2015/11/12

ゾンビ  映画&アート

ここ3日ほどくだらないゴタゴタがありまして、精神的にもグラグラしていましたが、落ち込むよりも怒る方のエネルギーでして、こういう時は割と正常なので、戻るのも早いです。

こころ回復にはゾンビ(リビングデッド、ウォーキングデッド)です。

自分が叩き斬られるゾンビのような気もするし、斬る方の気もして、どっちにもスイッチできて、ざっくりスッキリ出来ます。

血は争えないのか、姪も子供の頃からゾンビ好き、今はゾンビコミュの代表やってるらしいです。

ゾンビはたいてい好きですが、やっぱり大ヒットドラマの「ウォーキングデッド」ですね。

数多あるゾンビ映画、ドラマの集大成、ゾンビドラマとは言いつつ、主題は極限状態の人間という残酷な生き物の在り方でしょう。むしろゾンビは可愛いものです。

初期のロメロのゾンビのように、欲望だけに従って、ショッピングモールに行ってしまうと自分でわかります。煩悩の塊のマーガレットゾンビ。あとゾンビになってもPSBの曲に導かれると思うわ。

ドラマはまだまだ続きますが、出演者がどんどん死んでは入れ替わる方式なので、お気に入りのキャラがいつ死ぬかハラハラします。

どうかダリルとキャロルだけは殺さないで下さい。最強の二人が新世界を作るのが見たいのです。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ