2017/8/30

ドレーンがぁ~(涙)  

昨日、朝から焼津のアトリエに出かけ、夜7時ころに浜松に戻ってきたのですが。

ドアを開けたらショコラが出迎えてくれて、ごはんごはんのおねだり。ご飯あげて、自分の着替えをして、お風呂出して、猫トイレのお掃除をしようとしたら。

なんと、ショコラのドレーン/チューブが体から外れてトイレの横に落っこちているのです!

あわててショコラ本にゃんを確認したら、バッツリ根元からはずれています。切れたのではなく、体(胸腔)の中に入っている部分から丸ごと抜けてしまったようです。

病院に電話するも、すでに受付終了後。夜間病院に行くことも考えましたが、チューブがショコラにくっついていた部分は取り付けるパイプのようなものが皮膚に残っていて、穴が外気にさらされているわけでもないし、本にゃんが元気なので、翌朝まで様子を見ることに。

翌朝(今朝)、さっそく病院に。担当医がお休みですぐには手術ができないため、ドレーンの再手術は明日になり、今日は注射針で胸水を抜くだけの処置になりました。

うう、今回のドレーン/チューブ、一か月持たなかった…。大事には至らなくてよかったけど、ここ数日、ちょっと胸水が抜きにくくて苦労していた矢先で、取れた事も含め、最初から不具合があったっぽいです。ハズレだった…。

こんなことをずっと繰り返していくんですよね…orz。早く治らないいかな…。

クリックすると元のサイズで表示します

ドレーン/チューブが取れた状況は見ていないのですが、本にゃんが元気なのが幸い。

クリックすると元のサイズで表示します

今日のお気に入り(毎日違います)。コンボ・プレゼントにクリスピー・キッスのトッピング。体重が3.3sに回復。
3



2017/8/31  6:55

投稿者:margaret

ひめ様、ありがとうございます。

もう、今回のドレーンにはヒヤヒヤです。うまく胸水が抜けない時も多く、ハズレです。結局3週間しか使えませんでした…。

手術は鎮静剤か麻酔がいるので、極力避けたいです。

いつもは月に一位度しかお休みはない病院なのですが、担当が副院長先生で、いろいろ忙しく出かけてしまうので、緊急以外は先生の都合に合わせなくてはなりません。まあ、サブ担当もいるのですが、ちょっと私も不安で、できれば副院長さんがいいのです。

今回は緊急性がないと判断されたのだと思います。先生も、受付の人も全く驚いていないので、よくあることなのかも。

まあ、自分もあまり予定を入れることはできない(していない)ですね。

今日は手術で、昨夜深夜からご飯抜きで、さっきから「ごは〜ん!」と熱烈おねだり中…。

2017/8/30  14:34

投稿者:ひめ

驚きますよねー(゚ロ゚;
私なら口から心臓が飛び出てるかも・・・
ショーちゃんが無事で、細菌も入らなそうで良かったです。
担当医がいないと対応できないのは不安ですね(._.)
お休みだってあるし、病院の休診だってあるし、夜間だって。
少なくとも誰でも対応して下さる体制なら有り難いのですが。
体重が増えて何よりの状態。ドレーンも当たりの装置を無事装着出来て一安心したいですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ