2018/8/22

「カメラを止めるな」  映画&アート

今話題の日本映画「カメラを止めるな」見て来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

少し前に町山さんが薦めていたけど都内2館でしか上映がなく、上映開始から1か月くらいは口コミ人気で席が全く取れないという話だったのですが、人気のおかげでここ静岡県のシネコン(茶畑の真ん中の、ららぽーと磐田のTOHOシネマズ)でも見られるという、田舎もんが肌で感じるものすごいヒット作です。

製作費はたった300万円、知っている俳優さんは誰も出ていません。3億円とかかけている日本の駄作映画が多い中、これはすごいです。いま、原作/原案を巡ってちょっとトラぶっているようですが、舞台や映像をかじっている人間ならすごく納得する話なのでは。

不穏なゾンビ映画で始まり、ドキドキあり、笑いあり、最後はカタルシスとハートウォーミングな拍手で終わる、奇跡の映画と思います。見るチャンスがあればぜひ。


あと、以下はどうでもいい話ですが、先日、清水駅前の「河岸の市」という商業施設に行ったのですが、激混みで唯一空いていた魚市場食堂という食堂が酷かったので、同じ静岡県民としてここは行ったらアカンと思うので、お知らせしておきます。

メニューはこれです。美味しそう!安い!

クリックすると元のサイズで表示します

来たのがこれでした…。残念すぎ。品数も明らかにおかしい…。味噌汁も写真はカニ、実物はわかめ。せめて駿河湾の魚を出してほしかった(ほとんど冷凍もの)。ご飯だけ同じです。

クリックすると元のサイズで表示します

他のお店は違うと思いますが、まだまだ観光客を甘く見ているお店もあるのですね…。
4



2018/8/31  20:48

投稿者:margaret

ひめ様こんにちは、ご無沙汰ですみません。

あっさり目に書きましたが、ほんと嫌な目に遭いました。オーダー時に、フライ&サラダが付かないことは言われなかったので、あとから来るものだと思い、待っていても来ず、声を掛けたら「入口のメニューに書いてありますよ、フライ終わりました。50円引きます。」と言われまして。

でも前のテーブルの人がフライ食べていたので「あるんじゃ…」と思ったら、「700円の単品はできる」だと。え?できるの?セットだと50円引き?なにそれ。

結局、会計の時まで、すみませんね〜って態度は皆無ですした。ほんと残念すぎです。でも取材のサインとかはたくさん貼ってあったんで、マスコミへの対応は違うんでしょうね…。

(テレ静のグルメ番組「く○デカ」は、出演するお店が番組に広告費を払ってるそうです。)

外から中の様子を覗けばよかったと思っています!食い物の恨みは大きい!

2018/8/31  16:08

投稿者:ひめ

清水の河岸の市の『魚市場食堂』ですね φ(..;) メモ

忘れないでいようと思います。
私も河岸の市はブログ掲載しましたが、そのお店は写真の盛りが少し劣るだけで
ほぼ内容は一緒で満足できるお店でした。

この『魚市場食堂』は悪質すぎですね(#`・д・)
私なら文句(注意も兼ね)言います。絶対。
『『魚市場食堂』』ですね! ← 何度も書いて覚えます(笑

こういうことがあると、その日の気分も台無しな気がします。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ