2019/9/27

My Beautiful Laundrette opens (9月26日)  Pet Shop Boys

Pet Shop Boys : the official site

My Beautiful Laundrette opens (9月26日)

クリックすると元のサイズで表示します

今夜LeicesterのCurve Theatreで“My Beautiful Laundrette” が初日を迎える。1985年のHanif Kureishiの映画のスクリプトから脚色、Nikolai Fosterg監督、Chris and Neilによる2曲とインストゥルメンタル、新曲「Angelic thug」が1幕の最後で、“No boundaries”はパフォーマンスのエンディングで使用される。

インストのタイトルは“Johnny’s dark side”, “Omar’s theme”, “Beautiful laundrette” そして“Night sings (Popa’s theme)”。

劇は80年代中盤が舞台で、PSBの曲(“West End girls”, “Opportunities”, “I get excited (You get excited too)”, “Left to my own devices”, “Hit music”, “In the night’ and “Paninaro”)が使乗り換えわれる。 詳細は以下のリンクで。

LeicesterのCurveの後(9月20日〜10月5日)、プロジェクションは Cheltenham Everyman Theatre (10月8日〜12), Leeds Playhouse (10月15〜26日), Coventry Belgrade Theatre (10月29日〜11月2日) 、そしてBirmingham Repertory Theatre (11月5日〜9日)と、公演が続く。

サッチャー時代のロンドン、若いパキスタン系英国人のオマールを物語。彼のおじのサビれたコインランドリーを任される。極右のギャングに立ち向かった後、オマールは学校の友人ジョニーと出会い、彼らの物語になる。彼らがランドリーを一緒に改革すると、彼らの間に愛が生まれる。

この曲“No boundaries”は “Dreamland” 殿カップリングで10月にCDとデジタルでシングル・リリースされる。詳細は後日お知らせする。

My Beautiful Laundrette
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ