2016/12/27

ショコラ入院  

ショコラが入院してしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日の夜あたりに、ちょっと調子悪そうだったのですが、今日は義母のちょうど1年目の命日で、お墓に行ってから昼頃に滑り込みで病院に連れて行きました。一通り検査して、レントゲンで見ると肺に水がたまっていて、35度の低体温。すぐに水を抜く処置をしてもらうために病院に預かり。

夕方にお迎えに行きましたが、低体温はほぼ解消されたものの脱水があまり良くなっていないので、入院して点滴を続けることになりました。

初のお泊まり入院です。本当に心配です。

肺の中ではなく肺の外に水が溜まっていたのですが、一番可能性が高いのは膵臓炎。明日から原因を探りながらの治療になります。

膵臓炎は完治しにくいのですが、急性なら快方に向かうことものであるそうなので、今は祈るばかりです。

年末は退院して、一緒に元気に新年を迎えたいです。

0



2016/12/29  18:06

投稿者:margaret

nekoyanさま、コメントありがとうございます。

病気に立ち向かう猫様、美しいです。とても生きる力が強いのですね。動物でも人間でも、病に打ち勝つ生命力や生きる気力が大事なのだと、いつも考えさせられます。

ショコラも私も頑張ろうと思います。

2016/12/29  13:18

投稿者:nekoyan

ひとごとと思えず・・・今年3月、我が家の14歳の猫は10年患っているリウマチが悪化し、生死の境をさまよいました。骨はボロボロで、よくこれで今まで普通に歩いて生活してたなと感心されるほど。
オシッコが出なくなり、体が全く動かなくなり、鼻からチューブを入れて栄養をとらせました。
いつ亡くなってもおかしくない状態でしたが、今ではまだ食べるか?というほど食欲旺盛で元気になりました。動物病院の皆さんにも驚かれています。
こんな奇蹟もありますのでどうか気を強く持って下さい。
ショコラちゃんが元気になりますように!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ