2014/12/29

のんちゃん  

実家の猫、のんちゃん(女の子・推定11歳半)が怪我をして通院すると言うので、いま焼津に来ています。

のんちゃんは生後半年程度のとき、清水の船越堤公園で拾われて、縁あってうちに来たのですが、家の近所のお散歩をやめられず、朝夕2度、1〜2時間ほど外出します。

捨て猫の多い船越堤公園で、猫にいじめられていたらしく、猫が大嫌いです。人間や犬は大好きなのですけどね〜。

そんなのんちゃん、外出中の行動がわかっていないのですが、どうやら数日前に猫に噛まれたらしい…。右のほっぺたがすごく腫れていて、病院で膿を抜いてもらいました。

まあ、怪我だけなので、膿が出てしまえば治るのですが、噛んだ外猫から病気をもらっていないか心配です。また血液検査に行かないとだわ…。

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに今回も血液検査をしてもらいましたが、数値はすべてクリア、内臓の機能に異常はありませんでした。元気だけど、もう11歳半なので、気をつけないとなりません。

家から出ないようにしたいのですが、これまでも、うるさく鳴かれると両親が出してしまっていたのですね〜。人間も猫も辛抱が必要ですね…。

とりあえず年内は、膿を抜くために毎日通院です。
0



2014/12/31  16:03

投稿者:margaret

ご心配かけます。アドバイスありがとうございます。次回通院の時に、お医者さんに相談したいと思います。

実家の周りは純粋な野良というより、飼い猫が外に出ている子が多くて、ノンちゃんを威嚇する白黒ちゃんが前からいたとのことですが、その子に噛まれたのかどうかは分かりません。

感染がないことを祈ります。

2014/12/30  17:30

投稿者:ひめ

のんちゃん、心配ですね(;o;)
もし、エイズや白血病を貰ってしまったとしても早々にインターフェロン治療を行えば陰性に転化する場合があります!
確実では無いのですが、かよちゃんの妹分のやえちゃんも転化しました。
罹ったばかりですと、検査キットにも出ない場合があるので先手で行い、費用もかかってしまいますが。。。まずは情報まで。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ