2019/6/26

10年まえ  Pet Shop Boys

10年!早っ!

2009年6月26日、私はイギリス旅行から戻ってきました。PANDEMONIUMツアーを見に、ひとりでマンチェスターとロンドンのPSBライブに行ってきました。

時が経つの、早っ

ちなみにその年、2009年2月に英国音楽界の最高の名誉賞であるBRITS(ブリット・アウォード)の功労賞(Outstanding Contribution Award)の受賞が決まり、全英国民が見守る中、BRITSのステージ・パフォーマンスをして、その翌日に凱旋ライブよろしくチケットが売り出されたため、即日完売に近かったような気がします。

(2000年代、このBRITSの功労賞の2009年までの10年間くらいは、PSBはレコードの売り上げやライブの動員数で、ややほかの年代よりも静かでした。でもここでまた盛り返してそれからまた現在も人気を保ったままと思います)

6月19日にロンドンのO2アリーナの最前列で開演を待ちながら、そういえばこの2週間後に、ここでマイケル・ジャクソンが久々のライブやるね、ドタキャンにならなきゃいいね、なんて話していたんですけど。

日本に到着した10年前の今日、マイケルが亡くなったニュースを聞きました。

嘘っ…。

ショックで仕方なかったけど、私は、2週間後の02アリーナでマイケルを見に行くことを楽しみにしていたファンの落胆のことを思った。

やっぱり生きてないとライブ見れない。私も、向こうも。

そう思ってすぐに、3か月後、9月のニューヨークのPANDEMONIUMライブのチケットを買ったのです。

NYCで「The way it used to be」聴けて幸せです。この曲にはNYCのTenth Avenueが出てきます。ついでに言うと北イングランド(マンチェスターあたり)とロンドンも出てくるので、3か所回ればこの大好きな曲は完璧だと。(もちろん「NYC boy」も聴くけど)

この話は何度も書いてますけど、それほど大事なコトだと思うんです。見たいライブは絶対見たほうがいい。次があるなんて、それは確実ではないので。

PANDEMONIUMライブの「The way it used to be」は特にダンサーが素晴らしい。曲もMixが素晴らしくて、まじこの曲を3回も最前列で見れたことはホント至福です。

(NYCのライブの時に男性ダンサーがよろけてニールに抱き留められるというお宝映像だったんですけど映像がないので、02の時のを)




あーまじでこのツアーも一回見たい
10



2019/6/29  20:33

投稿者:margaret

はるかさんこんばんは。

パンデモツアーは確か日本には来ていないんですよね、めちゃもったいない!台湾と韓国までは来たのに、この頃はたぶん東芝EMIが解体するかどうかでごちゃごちゃしてたはず。しかも韓国からのトランジットで成田に寄ったのにライブはなかったんで、めちゃ悔しかった思いがあります。

だから私はマンチェスター、ロンドン、NYC、台湾と合計5回も海外で見る結果になったんです。途中でダンサーgs変わったけど、全部すごくドラマチックな構成で良かったです。まあDVDが出てホント良かったです。

The way it used to beは元曲もリミックスも全部良くて、ここ10年のpsbの「切な系ポップ」の中では出色ではないかと。もっと評価されてもいいと思います。

もう東京&大阪から3ヶ月経っちゃいますね。あー恋しいです。ライブ行きたい!

2019/6/29  9:56

投稿者:はるか

マーガレットさん、こんにちは。お久しぶりです。
PANDEMONIUMツアーわたしも大好きです。ライブDVDでしか観ていませんが、何度も繰り返して観ても色褪せないライブですよね。
ダンサーさんたちもとっても綺麗だし、舞台セットや全体的な構成もスタイリッシュかつエレガントで完成度が高くて。
「The way it used to be」はあの1曲で切ない映画1本みたようなストーリー性のある素晴らしいパフォーマンスだなーといつも感じてたので、マーガレットさんがブログで取り上げて下さって嬉しくなってしまいました。

わたしもたまたま先日、今年4月のライブのことを思い返す機会があり、そういえば「人生で最後かもしれない」と考えて2日ともチケットをとったことを思い出しました。
「生きてないとライブ見れない。私も、向こうも」深イイお言葉ですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ