2020/7/16

ルンバ壊れる  日常

2018年9月24日のブログに「ルンバを衝動買い」との記録。

衝動買いとはいっても前々から欲しくて緒と調べたり家電量販店にでも気を見に行ったりしていたので、それほど衝動でもなく、ジャ×ネットたかたのチェレンジデーとかで特売日に飛びついてしまった私。

最初は物珍しさでキャッキャしていたけど、これがまぁ、狭い家では使えない。床に物が置いてあると使えないので、ルンバ稼働前に片付けやプレ掃除が必要。障害物にぶつかって止まる方式(ほかのメーカーのロボット掃除機はセンサーでぶつからずに止まるものも多い)。それにしてもよく止まるので、「留守中の掃除」に使えず、見ていなければならない。音がうるさい。

買って半年で壊れて、一度メーカー修理(保証期間、1年)。それを機にこいつは比較的床が広めのアトリエに移動。結局うちのメイン機はダイソンのコードレスに落ち着く。

で、2度目。動かない。というより充電できない。買ってまだ1年10か月なんですよね。

メーカーとジャ×ネットたかた、両方に問い合わせしたけど、有償修理のみの対応。特にさすが外資メーカーの対応は冷たい。ほんと「お前がロボットでは?」というほど冷たい。ほぼ「お前のせいだろ?」(言い方はもっとロボ丁寧)という対応で、電話でこちらの伝えたいことを長々言っていたら、途中から中座されてしまったのか、返事がいっさい無くなったくらい対応がどうにも機械。結局ジャ×ネットたかたとメーカーでたらいまわしで対応終了。

ちなみに修理は26000円ほどかかるので、修理はやめようと思ってます。

しかし腑に落ちないことがあります。

これ元々装着されていたバッテリー。

クリックすると元のサイズで表示します

縦で見にくいですが、重要なのは一番下のバッテリー容量、1800mAh(ミリ・アンペア・アワー)26Wh(ワット・アワー)。

それで、メーカーの公式サイトで購入しているバッテリーがこれ↓。対応バッテリーは1種類しかありません。

クリックすると元のサイズで表示します

価格の高さもさることながら、小さい字の横の方を拡大してみると、バッテリー容量、3300mAh(ミリ・アンペア・アワー)48Wh(ワット・アワー)と書いてあります。

つまり、

機種は同じだけど、事前確認のしようがないものが、スペックだいぶ下げてちょっと安く売っているんですよ、ジャ×ネットたかた!!

メーカー、ジャ×ネットたかたとも、バッテリーの性能や数値の記載はもとからありません。

これが違法かどうかギリギリか、わからないけど、消費者だましてませんかね?

痛い目に合ったので、もう、家電通販はやめます、ごめんなさい。
7



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ