2017/2/22

猫の日  

日本全国、普段よりいっそう猫を奉る日ですが、うちでは2匹とも通院日です。

こたまの膀胱炎は、やや良くなりましたが、同時に発症したおしり周りの炎症が良くなりません。もともとアレルギー系で、挫創がひどくなったり、目の上(耳の下)がハゲで赤く腫れたりしていたので皮膚炎は出やすい体質だと思います。抗生物質の注射(2週間毎)と、皮下点滴に加え、おしり周りの消毒&薬の塗布をしています。

いまのところエリザベスカラー装着。

そしてショコラは、今日はドレーン装着の日帰り手術です。

先月、ドレーン装着予定の前日の朝にうちで、寒い早朝+低血圧+吐いたショックで失神してしまい、手術が延期になっていました。

血管拡張の薬をいっぱいいっぱいに増やしていますが、胸水が一日70t程度までに増えてしまい、もう家で毎日胸水を抜かないと体力の維持が難しいということで、翌日ドレーン装着手術を予定していた矢先の夕べ、いままでになく苦しそうに口を開いて呼吸し始めてしまいました。

(胸水や肺水が溜まると一般的にこんな感じに苦しくなることが多いのですが、ショコラはこの時が初めてでした。)

あわてて様子を見て、病院に電話しましたが、診察時間は終了後で、夜間診療所が開く前の、ちょうど空白の時間でした。幸い5分ほどで口呼吸はおさまり、暖かい場所に移動させて温めていたら、呼吸が良くなってきました。原因は冷えかもしれません。

再度口呼吸をしたら夜間診療所だなっと思い見守っていましたが、朝まで変化はなく、むしろ元気になってご飯を要求したくらい回復しました(よかった)。

でもごめん、手術なのでご飯&お水抜きです。

<午前中に病院に行き、事前検査してお昼頃手術、夕方お迎えです>

お迎えに行ってきました。無事に取り付け終了。

明日、再度、胸水の抜き方を実践講座&点滴(腎臓病持ちは、術後1回やった方が良いとのこと)に行きます。

慣れないエリザベスカラーと麻酔でまだフラフラしていますが、ご飯も食べれました。

クリックすると元のサイズで表示します

ただ、包帯がずるずると下がってしまい、肌がむき出しになってしまいます(赤いところは毛を剃った皮膚です。チューブ装着部分はかろうじて包帯の下です)。さっそく術後着をネットで注文したので、もうちょっと待ってね(このエリザベス・ウェアは、カラーが要らないようです)。

こたまも心配です。私も明日から胸水抜きを頑張ります。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ