2007/1/2

悲しいより切ないかも  音楽(洋楽)

Yahoo!ニュース - BARKS - 聴いていると悲しくなる曲トップ10

↑なかなかのセレクションですが、なんか、もっとあったような気もしますが。
ワタシの「聴いていると悲しくなる曲10(順不動)」は以下の通り(基本的にPSBの曲はそんな気分の時に聞くと、全て悲しい曲になります)。放っておくと全部PSBになってしまうので、1アーチスト1ソングにしました。割と有名な曲ばかりです。


「You only tell me you love me when you're drunk」;Pet Shop Boys
この曲が一番せつなくなる。「Liberation」や「E-mail」や「Always」とか、あげればキリがないかも…。
http://www.youtube.com/watch?v=5RwN7JUP3vs

「I've never been to me (愛はかげろうのように)」:Charlene
オカマがカラオケで泣きながら歌う曲。
http://www.youtube.com/watch?v=ktQtXYYMIzw

「Origine of love」; John Cameron Mitchell
「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」より。愛に男や女なんてないのよ。
http://www.youtube.com/watch?v=F7R9S-ckJSk

「I want it that way」;Backstreet Boys
意外かも?でもBSBの中では秀逸よね。
http://www.youtube.com/watch?v=fSEcTNvfKgw

「Goodbye Yellow Brick Road 」;Elton John
なんか遠い昔を思い出します。あの日に帰りたくなる。あの日って、どこ?
http://www.youtube.com/watch?v=6cquIMHffq0

「No Surprises」;Radiohead
トム・ヨークの震える声が涙を誘う。ダメ男ってわかっているのにぃって感じ。
http://www.youtube.com/watch?v=ho8peKM48LE

「Sans logique」;Mylene Farmer
フレンチの歌姫。好き過ぎて相手を殺してしまう狂気の歌ですが、囁くような声で恐ろしいこといってるのがたまらん。ビデオが秀逸。
http://www.youtube.com/watch?v=NlsfwiJgfIM

「Bohemian rhapsody」;Queen
大盛り上がりの後に来るしっとりしたせつなさは卑怯ともいえるわよ。「Show must go on」と迷った。(←この曲はクリスのセレクトCDに入っている)
http://www.youtube.com/watch?v=pzANxm3_2DQ

「Where did your heart go?」(哀愁のメキシコ);Wham!
邦題のせいでめちゃくちゃだけど、良い曲なんです。(郷ひろみを思い出さないように。)
http://www.youtube.com/watch?v=D1ECnQ5EOWg

「With or without you 」;U2
ベタですが、この頃のとんがってたU2はカッコよかった。
http://www.youtube.com/watch?v=PjqWb9fig9I

やっぱ10曲じゃ足りないなあ。有名な代表曲ばかり選んじゃったし。
0



2007/1/3  20:26

投稿者:マーガレット

y-e-e-e-e-s!
ベビたんは存在していてくれればそれでいいんです!

(なんだかわががま&気まぐれで、いつ「辞める」とか言いだすか、とてつもなく不安なの)

2007/1/3  14:38

投稿者:k

コメありがとうございます。あぁ、また自分の浅はかさを思い知ったりして。
パニナロのラップ部分はマージさんの訳を読んで知り、POP ARTのコメンタリーでクリスが黙り込んでしまうところがどうにも苦しくて、見ては毎回ぼろぼろ泣いていました。この頃は、前ほど泣かなくなりましたが、やっぱり苦しい曲です。引きずってばっかでダメですね。ベビたんの笑顔をたくさん見たいです。
 二ールさまの笑顔はトロけるけど、クリスはその存在だけで私を暖めてくれます。早く日本に来てねー(あれ、結論が?)

2007/1/3  11:10

投稿者:マーガレット

”せつない”ってのは、ただのメロディー構成ではなく、歌詞や自分の思い出とも重なりますよね。
ホントは一番せつないPSBの曲は「Postscript」なんですが、ファンもいつまでも悲劇を引きずるのはよくないかと思って、ほとんど聞きません。いやもう「Go west」も聞けない!
クリスセレクトCD「Back to mine」に、明らかにテイストの違うQueen「Show must go on」が入っているのも、フレディと同じ病気で逝ってしまったPeterさんへのオマージュだと知ってまたせつなくなり。もう10年も経っているのにぃ。

2007/1/3  0:31

投稿者:k

 おこんばんは。今年もよろしゅうお願いします。
 哀しくなる曲といえば、私はprinceの"When dobes cry"「鳩が泣く時こんなふうなんだ」というフレーズには胸が締め付けられます。psbだとパニナロ'95、PVはとても見ていられません。このころのべビたんのことを思うと泣けて泣けて...
 Liberationは、私にとってはハッピーソング。携帯の着うたで落として、元気になりたいときに聞いてます。Origine of loveは、初めて聞いたんですが感動しました。紹介していただいてありがとうございます。
 好きなアーティストベスト20入りしているシャーデー、love is stronger than prideが好きだったんですが、今どうしてるのかなぁ。それにしても好きな人ばっかりで、どんだけイギリス好きなんだ自分、と気づかされました。
 新しい年もpsbラブで。音楽ってすばらしいですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ