2019/10/18

UKポンド  どうでもいいこと

Brexit(UKのEU離脱)が概ね合意、いよいよ10月末くらいで離脱に動き出すようですが。

私にとってはポンドが高くなるか安くなるか程度の薄い関係しかありませんが、それでも気になってしまいます。

離脱合意で、ポンド安になるのかと思ったら、ポンド高になっています。1日で1ポンド5円くらい急騰したり、1週間まえの1ポンド130円からいま140円くらいまで上がって、あら意外。こういうの仕組みがわからない。

ライブのチケット買った時には1ポンド133円くらいだったのでまだマシだったけど、これから先、航空券とホテルを選んで購入する時期は、なるべく円高の時にしたいと思います。

それでも、ここ20年くらいで覚えている限り、1ポンド200円の時代も結構長くあったし、250円だったこともあるので、1ポンド150円以下以内なら御の字って感じです。それにしても円高なのにライブのチケット(一般席)15,000円くらいとか結構高いよ。VIP席は2、3倍するよ。

航空券は現在売り出しているのは来年3月までの秋冬出発のモノがメインで、それ以降のチケットは出揃っていないから、買うのははもうちょっと後でも良いかなって思いますが、ウカウカしてるとあっという間のような気もするし、航空券は秋冬より春夏のほうが高額いのが普通なので早めでも金額的には変わらないだろうから、席があるうちに買ったほうがいいかとか、本当に難しい。12月にまた燃油サーチャージの見直しもあるだろうし、結局私のロンドン行きのチケット選びは、日本の発着場所も航空会社も見直し、つまり白紙になりました。

(私が買おうとしている格安航空券は基本的にキャンセルが効かないか、けっこうな取消料・手数料がかかるため、購入は慎重です)

利便性と価格で中部空港発着の大韓航空(仁川乗り換え)がベストと考えていたけど、何だか日本‐韓国線が減便傾向で、今後、中部空港からの韓国便が変更される可能性もゼロではないし、乗り継ぎ便が改悪されたら困るし、いろいろ確定しないと買えないなぁ。行きは中部から行って帰りは東京とかもあり得るかも。やっぱ高くてもJALか英国航空を選ぶべきか(いま待っているのは、このラインがもうちょっと安くならないかどうかということが大きい)。

むしろ早く押さえたほうがいいのはホテルの方かも。たいていのホテル予約サイトでは、キャンセル無料が多いため、すでに人気タイプの部屋は売り切れています。ロンドンだけは一応予約だけ押さえてありますが(3日前までキャンセル料がかからない予約で)、また場所を変更するかもしれないし。こちらもポンド建てなので為替で変動。ロンドン以降はライブ参加以外の予定は全くの未定。ただ、地方はホテルの絶対数も少なめなので、イベント時には混むんだろうなぁ。どっか行きたいな〜くらいのゆるさでおりますが、これから予定を埋めていく楽しみがあります。

ライブに行けるのに、なんて贅沢な。

もう、ライブさえ堪能できれば良いのですが。

毎日何となく生き辛い日々を送っていると、ついつい遠い予定にばかり思いを馳せてしまいます。

なんだかんや考えていたら、ゆうべ、PSBのライブに行った後、というピンポイントな夢を見ました。それでも幸せ。

クリックすると元のサイズで表示します

そんな中、先日大韓航空の会員入会キャンペーンのパスポートケースが当選しました。
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ