2020/5/23

Désenchantée  音楽(洋楽)


ちなみにニールが一番ハマったミレーヌ・ファルメールの曲は「Désenchantée」(1991年)です。当時ニールが参加していたElectronicに参加した曲にそのまんま同じ意味の「Disappointed」(1992年)というタイトルをつけています。



やはりPVは短編映画のようで、ほんとDésenchantée(落胆)なラストです。



曲は似ていません。

またElectronicやってくれないかな〜。
6



2020/5/28  17:44

投稿者:margaret

いえいえ〜言うほど行動力はないんです。たま〜に取り憑かれることがあります。

はー早くライブが開催される世界に戻りたいですね。

2020/5/27  15:25

投稿者:テクノおばさん

日数が経っているのに引っ張ってすみません。

マーガレットさんの行動力から生まれる情報には
わぁ、そうなんだ〜!と感動するばかりです!
こちらこそ、ありがとうございます。

2020/5/25  6:48

投稿者:margaret

こんにちは(^^)/

そうなんですよね〜。日本盤が出ているのにもかかわらず、ミレーヌを知っている人は日本ではめったにおらず…。

渋谷のHMVのワールドミュージックコーナーに輸入盤が置いてあるのくらいしか見たことありませんでした。

私が90年代半ばにフランスに1年ほど行ったのも、半分はミレーヌのせいなんです。あんな音楽・世界観がメジャーなんてどんな国民だよって、すごく興味があって。ミレーヌの歌詞のテキストが教科書になってました。パリ・ベルシーのライブも行きました。夢中でしたね〜。

相方のローラン・ブートナーと別れたころに(また組んでいますが)、ちょっと残念で、私は距離が空いちゃいましたけど。

確かに2,3枚目のアルバムは神がかっていますよね。久々にミレーヌの話出来ました。ありがとうございます。

2020/5/24  16:17

投稿者:テクノおばさん

たびたび失礼します。
わたしが持っていたのは2nd(Ainsi soit je...)と3rd(L'antre...)
そして'92年リリースの2枚組Dance Remixesでした。
それ以外はYoutubeで見たりしましたが
やはりこの2ndと3rdが捨て曲無しの圧倒的仕上がりなのではと思いました。
ニールがL'antre...を聴き込んでいたなんて
自分も好きなアルバムなので、嬉しい情報です。
世界観と音作りも似ていると聞いて、そう言われればそうだなと思いました。
ミレーヌさんを知って30年
いままでファンに会ったことがなく
先日のリスニングチャットでミレーヌさんの名前がでたときは
スマホの画面から顔に向けて疾風が吹いたように感じるくらい
感動してしまいました。
こうして話題にできるのをとても嬉しく思います。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ