2020/5/18

「Violence」と「Sans logique」  Pet Shop Boys

先週の土曜日にLINEチャットでPSBのB面集アルバムAlternativeを聴いてて思いました。

「Violence(Hacienda mix)」と、フレンチポップス(ヴァリエテ)のミレーヌ・ファルメールの「Sans logique」にやっぱ同じ音があるぞと思いましたので、聴き比べていただきたいです。

2分20秒あたりの、バッキングコーラスの入ったテテンテッテンという軽快な感じの鍵盤音です。



一方ミレーヌの「Sans logique」は1989年のシングルで、彼女をヴァリエテのスターにした最高傑作のセカンドアルバム「Ainsi soit je...」収録。

80年代後半〜90年代のミレーヌはともかくPVで自己表現する人で、フランスのケイト・ブッシュだとか、ポーやフロイトをモチーフにした作品が多い精神世界な人。なのにステージはユーミンのようにド派手。

「Sans logique」は。「あなたの目をじっと見ていると引き裂いてみたくなる」と歌う通り、PVの中で悪魔につかれたようになって恋人を刺すシーンがあり、その部分(4分0秒あたり)のテテンテッテンが「Violence」なんですよ。名作なのでぜひ最初からご覧ください。



初期のころは短編映画のようなPVでは誰か(時に自分)が必ず死んだり、有名監督がPV撮ったり、日本のサブカルをフィーチャーしたり、最近はStingともコラボしたり、相変わらずトップスターなんですが、90年代にニールも彼女のファンだと公言していたので、聴いてみてください。
4



2020/5/23  9:30

投稿者:margaret

テクノおばさん、ありがとうございます。

ニールはインタビューで、ミレーヌの3rdアルバム「L'autre...」をずっと聴いていたと語っていましたから、かなりインスパイアされたかも(記事をアップしました)。

ミレーヌは繊細な歌詞に、ダンスフロア意識したハウスぽい曲をのっけてきますから、PSBと共通する部分もあると思います。あと、海外のファンを見ると、けっこうカブっています。LGBTQのファン多めです。

80〜90年代が強烈な印象だったため、最新アルバムはまだ聴いていませんが、これから聴きたいと思います。

2020/5/23  0:25

投稿者:テクノおばさん

拍手のほうに短いコメントしてしまいました…その続きを書かせてもらいますね。
同じ音があるということは、やはりニールがこの曲から少なからずインスパイアされた部分があるのかもしれないですね。
ミレーヌさんのアルバムは1stと2ndだけ持っているので、久しぶりに通しで聴いてみようと思います。
「儚さ」感を強く感じる声とメロディが好きです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ