扱いだったんですね。歌詞はハードで痛々しいのに、なんでこんなに透明感があってカタルティックな曲なんだろうと、今でも聴くたびに不思議です。クリスは不思議な作曲家だなあと思います。

http://d.hatena.ne.jp/Ry0TA/

2007/6/23  2:29

投稿者:southAsia

はじめまして。southAsiaと申します。いつもはROMオンリーで楽しくBLOGを見せてもらっています。
楽しみにしてるんで更新頑張って下さいね!
僕のブログではターバン野口の折り方を紹介しています。
暇があったら是非どうぞ。

http://panicblog.blog109.fc2.com/?eid=5911

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ