2007/2/23

UKツアー  ライブ&ツアー

公式HPでは、UKツアーの詳細は来週アップ予定だそうですが、リディア姐さんからすでにスケジュールがメールで回ってきたので、←左の「TOUR」も更新しました。正式ではないので、もしかしたら変更があるかもしれません(それにしても、先行チケットの電話番号までついていた…なんで一部のファンだけ?)。

パリとロンドンのライブが1週間離れているので、ロンドンのライブはちと無理かな〜〜と、諦め気味。せめて3、4日のスパンならついでに行けたのになあ。まだ考え中。

パリ(グラン・レックス)のライブは、最前列(ややクリス寄り)が取れたので、ちゃんと歌ってノらないとベビたんに睨まれるかもしれないので、今日はカラオケで予行練習をして来ました(まだ3ヶ月前ですが)。

今さらですが、高音・男性声のニールの音域って、とても難しいですね。かろうじて「Go West」と「Home And Dry」がついていけるくらい。「West End Girls」はやっぱりめちゃくちゃ難しいです。ほとんどラップじゃんねぇ。しかもニールはいつもサビの部分をちょっと半テンポ外し気味に歌うじゃないですか?その微妙ぶりに撃沈。これは相当英語が上手い人じゃないと難しいですね。
めちゃくちゃ歌が上手い(歌い上げる、テクニックがある)、というタイプではないニールなんですが、やっぱりあのクール&メローな歌い方はマネが出来ないわぁ。

クリックすると元のサイズで表示します
これはニールとは別人じゃないかと思っちゃう。

クリックすると元のサイズで表示します
ちと照れを捨て切れないベビたん。
あ、そうそう、ベビたんの魅力が今ひとつピンと来ない方は、映画「It couldn't happen here」を見るといいよ。
0



2007/2/25  21:01

投稿者:マーガレット

めちゃくちゃPSBがメジャーだった80年代後半、そこまでファンでなかったワタシは、彼ら目当てで雑誌を買ったりはしませんでした。今、押し入れのなかから出てくる音楽雑誌や古いエアチェックしたMTVのビデオテープからPSBが出て来ると、なんだかトクした気分です。捨てなくて良かった。

2007/2/24  21:08

投稿者:Victoria

「スーパーDJオンライン」っていう番組でした。エアチェック(これも死語)大好きだったので、FM雑誌を見ながらカセットの用意して、Wデッキで編集して…今では信じられないアナログな時代!!このPSBのプロモ来日はちょうど20年前ですね。ノンノにもインタビューが載ってて、ニールがママの作ったお菓子を懐かしんでるような事を言ってたのを覚えています。カラー写真が綺麗で切り抜いてあったはずなのですが…今では音楽雑誌数冊が残るのみ。元々ルックス重視してたわけではないので(ニールの目が青いのも去年気づいた!)とはいえもったいない!

2007/2/24  16:20

投稿者:マーガレット

>FM番組で2人がDJを担当!?

うわあ、知りませんでした。そんなお宝番組。今でもファンクラブ会報誌なんかに2人のお気に入りの、最近聞いた曲とかがピックアップされていますが、聞いたことのない曲ばかり。あらためて2人の音楽の造詣の深さを感じますよね。

あ、でも、デビューしたてのニールの印象は、「ニヒル」でしたよ。

2007/2/24  7:41

投稿者:Victoria

SomewhereのDVDを見るとLeft to my own devicesを大合唱してたりしててラップなのに、すごいですよね。内容と合わせると引きこもり集団みたい…いえいえ元不登校児の私にはよくわかる世界です!
昔の007カジノロワイヤル(ピーター・セラーズが出てるパロディもの)の主題歌The look of love(ABCのではない)をダスティが歌ってます。ボサノバタッチでステキです…ってダスティが歌ってるの最近気づきました!そのサントラ盤の全体の音楽はバカラックですが、バカラックにPSBに近いものを感じるのは私だけなのでしょうか?デイヴィッド=バカラックは歌詞もベタなものもあるんですが、サウンド的にはポップでニヒル(最近聞かないな)で転調が多くて…私は好きです。ちなみにPSBがActually の頃に来日した時にFM番組で2人がDJを担当したことがあり、その選曲にもバカラックが一曲入ってました…あ〜あのカセットはどこへ?!

2007/2/23  21:28

投稿者:マーガレット

あら、偶然!
今日、「WEG」が少なくとも2回歌われたなんて!なんかステキ!
(作詞・作曲者に印税が入るんですよね。今日は5曲くらい歌ったなあ…。)

そうそう、ダスティの「この胸のときめきを」は、エルヴィス・プレスリーのカヴァーヴァージョンの方が有名かもしれないですね。
傑作アメリカン・チンピラ映画「パルプ・フィクション」の映画でも「Son of a Preacher Man」という歌が使われています。ポップアイドル風とは違う、ちょっとゴッドねえちゃん入っていて、好きです。
ダスティの映画はどうなっちゃったのかなあ。ガセだったのかしら。

http://www.youtube.com/watch?v=vhaYayqqGVU

2007/2/23  21:10

投稿者:明石家ももえ

うう。
私もたまたま、今日、「West End Girls」をカラオケのBIG ECHOで初めて歌ってきました。

……駄目です。
これは難しいです。
家でめちゃめちゃ練習してから、一人でカラオケボックスにこもって練習しないと、とてもじゃないが歌えません。

轟沈してきました……。

P.S.
ダスティン・スプリングフィールドを初めて知ったのはPSBのおかげです。
でも……。
彼女の有名な曲を調べてみて、
「あっ!これ歌ってる人だったのか!!!」
と、驚きました。

たぶん、みんな、一度くらい聞いたことがあるのではないでしょうか。

動画「この胸のときめきを」です。

http://www.youtube.com/watch?v=kMpjDb0iwbY

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ